高尾山

 2012-02-16
2月15日に高尾山に行ってきました。

高尾山(599M)はテレビでもよく見るので、前から行きたい山でした。

今回は初めてなので、登りも下りも乗り物を利用します。
1202151.jpg


行きはリフトです。こちらは常に稼働しているので、発着時間を気にせずにすぐに乗れます。
1202152.jpg

森林の中を意外と傾斜のあるリフトでした。

そして、到着。

テレビでもやっていたビアガーデンが早速、目にはいります。の、飲みたい・・・

この景色をみながらだと、さすがに人気がでますよね。
1202153.jpg

ビアガーデンはやっていなかったので、先へ進むことにします。

次に目をひいたのはタコ杉です。
1202154.jpg
根っこが本当にタコに似ています。
名前の由来をみてみると・・・昔、この参道を切り開くときに、この杉の根が邪魔をしていたそうです。
そのため、根を切ろうとしたところ、切っちゃヤダ!と、根が逃げたそうなのです。
お隣には運を呼ぶ「ひっぱりタコ」という石造もあります。
両方とも笑いのネタになりますね。

さらに高度をあげると、階段がでてきます。
どうやら108段あり、除夜の鐘と同じ意味合いがあるそうです。
1202155.jpg
しっかり数えながら登りましたが、108段ありました。
数え間違えなかったことに、少し満足な気分です。

あとは薬王院を経て頂上です。
1202156.jpg

天気がよければ、お弁当をひろげたい場所でした。

下山は4号路を使います。

ここは1~6号までの路と稲荷山コース、高尾山~陣馬山コースがあるようです。

下っていくと登りで使った1号路と違い、4号路はトレッキングをしていると思える道でした。
1202157.jpg

まわりではカップルたちが、ときどきでてくる泥道で楽しそうにハシャぐ声が森に響きます。

そして、また駅に到着です。

帰りはケーブルカーを使いました。
1202158.jpg


このケーブルカーは一度乗ってみたかったので。駅の横で名物の天狗焼を買います。
1202159.jpg

これが美味しい。しっかりと豆の形が残された餡がはいっていました。

今回はテレビででてくるコースにての登りでしたが、乗り物を使わず一気に山頂まで登りあげる6号道、稲荷山コースを次回は使いたいと思います。

それぞれの体力に合わせて山頂を目指せて、食べ物屋さんもたくさんあり、登ることをあきさせない。

山ボーイに山ガールいます。ここではガッチガチに山スタイルでファッションを楽しむのもいい環境のようです。

都会から近いということもありますが、人気の理由がわかった気がしました。

(notake)

タグ :
コメント
入社当初、関西人の私は「高尾山口」駅を「たかおやまぐち」と真面目に読んでいました。(同僚の関西人も同じでした)なつかしいです。
ところで、薬王院というと「つもり違い十カ条」でしょうか。奥深いものがありますね。
長いようで短いのが一生、というのはなかったですが、そうならないよう今をエンジョイしたいと思います。
【2012/02/16 21:38】 | 阪井A+S #- | [edit]
呼び名は間違っても、今や誰もが知っている山になっていますね♪

今をエンジョイというのはわたしも大賛成です!

肉体、経済的、環境など様々ありますが、今できることは悔いのないように楽しみたいです。

坂井さんたちのように夫婦で一緒に行動できるというのも素晴らしいと思います。
【2012/02/19 23:43】 | のたぞう #bzb2jBZU | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/600-474f9232

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫