西穂高岳

 2012-04-16
4月14・15日で西穂高岳に登ってきました。14日新穂高ロープウェイ新穂高温泉駅は雨、西穂高口駅まで上がると湿雪に変わります。
R0011133_convert_20120416124310.jpg
西穂山荘周辺と稜線は濃霧の中です。



R0011140_convert_20120416124353.jpg
翌日朝快晴。テント場から乗鞍岳が朝日に照らされます。


R0011144_convert_20120416124504.jpg
まずは丸山に向かって歩き出す会長と宗麟。背後の雲海がまた良い。


R0011149_convert_20120416124610.jpg
これから登る独標です。先週までは、カチカチの雪面でアイゼンが効き難く滑落事故が多いので、岐阜県警がアイゼン・ピッケル・ヘルメットの着用指導を小屋に要請したとのこと。が、本日は昨日の雪もあり、問題なく登れます。



R0011153_convert_20120416124653.jpg
ピラミッドピークより西穂高岳山頂を覗く。写真からもわかりますが本日はフカフカの雪面です。



R0011154_convert_20120416124737.jpg
信州側に張り出している美しい雪庇。そして蒼天の空。自然の彫刻家に脱帽です。


R0011158_convert_20120416124813.jpg
西穂高岳山頂にて、ワンパターンのポーズですいません。先週までこの山頂直下はまさに氷壁だったのこと。登攀ピッケル2本用意して登ってきた方もいました。

後に笠ヶ岳~抜戸岳付近の山々が見えます。ガイドさんを前後にして中にシニアガール客2人位のコンテ形態のパーティが数組ありました。山ブームは衰えません。



R0011159_convert_20120416124854.jpg
5月のGWに登る予定の穂高連峰が、それはただただもう美しく、この世の物とは思えません。



R0011162_convert_20120416124939.jpg
では全員集合でワンショット。今回の山行で人生得した気分になりました。

帰りは新東名の新清水ICから新静岡IC予定でしたが渋滞の電光掲示版が我々の進入を阻み、いつものルートで帰還です。

追伸:いつもの清里カレーは・・・、今回は沢渡でもりそば[会長蕎麦]を食しました。

by忍者君



タグ :
コメント
素晴らしい!!!
この雪の稜線。朝焼けの山々。
こんな景色を見ながら朝のコーヒーをすすったら、感動で頭がいっぱいになりそうです。
【2012/04/16 20:52】 | のたぞう #bzb2jBZU | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/631-b7c872e4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫