上高地アイスクライミング&トレッキング

 2014-04-07
4月5、6日に上高地へ行ってきました。

ネットのでの情報と気温の変化より、もしかしたらダメかもと思いつつのアプローチでした。

1日目は偵察もかねてエリア全体をまわりました。

中千丈沢よりまっすぐいくとルンゼにはばまれます。ここがサイドワインダーへのアプローチ。

すでに崩壊済み。

次に本流をつめます。大岩は今年は雪のつきが悪く登りはMIXになりそうなので、右岸のルンゼをつめました。

ハバネロは上部が溶けて、ミルキーウェイは登れますがイマイチ。Zはいけますが、より長く氷が残っているジョーズのほうへ移動しました。
DSCF2076.jpg

一角獣の上部は完全に溶けています。
とりあえず一角獣の1P目より行くことにします。傾斜はそれほど強くありませんが、氷の上に薄いボロボロの氷の層ができていて不確定要素が多いです。表面の氷を叩き割りながら奥にあるしっかりした場所にスクリューをキメテ慎重に登りました。

次はジョーズです。右にとりつきます。
DSCF2089.jpg
傾斜はありますが、それなりに厚くしっかりした氷でした。

とりあえず、宿の予定があるので、これくらいにして下山です。

この夜は先輩のFujigayaさん、Tamaさんも合流し、宴会でした。

2日目はわたしたちはスノーハイク、Fujigayaさんたちはアイスクライミングです。

Fujigayaさんパーティを釜トンネルにお送りし、わたしたちはゆっくり朝食をとり、釜トンネルより河童橋を目指します。

大正池ホテルまでは焼岳は素晴らしく見えていました。
DSCF2094.jpg

河童橋に意外に早く到着しました。
DSCF2099.jpg

残念ながら穂高は見えませんでした。綺麗な水の流れと30センチ以上はある魚を何匹もみつけてテンションは上がります。

食事をしようとしたところ、雪と風が強くなってきたためテントを張ってランチにします。
DSCF2103.jpg

この日のランチはフランスパン、カポナータ、コーンスープ、ソーセージ、イチゴのケーキ、紅茶です。この気温ならサラダも用意すればよかったと思いました。

天候がよければ昼寝をしていきたかったのですが、ちょっと一息いれてから下山します。

穂高の景色は夏に持越しですね。

(notake)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/916-64d4aafa

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫