八ヶ岳 小同心クラック

 2012-08-22
8月20日に八ヶ岳の小同心クラックへ行ってきました。

19日のスクールにてfujigayaさんより、冬の合宿の下見に行くがどうだ?とお誘いをいただき即答です。

メンバーはhujigayaさん、tamaさん、sugiyamaさん、majimaさん、notazouです。

朝5時に美濃戸を出発です。赤岳鉱泉~大同心稜~大同心基部をトラバースし、取りつきです。
1_20120822054831.jpg

のんびりマッタリしてから登攀開始。
1P目トポにあったピトンが見つからずにランナーを適当にとりながら登ります。
今回、もっとも岩がはがれやすかったピッチでⅣ-。
リーダーfujigayaさんとtamaさんが登ります。
2_20120822054831.jpg
2P目、3P目はチムニー&クラックでⅣ-。
3_20120822054830.jpg
そのⅢの階段を登り小同心の頭にひょこっとでます。
この時点でfujigayaさんパーティはすでに横岳頂上でした。
この稜線はコンテで。
4_20120822054830.jpg
そして最終ピッチ横岳の西面を登りです。
ここは初の八ヶ岳バリルート挑戦、Mさんのリードで登る勇姿です。
5_20120822054830.jpg
頂上でのんびりしてから下山開始です。
これからが長かった。
トポだと大同心源頭より大同心稜を下るともありましたが、今回は硫黄岳を経由していきます。
途中で花たちが咲き誇ります。
コマクサを今まで知りませんでしたが、とても可憐な花でした。人気があるのがわかります。
わたしはトウヤクリンドウが気に入りました。
6_20120822054830.jpg
硫黄岳へ。
7_20120822054901.jpg
車での移動も含めて朝早くからだったので、休憩すると寝てしまいそうです。
と、いうかMさんは寝てました(笑)
8_20120822054900.jpg
すがすがしい風を感じながら硫黄岳をとおり、あとは下るだけです。
夏山!という日差しに八ヶ岳がつつまれています。幸せな時間です。テントを張って泊まってイキタイ。
9_20120822054900.jpg
ここよりはひたすら歩きました。

今回のルートは冬の偵察もかねているということでしたが、夏でも楽しめました。冬はもっと楽しいかもしれません。会のみんなで登れたらいいなと思いました。
また、花がこんなにも咲き誇っているなんて、今までどこを見て歩いていたんだろうと気づかされた山行でもありました。
fujigayaさん、お誘いいただきありがとうございました。

(notazo)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/710-fd27b520

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫