奥岳縦走 ・ 永田岳

 2013-11-13
☆「永田岳」から見る「宮之浦岳」
IMG_3603.jpg

▼宮之浦岳を後にして縦走路から外れますが標高が屋久島及び九州において宮之浦岳に次いで2番目の永田岳。
 焼野三斜又路にて荷物をデポして空荷で向かいます。
IMG_3568.jpg

▼宮之浦岳~永田岳は今回の縦走のハイライト。永田岳の斜面はボルダーがゴロゴロ点在。
IMG_3569.jpg

▼途中登れそうなボルダーを発見。
IMG_3571.jpg

▼時間は余裕があるし登るしかないでしょう、、ですがなぜか登るには躊躇します。
 世界自然遺産エリアでボルダリングは最高ですが、今はボルダリングより快晴の山歩きを堪能していて
 ボルダリング以上に山の魅力が勝っていました。今回はイメージのみ。
IMG_3575.jpg

▼気持ちのいい永田岳への道のり。気分は最高です♪♭
IMG_3578.jpg

▼生い茂るヤクシマザサとボルダーが印象的な登山道。
IMG_3580.jpg

▼永田岳を登っていくと「宮之浦岳」のどっしりした山容が、、淀川小屋からのルートから見る宮之浦岳
 とは違い、永田岳側から見る「宮之浦岳」はさすが屋久島・奥岳の主峰、名山です。素晴らしい!
IMG_3581.jpg

▼歩いていて飽きない魅力的な風景は本当にいいね♪ 
IMG_3584.jpg

▼永田岳山頂。
IMG_3594.jpg

▼山頂からは麓の永田が、そして口永良部島がよく見えました。
IMG_3599_20131113160258240.jpg

▼わかりますか?
IMG_3600.jpg

▼宮之浦岳の展望が素晴らしい。永田岳山頂からの展望は宮之浦岳からの展望より良いです。最高!
IMG_3586.jpg

▼分岐に戻って来ました。時間はまだ10時過ぎ。予定の新高塚小屋へはお昼頃に着きそうです。
 時間が早いので、白谷雲水峡まで下れそうなのでそのまま下山することにしました。
 もっとゆっくりペースで歩いて屋久島の山を楽しめばいいのですが、単独だとどうしてもペースが上がりますね。
IMG_3605_2013111316112910d.jpg

▼登山道を歩いていると「ヤクシカ」が。当然立ち止まって写真ですね。
IMG_3611.jpg

▼ニホンシカよりひと回り小さくて、つぶらな瞳が可愛らしいです。
IMG_3614.jpg

▼ヤクシカを最初見た時は感動でしたが、あまりにも多くヤクシカがどこにでもいて、登山道を普通に歩くので
 邪魔でした。人を警戒することなくヤクシカはマイペースでした。
IMG_3626.jpg

▼お約束の「縄文杉」。ここからの大株歩道は縄文杉を見に来る人達が凄かった。
 ほとんどが屋久島のガイドに連れられて大集団です。
IMG_3659.jpg

▼ツアー団体を何回も追い越して、誰もいないトロッコ道を歩きます。
 気分的にはもう観光モードに入っていました。片道5時間かけて来る価値は充分ありますね。
IMG_3687.jpg

▼楠川歩道に入り白谷雲水峡を目指します。
 辻峠まではまさかの登り返し。早朝から快調に歩いて来ましたがここでペースダウン。
 辻峠から「太鼓岩」人気スポットですが誰もいませんでした。
IMG_3708_20131113163737e6e.jpg

☆縄文杉、もののけ姫で有名になった白谷雲水峡でマッタリしていたら、白谷雲水峡発の最終バスの時間
 16時10分発~に30分間に合いませんでした。
 淀川小屋から一気に下山は出来ませんでしたが、たまにはゆっくり山歩きも良いですね。

 8日は「白谷山荘」に泊まり、9日は朝一のバスで麓に戻ります。
 さあ!9日は屋久島でボルダリングだ♪♭♯

(isobe)
タグ :
コメント
屋久島って大きい島なんですね。南アルプスの静岡県部分と同じくらい、山並みが続いている感が写真から見受けられます。こんなにいい天気の中を縦走し、独り占めはなんて贅沢な!!
【2013/11/14 08:57】 | 杉山 #- | [edit]
杉山さん、屋久島は大きい島です。
天候も北と南では大違いで北は大雨でも南側は快晴なんて当たり前のようです。

奥岳は山深くて山を堪能できます。幸運にも高気圧に覆われて快晴の天気で山を歩けました。
写真では伝えられないくらい山はよかったです。
【2013/11/14 16:01】 | isobe #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/875-4a31a3ae

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫