八ヶ岳アイスクライミング 裏同心ルンゼ

 2011-12-19
新人会員のnotakeです。
12月17-18日にてfuさん、taさん、orさんと初のアイスクライミングへ行ってきました。
初のアイスクライミングにて、どのような世界かわからない自分がまずさせていただいたのは、赤岳鉱泉のアイスキャンディーでした。
以前からこの氷柱は見ていましたが、自分が登ることになるとは思ってもいなかっただけに感激です。
201112171.jpg
fuさんの登りをお手本に登ってみますが、全然ダメです。
腕がパンプするばかりで登れません。
その後、ご指導をいただきながら登っているとなんとなくパンプが少なく登れるようにはなりました。
しかし、みなさんの登り方をみていると、実にキレイに登っています。
いずれはあのように登りたいなと思いました。
小屋へはいると、コタツにはいってヌクヌクします。
なぜ、コタツがあるかというと・・・個室だからです!
この日の2つ目の感激は山小屋で自分たち専用のコタツにはいれたことです。
そして、この日はtaさんのお誕生日!
はっぴば~すで~とぅ~ゆ~♪
みんなで合唱して、おめでと~ございま~す!
コタツにはいりながら山小屋でのお誕生日もよいなぁと思いました。
これからもお元気に!
一杯やりつつしていると夕食です。
赤岳鉱泉の夕食は毎回豪華ですね。
201112172.jpg

次の日はいよいよ裏同心ルンゼです。
アプローチはサクサクとすすみ、滝にとりつきます。
201112173.jpg

アイスキャンディーとくらべると、それほどたっているわけではなく、1ピッチが短いので初心者の自分でも登ることができました。
それと、fuさんをはじめ、メンバーの方の素早い動きとルートどりで、待ち時間も少なく現れる滝を次々に乗越していきます。
201112174.jpg
そして、おもしろかったのが、ルートで取りついている方が意外となんかしらの話題の合う方ばかりだということ。先週、主稜でトップをいっていた3人のパーティの方ともまたお会いしました。
その話題の中でもにoyajiくんブログの知名度はすごいです。この日もご存知の方がいました。
登りながら話ながら大同心の基部へ到着。終点です。
201112175.jpg
休憩したのちに大同心基部をトラバースしますが、ここもまたおもしろいルートです。
大同心の迫力を感じながら歩くのであきません。
201112176.jpg
下山です。途中、赤岳鉱泉にてtaさんによって仕掛けられたトラップ?も知らぬ間にかわしていたようでセーフでした(笑)あっというまの下山でした。
最後の〆はfuさん、顔なじみの赤岳山荘「肉そば」をいただき、山もお腹も大満足です。

今回の山行では楽しいだけでなく、いろいろな勉強にもなりました。
fuさん、orさんにはアイスクライミングの基本を、taさんには雪山登山の細かな工夫を教えていただきました。
わかっているようで、ぼやけている雪山の技術。少しでも安全に楽しい山行をするために身につけていきたいです。
次は新人、比較的新人のメンバーも一緒にいけたらと思いました。
アイスクライミングはこれからがシーズンのようです。
どんどん山行に参加させていただきたいです。
よろしくお願いします!
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/568-a79a5a66

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫