年末年始山行報告

 2015-01-07
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
年末年始の山行報告をさせていただきます。
踏岳会12月のバリエーションチームですが、広河原沢左俣~阿弥陀岳山頂~美濃戸でした。
DSCF6002.jpg
DSCF6023.jpg
この時期にして雪が多めのようですが、ところどころが膝ラッセルなだけで快適な登攀でした。それより稜線にでてからのラッセルにて阿弥陀山頂へのほうが長かったです。下山は南沢より八ヶ岳山荘まで歩き、みんなで頑張りました。氷自体の氷結はばっちりでした。
12月27日に大武川一ノ沢大滝を登ってきました。北岳バットレスの予定でしたが、パートナーの都合により転進でした。
日帰りの為、装備も軽く快調です。
DSCF6165.jpg
DSCF6200.jpg
DSCF6205.jpg
尾根は快適だったのですが、沢に降りてから、予想より時間がかかりました。
氷結は最高のコンディション。記録を見ると左を登っているようですが、今年は右のほうが、氷が厚く立っていて快適そうなので右を登りました。核心の垂直は氷が硬く割れやすい上にバットレス用の平爪アイゼンでのリードだったので、ちょっと難儀しました。
結局、ほぼ50mいっぱいの4ピッチでした。ここから登ってきた尾根にトラバースしますが、沢にはいってから地形図にはのらないような尾根を登っては降りてで、意外に時間がかかってしまい、帰りの下りも真っ暗になってしまったので支尾根に降りないように気をつけました。Mさん、お疲れ様でした。疲れましたが、楽しい山行でした。ありがとうございました。
1月1日は31日の夜から富士吉田の馬返しより山頂へ行ってきました。
ラッセルを期待していき、佐藤小屋までは予想通りラッセルをたどり、そこからはラッセルです。
すでに吹雪いていましたが、行けるところまでと頑張りました。
9合5勺の小屋から上はアイスバーンでダブルアクスにて登りましたが、風が強くてここだけで時間がかかりました。
頂上で参拝したあとに下りましたが、小屋まではゴーグルを忘れたために吹雪で目が明けられずに勘でのクライムダウンでした。
1月2日は城ヶ崎でのんびり江間ちゃんとクライミングです。
地元のジムでのトレーニングのおかげか、江間ちゃんはハンドサイズのジャミングはばっちりとキメテ登っていました。
1月3日は江間ちゃんと静岡山岳会のMさんと西沢渓谷東沢乙女の滝&東のナメでした。
DSCF6302.jpg
DSCF6352.jpg
DSCF6358.jpg

今年は雪が深くてラッセルでした。そのかわり氷が厚くはっていて、ホラ貝のゴルジュの中まで歩いていけました。
乙女の滝は上に雪がのっていて、不快な登攀でした。
東のナメは気温が高く陽があたってきてしまったので、取りつくのはやめたよい状況でしたが、登ってしまい、上部で氷がもたずに壊れフォール。運よくテラスの雪でとまって助かりました。江間ちゃん、Mさん、ご迷惑をかけしました。
ちょっとハードな年末年始になりましたが、まったりも山、厳しいも山、今年も山と仲間に遊んでもらいたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
(notake)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/990-8f9e91bf

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫