穂高縦走

 2012-09-18
9月12日~13日で穂高を縦走してきました。

沢渡より上高地へはバス停で出会ったご夫婦のタクシーに乗せていただきました。

上高地よりは奥又白谷を涸沢へいきます。
1_20120918223227.jpg


このルートは登りが急なのと、道が大きな石で凸凹としているので、一般登山道と考えるとコースタイムがのびるかもしれません。

花たちは見事に咲き誇っていました。のどかな谷です。
2_20120918223227.jpg


屏風のコルにつくと穂高の山々を一望できる素晴らしい展望台があります。

ここより涸沢までは下りです。

涸沢よりは北穂高を目指して東稜を登りました。
東稜よりの槍も綺麗です。
3_20120918223227.jpg

ゴジラの背は思ったより高度感はありませんでした。
しかし、爽快で素晴らしい尾根です。
4_20120918223227.jpg

北穂ではFujigayaさんのお知り合いとお話もできました。
ここで、ビールを呑みながら昼ごはんを。
ゆっくりしたところで、奥穂高へ向かいます。
滝谷を見物して、稜線をのんびり歩きます。ガスが巻き返されて綺麗な光景でした。
5_20120918223226.jpg

そして、前穂高をみながらテント泊です。
シュラフカバーを装備にいれてこなかったために寒い夜でした。
ゴミ袋を被りましたが、なかなか寒さはしのげませんね。
6_20120918223226.jpg

次の日は3時からの行動開始です。
まずは奥穂高岳へ。月が綺麗です。
7_20120918223256.jpg

馬の背を越えてジャンダルムに向けて登ります。
途中、奥穂高とジャンダルムを両方いい感じにみえる場所がありましたので、ここで待機です。
だんだんと陽がのぼってきました。
9_20120918223426.jpg

ご来光。
奥穂脇よりおいでましました。
11_20120918223651.jpg


ジャンダルムにの朝焼けです。
8_20120918223341.jpg

そして、登ります。
10_20120918223651.jpg

この後の縦走路はガレているものの意外と安定している印象をうけました。
スカイラインを感じるような稜線です。
12.jpg


この尾根を下り、西穂~西穂山荘~上高地でした。

アルプスを大満喫な2日間でした。

(notake)
タグ :
コメント
病気じゃなかったら、登ってみたかったです。

静岡が故郷ですよ。
【2012/09/18 23:14】 | 俊樹 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/722-49b29795

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫