FC2ブログ

3/17 真富士山

 2020-03-28
3月17日、真富士山へ登りました。
今回も三角点ハントのため、横山から踏跡もまばらな尾根を登ることにしました。

▼聖沢川を渡ってすぐ、『急傾斜崩壊危険区域』看板脇の石段から入山
横山聖沢より入山

石段を少し登ると神社のある農道の終点に出、その先は茶畑になっています。
横山 農道終点の神社

茶畑の奥で石段は終わり、道のないところを暫く登っていくといつのまにかえぐれた古い道と合わさります。

▼シダの茂ったところが多い。写真だと道がないように見えるが掘った道がある
シダ茂る尾根

▼三等三角点『横山』(591.0m)。特に苦労なくたどり着きました。
横山三角点

本日の目的は果たせましたが、これでは山行にならないので引き続き登っていきます。

▼横山三角点東のコルにて。地形図で見ると両側からガケが迫っていてあやうい様子ですが、特に問題なし
横山三角点東のコル

674m標高点付近で右手に林道が現れます。横山線の支線と思われますが、尾根の右側をジグザグと登り続けているらしく、この先でも数回尾根を横切っており煩わしく感じました。
674m標高点付近 林道が...

▼ミツマタの群生
ミツマタの群生

▼750mガレからの眺望。遮るものがないのが一番良いですが、木々の間に見える景色もいいなと最近では思うようになりました。
750mガレからの眺望

▼990m小平地にて林道が横切る。この先では林道を見かけませんでした。
990m_林道

約1040mピークはひどい笹薮で通れないので南側を巻いていくと獣道があります。

▼人の気配がなく良い雰囲気です
1040mコブ付近

1028mコルから真富士神社へは道形がありました。

▼ほどよい傾斜が真富士神社まで続きます。
真富士神社への登り

▼1200mで少し傾斜が緩みます。このあと道形に従い左隣の尾根にうつるのがポイント
1200m 休憩

▼真富士神社に到着。馴染みない尾根から知っている場所にいきなり出る時の感動はひとしおです。
真富士神社に到着

ここから第二真富士山まで、みどりの道を歩きます。この山域の整備は踏岳会の担当となっています。
第一真富士山へ

▼第一真富士山(1343m)に到着。富士山は雲に遮られて見えませんでした。
第一真富士山1

▼清水側の山山を見下ろす
第一真富士山2

▼一方、西側の眺望。近年盗伐され眺望が開けたそうです。
第一真富士山3

稜線を北へ、第二真富士山へと向かいます。ヲイ平への下降点である1240mコル(近年、『真富士峠』と呼ばれている)を過ぎるとやせた尾根に変わり、もう一つコルを経て岩っぽい急な登りになります。

▼ステップ状になっているので、ロープに頼らなくても意外と登りやすい
第二真富士山への登り

▼第二真富士山に到着。第一真富士山よりこじんまりした場所で、山頂というより稜線上の通過点という印象を受けます。
二等三角点『刈安』(1401.4m)があります。
第二真富士山山頂

第二真富士山を後にして北に100mほどで主稜線を右に見送って正面の尾根を下ります。一般コースではないと思いますが、分岐には看板があり、この日はトレースまでついていました。

▼明るい広葉樹林の尾根を下る
第二真富士山北尾根を下る

標高1250mで左に曲がると広葉樹林から植林の二重山稜になり、右を下ります。

林道平野線に降りたら終点方向へ少し歩いて凍結注意の錆びた看板裏から再び入山。稜線はすぐに笹で覆われてしまうので一旦北側を巻いて登り返すと『静岡市平野無線中継所』があります。(標高840m)
平野無線

中継所の裏に回り込むと背丈ほどのひどい笹薮!引き返そうとも思いましたが微かな獣道から入っていきます。距離は短いですが傾斜もあり中々大変でした。
平野無線中継所裏の笹薮

▼笹薮を抜けると798標高点東コルのすぐ手前に出ますが、目の前が崖のようになっているので慎重に下ります。
笹薮を抜けた

ここを過ぎてしまえばあとはなだらかで快適な尾根でした。踏み跡もありました。

▼春の訪れを感じる
なだらかな尾根を下る

▼農道に下り安倍川下流を望む
平野_農道に下る

▼真富士山全景。真富士神社北側の険しい崖が目立つ(写真右)。
真富士山全景

この後も林道歩きをなるべく省くため斜面をやや強引に下ると第一登山口からの道と合流しました。第一登山口からの道は現在整備されていませんが道形がはっきりと残っていました。

▼真富士山第一登山口に降りる
真富士山第一登山口

中継所裏の笹薮がかなり大変でしたが、全体的に歩きやすいコースでした。

▼トラック図
トラック図_真富士山周回

(錦織)
タグ :
コメント
第二真富士手前岩場のロープは
昨年踏岳が取り替えたものです。
使ってほしかっな〜(笑)
雪つきの下りには必要と思います。
【2020/03/28 20:05】 | F田 #- | [edit]
F田さん
第二真富士への登りは南斜面なので写真の通りほとんど雪がありませんでした。
ここは昔歩いたときは怖いと感じたのですが、この日は特に何とも感じずあれっ?と思いました。最近変なところばかり歩いているおかげで耐性が付いたのだと思います。
【2020/03/30 21:49】 | 錦織 #wVZBCl1k | [edit]
こんにちは。 横山からの尾根は、歩いたことがないですね。 
平野集落から林道になる所、最初のお地蔵さんの所に道があります(多分、今も)。・312を通り上の茶畑から550m付近で破線道に合流し、真富士神社に登ったのが40年程前。 その頃は道もあったけど、今はどうかな? 
第二真富士北西尾根を歩いたのは20年程前かな。最初の時は錦織君が林道に降りた沢状から入り、10m程登った所から右へ斜上。炭焼き窯跡を見て尾根に乗りました。三度目は尾根の北側、林道脇のザレを5m程登って、880等高線の手前辺りに。 当時は・1163付近は倒木が多かったけど、今はどうかな? 山頂から下る時は、尾根が広がった辺りで左に進む所が少々判りにくかった記憶があります。
第二登山口と第一登山口間は、錦織君が登山道に合流した付近から第二方向へのトラバース箇所が、植林地内にも拘わらずザレ易くなっているので、通行止めにしてあります。
現林道を造り始めたのは、私が中3の時。 黒部沢の二俣の所から、現第二登山口に左俣沿いに道がありました。
【2020/04/05 11:31】 | かたやま #- | [edit]
かたやまさん
横山からの尾根は途中から林道がうるさく、植林がメインで変化に乏しい印象でした。

第二真富士北西尾根は、標高1250m、そのまま直進できそうなところで左に曲がるのがわかりにくいですね(ただ、地形図を見ると正面に進んでも林道に降りられそうです)。・1163付近の倒木は特に気になりませんでした。

第一登山口からの道は意外にしっかりしていたので、なぜ通行止め?と思いましたが、もっと先に危険個所があるのですね。納得しました。
【2020/04/10 06:52】 | 錦織 #wVZBCl1k | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1428-d55996d4

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫