沢口山 遭難者捜索

 2012-10-29
寸又峡温泉から登って「沢口山」の山頂から足取りが分からず行方不明になっている女性の捜索に静岡踏岳会メンバー8名参加しました。

▼27日、A~F班の6班に分かれて各エリア担当して捜索します。
 踏岳会はB班、F班担当しました。
IMG_9320.jpg

▼U野さん、F谷さんはB班。M浦さん、K本さん、I部はF班担当しました。
 横沢の頭の急斜面からガレの直下を確認する。
IMG_9349.jpg
 

▼沢の源頭は大きくえぐれる様に崩れています、足下の岩がガラガラと音を立ててガレの底まで落ちて行きました。
 ここから滑落するとと、大怪我以上のダメージになります、とても自力では登り返しができないと思われます。
 細部まで確認しましたが形跡は有りませんでした。
 懸垂で下降し、確認後タイブロックをセットして急こう配を確保支点まで登り返します。
 確保支点でロープを片付け、標高差100m程を登り返します、これがきつい。
IMG_4902.jpg 


▼27日の捜索結果の報告。結果は手掛かり・痕跡の発見には至りませんでした。
 富士見平をベースに明日も捜索します。
IMG_9363.jpg

▼28日、U野さん、F谷さんのB班にI部が入り、K山さん、U田君、Y下君の6名が捜索に当たりました。
 迷いそうなガレ場から懸垂下降して遭難者を捜します。
 沢口山山頂直下、八重沢源頭にて。
IMG_9398.jpg



▼入り込みそうな気に成るポイントで、登山道より尾根の斜面を大きく下がり付近を捜索するI部さん。
IMG_4945.jpg 



▼雨の中の捜索になりましたが、結果は何らかの手がかりも発見できませんでした。残念です。
 報告するB班F谷さん。
IMG_9409_20121029071303.jpg


☆ご家族の姿を見て、必ず見つけると懸命に捜索しましたが残念です。
 
☆登山をする時の最低限のルール。「登山届」、家族にコースのメモや計画変更時の連絡は必ず行いたいです。

(isobe)
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/742-582ff89a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫