FC2ブログ

冬の美瑛の丘と十勝岳連峰

 2020-12-28
☆12月26日大洗発~27日苫小牧港着のフェリーで北海道来ました。

 冬の北海道は2016-2017年、2018-2019年、2019年12月以来四回目。直前まで行くかどうか迷いましたが、人とは極力接しないでアウトランダーPHEVで車中泊なので思い切って来ました。

 今年の北海道は自分自身のための癒しの旅。 大好きな北海道楽しみます。

▼27日は苫小牧港から道央自動車道を使い旭川経由で美瑛町へ。道央自動車道では岩見沢周辺では視界不良で前が見えず恐怖を感じましたが、美瑛町に17時30分に着きました。

 美瑛駅のイルミネーション。美瑛町は北海道に来たら必ず訪れるエリアです。
20201227-1.jpg

▼28日、ケンとメリーの木。今年何度も登った大雪山が見えるスポットですが見えません。
20201228-1.jpg

▼セブンスターの木。ここからは十勝岳連峰が見えますが、今日は雪でダメですね。
20201228-2.jpg

▼親子の木。
20201228-3.jpg

▼この風景を見ると美瑛に来たことを実感します。お気に入りです。
20201228-4.jpg

▼新栄の丘。赤い屋根の家と十勝岳連峰が有名なフォトスポット。今年は訪れる旅人が少ないです。
20201228-5.jpg

▼クリスマスツリーの木。
20201228-7.jpg

▼3日遅れのメリークリスマス。
20201228-8.jpg

▼日本とは思えない風景に癒されますね♪
20201228-9.jpg

▼もう1枚。一瞬日差しが出てクリスマスツリーの木の影が撮れました。美瑛の丘は春夏秋冬来ていますが、美瑛の丘は冬の景色が一番きれいで大好きです。
20201228-10.jpg

▼前田真三氏写真ギャラリー。
20201228-14.jpg

▼写真は年に一度入れ替えるそうですが、何度来ても飽きません。
20201228-100.jpg

▼拓真館周辺の風景。普通にエゾリスが見られます。
20201228-13.jpg

▼十勝岳望岳台。十勝岳の展望は残念ですがNG。トレースがありました。
20201228-16.jpg

▼美瑛岳・美瑛富士方面。
20201228-15.jpg

▼地層の間から水が湧き出している「白ひげの滝」 十勝岳ジオパーク。十勝岳連峰の成り立ちなど案内板に詳しく説明されています。
20201228-17.jpg

▼三愛の丘にある「貴妃花」 最近訪れるようになりました。
20201228-18.jpg

▼無料の美味しいコーヒーを頂いて素晴らしい風景を見ながら、贅沢な時間を過ごせます。お客は私だけで接客する貴妃子さん美瑛の丘と十勝の山並みの風景について語らいました。
20201228-19.jpg

▼十勝岳連峰は冬が一番美しく見えるとの事で、以前は冬の澄んだ空気で十勝岳連峰はよく見られたそうですが、近年の気温が高い気候の変化で最近は見られないそうです。

 手づくり木製品は写真から作るので写真と変わりません。木々の丘と十勝岳連峰。
2020122814174200.jpg

☆美瑛町では「松の湯」のご主人や美瑛の写真家のA部さんの奥さん、貴妃花の貴妃子さんなど知り合いが増えてきました。

 北海道は、礼文島第1期礼文島観光大使を務める礼文島。美瑛町が大好きです。帰りのフェリーは1月2日まで、冬の北海道楽しみます。

(isobe)
タグ :
コメント
貴妃花の木製品、綺麗ですね。
美瑛富士から前富良野岳まで
十勝岳連峰が正確に表現されていますね。
彫刻でしょうか?

【2020/12/28 22:40】 | F田 #- | [edit]
貴妃花の木製品は、木々の丘以外にも多くの魅力的な木製品があります。
家族で経営する小さな工房で木材を加工して作っています。

私は登った十勝岳連峰と美瑛の丘がお気に入りです。
ブログで紹介した製品を購入しました。

前田真三氏の拓真館は館内撮影禁止で紹介できませんが、十勝岳連峰と美瑛の丘の写真が多く大好きです。9月に訪れた時は奮発して「残雪の十勝岳連峰と丘」購入しました。

【2020/12/29 01:12】 | isobe #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1486-ec01d75b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫