FC2ブログ

10/31 天狗石山・智者山 

 2020-11-16
もう半月前のことですが、天狗石山と智者山に登りました。藁科川支流、崩野川の分水界を一周するコースです。

▼崩野川流域(突先山の南西尾根から望む)
崩野川流域全景


▼『湯ノ島温泉』の駐車場からスタートです。
湯の島温泉P

しばらくは車道歩き。大間への道を右に、崩野への道を左に見送り楢尾集落へと向かいます。写真は楢尾に向かう途中、川合地区の茶畑です。
楢尾、川合の茶畑

794m標高点少し北にある登山口(『楢尾口』)まで車道を歩くつもりでしたが、楢尾集落手前の410mヘアピンカーブを曲がった先で尾根に取り付けそうでしたのでここから入山することにしました。なだらかで藪もない尾根です。林道で分断されてわかりづらいですが、古い道が残っているところもありました。

▼途中の開けた所からこれから歩く稜線が見えました。左が・990、右が智者山です。
川合坂から眺望

▼藁科川の尾根には地形図にない林道がたくさんありますね。
楢尾村三角点へは林道が多い

▼三等三角点『楢尾村』791.6m
楢尾村三角点

この三角点はきわだったピークに位置しているわけではない上にあたりは藪っぽく、危うく通り過ぎてしまうところでした。

三角点を過ぎて北に50mほど歩いたところで目の前に大きなソーラー発電施設が現れました。ふと竜爪山の東の『高山』近くにあるソーラー発電施設を思い出しました。

▼楢尾村三角点北のソーラー発電施設。後ろには益田山と七ツ峰が見えました。
楢尾村三角点北のソーラー施設

ソーラー発電施設の東側を巻いて歩いて林道楢尾智者山線を少し行くと『楢尾口』に到着です。

▼楢尾口
楢尾口の看板

登山口には安倍奥のもの以上に手の込んだきらびやかな看板がありますが、登山道に入ってみると標識は少なめでした。昔の道をそのまま利用したような登山道でよく見ると枝道もありました。

楢尾口からの登山道

▼標高1030mほどで左側が開けたところを通過します。最近植樹が行われたようです。
楢尾口からの登り_植樹地

地形図の約1160m平(実際には小さな凹凸があります)に営林署の看板があり、これを過ぎると登山道は益田山の西に向けトラバースを始めます。道幅が細いところがあると聞いていたので、この日は小尾根をつたって益田山に直登することにしました。


▼益田山は看板がなければ通り過ぎてしまいそうな目立たないピークです。あたりを木々に覆われた薄暗い山頂です。
益田山山頂にて

▼益田山山頂の東面にガレがあり、樹間から富士山が見えました。
益田山の東面はガレている

天狗石山に向かいます。益田山~・1351の稜線はかなり細い稜線です。天狗石山以南と七ツ峰以北の稜線の広さと比較すると対照的です。

益田山から天狗石山へ細尾根

▼1351mの手前にガレた所があり、先ほど歩いた尾根が見えました。この辺りから紅葉がきれいでした。
楢尾~益田山の尾根が見える

▼天狗石山付近の紅葉1
益田山~天狗石山 紅葉1

▼天狗石山付近の紅葉2
益田山~天狗石山 紅葉2

▼三等三角点『天狗石』1366.4m(天狗石山)に到着しました。
天狗石山山頂

天狗石山から智者山への登山道は、稜線沿いと『天狗石』経由の二手に分かれています。(二つはすぐに合流します)。この日は天狗石経由で。

▼『天狗石』です。谷筋に沿って小岩がごろごろしているようすを橋に見立てて『天狗石橋』と呼んだのだそうです。
天狗石

『天狗石』から少し歩いて稜線コースと合流、また少し歩くと崩野への分岐があります。今回は崩野道へ入り智者山北の凹地を経由し、智者山へ向かいました。

▼智者山北の凹地です。地形図にもしっかり載るほどの大きさをもっています。
智者山北の凹地

▼凹地の底(の一つ)
智者山北の凹地の底

凹地は地形図で見るような単純なすり鉢型ではなく最低点がいくつもあるようでした。また、南北に開けていて凹地というよりは船窪です。

▼智者山山頂。益田山、天狗石山は眺望のないピークでしたがここの眺望はばっちりです。
智者山山頂
智者山山頂には三角点がありませんが、なぜか山頂の西南西約900mのところに二等点(千社山)があります。

智者山から南東に急に下るとすぐに智者山神社と直登コースの分岐があります。直登コースは公式の道ではないそうで、直進方向には×印がされていましたが、特に危険なところもなく、個人の方がつけたと思われる標識が充実していました。

標高1040mで地形図にない林道に出るとその後は広い道を歩きます。

・956mすぐ東の稜線上で八草へ下る道を分けた後、林道の五差路に到着します。この五差路には『八草辻』と書かれた手作り標識がありますが、おそらく本来の八草辻は先の八草への下降点だと思います(トラック図参照)。

▼・990北の五差路にて。『八草辻』の標識あり
現在の八草辻

現在の八草辻からの景色


▼ここは楢尾智者山線の終点でもあり、完成すれば先の登山口『楢尾口』付近からここまで車で通行できるようになるはずです。写真右奥のピークは七ツ峰です。
楢尾智者山線終点

ここから990m標高点を経由して下る尾根に入る予定でしたが、思ったより藪っぽいのでパスしてそのまま下山を開始します。下山とはいってもほぼ林道歩きでした。

▼下山途中に少し林道を外れると、三等三角点『日尻平』822.5m。『聖平』ではありませんよ
日尻平三角点

送電鉄塔(佐久間東線94号)の脇を通るところでは展望が広がります。

▼今朝登った尾根
楢尾集落が見える

▼奥藁科は安倍奥よりも緩やかな尾根が多いですね
鉄塔からの景色2

その後、地形図では実線から破線道に変わるところからも林道(能又馬込線)が伸びています。この林道はその名の通りこれから下る方向とは反対側の能又川方面に下ってしまうので・643でこれを見送って北東に伸びるなだらかな間伐林の尾根に入りました。
当初の予定では上湯の島の神社マークのところに続く古い道があるだろうからそれを使おうと思っていましたが、標高490mでまたも地形図にない林道(未舗装)が。結局これを下ることにしました。

林道を下っていると、偶然この辺り一帯の山の持ち主の方にお会いしました。この林道も5、6年前に重機で作ったとのことです。今では静かなこの山域もかつては多くの人が歩いていたこと、川沿いの道は昔はもっと上についていたことなどを聞きました。

▼トラック図
トラック図_20201031_天狗石山・智者山

(錦織)
タグ :
コメント
ソーラー発電と植樹。

なんか複雑な気持ちになりますね。

「日尻平」いいですね。こっちが本字かも(笑)

地主さんもN織さんと出会って喜んでいたことでしょう。
【2020/11/16 16:05】 | F田 #- | [edit]
F田さん

ソーラー発電と植樹もそうですが、地形図にない林道の多さにびっくりしてしまいました。

1993年発行の「静岡市の三角点100」には日尻平について『本当に静かで自然いっぱい』と書いてありますが、現在では三角点のまわりは林道だらけでした。

地主さんは「喜んでいた」というよりも「大変珍しいものを見た」という目をしていらっしゃいました(笑)。
【2020/11/19 05:10】 | N織 #wVZBCl1k | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1482-b71aab34

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫