宝永火口ボルダー

 2013-06-23
☆23日、富士山・宝永火口に行って来ました。
 目的は山で遭難死した仲間の慰霊。毎年行っています。

IMG_1881.jpg

▼1998年8月。 パキスタン「バツーラⅠ峰」で懸垂氷河が崩れ、それが原因でブロック雪崩が発生し遭難死した、F田君(27歳)

 宝永山に行く登山道沿いのケルン。
IMG_1877.jpg

IMG_1874.jpg

▼K2が目標で、元スノーボード日本選手権大会で優勝した、O口君(27歳)
 2008年1月、宝永第二火口を登攀中に滑落して遭難死。
 共に27歳の若さでした。合掌、、

IMG_1898.jpg

▼慰霊の後は宝永火口のボルダーを登ります。
 このボルダーは、右のカンテを使う課題と正面の課題2本設定。
IMG_1904.jpg

▼正面課題。ボルダーが小粒なので、SDスタートです。
IMG_1942_20130623085917.jpg

▼ホールドを限定すればそれなりに楽しめます。
IMG_1943.jpg

▼このボルダーもSD、限定で。
IMG_1965.jpg

▼色々なムーブで登ればそこそこ楽しめます。
IMG_1979.jpg

▼このボルダーも高さが足りません。
IMG_1996.jpg

▼物足りませんが、富士山をバックに開放的で気持ちよくボルダリング出来ます。涼しいしね♭♪
IMG_2006.jpg

▼意外と面白かったボルダー。
IMG_2022.jpg

☆宝永火口のボルダー群は全部小粒です。課題はSDスタート、ホールドも限定になります。
 それでも初級課題ですので物足りないかもしれません。

 宝永火口ボルダー、お勧めではありませんが気軽にボルダーを楽しむにはいいかな。
 今日も家族連れの小さい子供がボルダー登って遊んでいました。

(isobe)

 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/823-a4cc1529

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫