東沢ホラの貝

 2013-09-24
9月22日に笛吹川水系東沢のホラの貝へ行ってきました。

予定がなかなかとれずにこの時期になってしまいましたが、寒いのは覚悟です。

水の冷たさから東のナメに転進できるようにクライミングシューズも装備しました。

アプローチでは気温もあがってるんるんです。

IMG_0452.jpg

なんなくホラの貝の入口に到着しました。途中で目星をつけてきたキノコで帰り道が楽しくなるとは考えもしませんでした。水量は多めです。水の冷たさも全然平気!って感じでみんな泳いでいきます。すごい!
IMG_0460.jpg

いきなり核心です。ここが綺麗なんですよね。ここだけ見て帰ってもOKなくらいです。
IMG_0464.jpg

とりあえず、前進するためにルートをとります。8月にきたときにあったはずのハーケン、リングボルト、スリングがありません・・・。前回はアブミのかけかえだけでいけたので、ここの滝は20分とかかりませんでした。
IMG_0473.jpg

仕方ないので、無事だった手前のお助けハーケンにスリングをかけてアブミ設置、ここから先はカムとハーケンを打ち足して、ルート工作をします。ルート工作中はフリーの要素も含めつつ、とどかなそうで、とどく範囲のアブミ設置を考えました。リスも少ないので、ちょっと遠くなってしまったのは反省でした・・・。
ここの回収は、卓ちゃんが安定したトラバースで回収してくれました。
そして次の滝を考えるみんな。おりゃ~っと突っ込みますが、水流に押し戻されます。
中でも元水泳部、望月くんの泳ぎはシャープで素晴らしいです!!
IMG_0498.jpg

偵察して、振り子を使っての高巻きも考えましたが、ウォータースライダー状の滝にさしかかったときに足をとられたら、どう落ちるのか想像がつかない上にFIXをはっても意味のない形状な気がして、やめたほうがよいと本気で思いました。片山さんの撤退指令がでたときはホッとしました。さすがです。

あとは帰るのみ!寒いので、さっさとゴルジュをでたいです。
ゴルジュからでるときも水流の動きが見えずにちょっと溺れかけました。平野さん、卓ちゃん、望月くんはスイスイ~っていってたのに!
そして、日向にでたら、望月くんの甲羅干し(笑)しばらく動きませんでした。
IMG_0499.jpg

その後もキノコ博士候補の本領発揮です。
癒しの画像をお送りします。
IMG_0504.jpg

IMG_0507.jpg

IMG_0509.jpg

ここまでのキノコの収穫は2kg以上あったでしょう。食べれるかどうかは別として(笑)家に帰ってから調べると意気込んでしまました。このデッカイキノコを両手に、観光客の中をふらふら~って歩いている望月くんは癒し系です。そして、植物も勉強していて、サルナシもあっさり見つけてくれました。

そして、一番は帰りの温泉後の卓球。卓ちゃんとのバトルで気合が入りすぎて、風呂上りに汗をかきすぎました。

のんびりできた山でした。ありがとうございました。

(notake)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/861-9f51806f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫