FC2ブログ

白馬岳 (猿倉から)

 2009-07-07
先週行った八方尾根から見えた山、白馬岳へ行ってきました。

猿倉荘の手前の大きな駐車場へ車を止めます。10台程止めてあって、まだ空きスペースはじゅうぶん残っています。猿倉荘で登山届けを書いて登り始めます。
林道にはタニウツギとオオカメノキが咲き、水溜りにはオタマジャクシが。

白馬尻の山小屋 キヌガサソウが見ごろです。
白馬尻小屋
大雪渓はスプーンですくったみたいな痕だらけ
雪渓1
ここでアイゼンを外します。岩の下にフキノトウがでていました。
葱平
アイゼンをつけてトラバースを行くと、山小屋の方たちが雪を切って歩きやすいように、作業に取り掛かるところでした。
トラバース作業
山頂小屋手前のお花畑には、ハクサンイチゲとウルップソウが咲いています。
ウルップソウ
ホテルみたいな大きさの山小屋までは、ウルップソウ・ハクサンイチゲ・オヤマノエンドウ・ツクモグサ等が背丈が低く咲いています。
ツクモグサ
山頂に11時到着。富山側の山々が雲から出たり隠れたりで、長野側は雲の中です。大展望は次回のお楽しみです。
山頂
下山はいつものことでヨタヨタしながらのんびりです。
雪渓のトラバースがハイウエイになっていました。山小屋のお兄さんたちご苦労様です。
トラバース作業後
落石の多さと大きさに、恐ろしいと思いながらも日本庭園みたいと・・・・・
雪渓落石
ほとんど一気に雪渓を下りきりましたが、くたびれた。
最後の林道歩きは根性と無言です。すれ違った観光客が「こんにちは」と次々言ってくれても、足元だけを見て黙々と歩いてしまいました。ゴメンネ。
白馬大雪渓って大谷崩れを10倍大きくした感じだったけど、上部は赤石岳の北沢付近に似ていた。これからの季節は違う花がもっと咲いて賑やかになることでしょう。
本日行程9時間。もう若くは無いと実感。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/217-9f0e5af2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫