県界尾根(赤岳・横岳)

 2012-06-25
6/24清里側から伸びる[県界尾根]を使い赤岳に登りました。R0011211_convert_20120625091502.jpg
スキー場に車を置き県道を歩く。新緑の樹林の間より本日の目標ピークが顔を出します。



R0011230_convert_20120625091941.jpg
林道から尾根取付までは急登が続き、取付の小天狗に着きます。大天狗まではなだらかな道が続きます。さらに高度を上げて振り返ると、左に登ってきた県界尾根、右に真教寺尾根が仲良く並びます。



R0011218_convert_20120625091639.jpg
頂上直下の鎖場を登ると赤岳山頂です。



R0011223_convert_20120625091713.jpg
頂上から北へ下ると地蔵仏が阿弥陀岳を背景に哲学しながら登山者を見守ります。


R0011226_convert_20120625091748.jpg
さらに北上すると杣添尾根への分岐である三又峰に着きます。山頂人少なく、4m高い大権現の方は盛況でした。ここで時間切れで引き返します。


R0011227_convert_20120625091831.jpg
左から赤岳・中岳・阿弥陀岳と続き、6/10に下った御小屋尾根が続きます。

下山は赤岳天望荘から県界尾根に合流するトラバース道を使います。1箇所急勾配の雪渓をトラバースする必要が
あり、踏み跡薄く、緊張しました。

スキー場の駐車場では以外と朝登山者の車多く、隣2台は真教時尾根を登り県界尾根を下る予定とか。

追伸:前泊のYH同宿の若者は、黒戸尾根ルートで甲斐駒に登った帰りで、登山道には雪無しとのことです。

by 忍者君
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/675-5a2a1650

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫