FC2ブログ

2/11 俵峰周回

 2020-02-28
2月11日、安倍奥 俵峰集落を囲む稜線を周回しました。
俵峰は竜爪と真富士の中間、標高500mほどの山腹にある集落です。

安倍川に架かる『玉機橋』のたもとから尾根に取り付きます。登りはじめはお馴染みの中電さん巡視路です。
玉機橋脇の道に入る

▼石垣の脇を登っていく
石垣の脇を登っていく

すぐに一つ目の鉄塔に着き、ここで巡視路とはお別れとなりますが、藪もなく歩きやすい尾根が続きます。時折左手に荒れた茶畑を見かけるぐらいです。

▼456標高点あたり
456m標高点あたり

三角点峰の『天神山』に近づくとしだいにカヤト等の藪がうるさくなります。天神山の西側は植林が伐採されたせいで日当たりが良くなっているため下草が茂っているようでした。

▼防獣ネットも現れる
天神山直下は藪っぽい

▼振り返ると中々の眺望
天神山直下からの眺望

天神山に到着。既に伐採から数年が経っているようで幼木が育っているので鬱蒼としています。
天神山山頂

▼三等三角点『俵嶺村(一)』(724.2m)。番号が振ってあるものの、この点名の三角点は他にはないはず
三等三角点『俵嶺村(一)』

天神山を後にして、更に稜線を進みます。この辺りは棘のある植物が繁茂しているとの情報があり心配していましたが、藪っぽいものの特に歩きにくいところはありませんでした。

▼天神山東の破線路が通る600mコルの手前に左側(八重沢側)がガレているところがあって少し注意して歩きます。
天神山東方のガレ

『引落峠』まで、これまた特徴のない尾根歩きが続きますが664mピークへかけては幅広の尾根で雰囲気の良いところでした。

▼引落峠にはみどりの道で紹介されている俵峰から大滝経由で真富士山に至る道が横切っています。今日はこのまま正面の尾根を登っていきます。ここは結構な急登です。
引落峠

▼849mピークを過ぎ、短い笹薮を抜けると破線路が横切る『旧引落峠』に着きます。こちらの方が現引落峠よりも峠らしさ(?)がありますが、破線路に相当する道は廃道のようです。
旧引落峠

旧引落峠から真直ぐに登っていこうとするとかなりの急斜面にぶち当たってしまいますので少し左へ巻いて、道のないところを強引に登って再び尾根に乗りました。踏み跡がよくわからず苦労しました。
富士見峠支尾根に乗る途中

▼尾根に乗ると明瞭な道がある
支尾根に乗ると道は明らか

その後も明瞭な尾根道を登っていくと主稜線に合流。左へ曲がってすぐのピークが『富士見岳』(1,078m)です。木々に覆われているものの、やや広い山頂でいくつかの方向に展望が開けています。

▼竜爪と静岡市街
富士見岳より竜爪

▼山頂の北端、というより少し登山道に入ったあたりから富士山がきれいに見えます。
富士見岳より富士

▼南ア方面。『込岳』(写真ほぼ中央の暗色の山)が気になる
富士見岳より南ア

富士見峠からしばらく安倍川東稜を南下します。ほぼ眺望のない植林帯中心の地味な区間です。笹薮が濃いところもありますが、しっかりと刈られており全く問題ありません。

▼955m南のコル、ここはかつて『富士見峠』だったそうですが、現在は『駒引峠』の呼称で統一され、念を押すように3枚も看板が掲げられています。このあたりは稜線に並行して林道が走っています。
富士見峠(現・駒引峠)

▼顔のないお地蔵様。祀られたのは文政六年なので安政の東海地震よりも前ということになる
地蔵_富士見峠

▼本日の下降点である855mピーク南のコルに到着です。こちらが元々は『駒引峠』と呼ばれていたそうですが、現在は『高野』
駒引峠(現・高野)

高野から、野田平に向けて西へ下ります。

▼一本杉(標高800mあたり)
俵峰・野田平分岐の前の一本杉

標高720mほどで俵峰への道を見送った後、林道で分断されわかりにくい箇所が2カ所ほどありますが、その後は麓までしっかりとした道が続きます。なぜか案内標識がほとんどなく、静かな山歩きが楽しめます。

▼標高700mあたりに広場
700mあたり広場

▼溝状の道もあって古道の趣がある
溝状の道_野田平

▼三等三角点『野田平村』(511.9m)
三等三角点『野田平村』

▼伸び放題の茶畑トンネル
茶畑のトンネル


▼思ったより手前で野田平集落に出てしまいました。正面に『宇津峰』
野田平集落と宇津峰

▼電子基準点『静岡2』
電子基準点『静岡2』

意外に歩きやすいコースでやや物足りなさが残りましたが、旧引落峠の静けさ、野田平へ下る尾根の明るい雰囲気などは良かったと思います。

▼トラック図
トラック図_俵峰周回


(錦織)
タグ :
コメント
いつも楽しい解説と写真をありがとうございます。
お地蔵さんが安政の東海地震の前の物などと、考えた事も気づく知識がなかったので、安政の頃の時代に興味がわいてきました。
ずいぶんと安部奥の山を「名指し」できるようになってきましたね。もうかないませんよ、素晴らしいです。
【2020/03/04 08:54】 | 杉山 #- | [edit]
杉山さん
コメントありがとうございます。
古いものを見かけると歴史地震との前後関係が気になる癖があります。そういえば、この日は見逃しましたが『天神山』東のコル付近にも石仏があり、建立は宝永6年だそうです。宝永東海地震のわずか2年後ですので何か関連があるかもしれません。
安倍奥の山の同定ですが、帰宅して調べてやっと山名がわかることもあるので、まだまだです。同じピークも見る方向によりいろんな形に見えるので知っている山でもパッとわからないことがあります。それがまた面白いのですが。
【2020/03/06 00:22】 | 錦織 #wVZBCl1k | [edit]
高野と駒引峠の間にお地蔵さんが在ったかすら思い出せない(笑)
山の同定は難しいけど楽しいですね。
私の使っているアプリも紹介しますので試してみてください。

毎回楽しませてもらってます。
【2020/03/06 11:37】 | F田 #- | [edit]
コメントを書くのは初めてですが、毎回楽しく読んでいます。

またいつか私も、安倍川沿いの山々へ行くことが出来るかなあ。どうだろう。
【2020/03/06 12:25】 | まさひと #- | [edit]
今晩は。
天神山西面の伐採は15年程前で、5年ほど前まではタラの芽の宝庫でした。 破線路のコルは、八重沢峠と呼ばれていたらしいです。旧引落峠から南へ急坂を下ると、左岸に地図通り道があります。それを辿ると、水月院横の林道ヘアピン付近に降りられます。高野から林道に降りて茶畑の横を歩いたようですが、小さな作業小屋の下で茶畑の中へ右斜めに入るのが地図に記された道です。
野田平三角点手前、茶畑と植林の境を左へ曲がるのが道。少し下って左へ10m強進むと、右へ郷島への道があり、秘在寺の墓地へ下ります。 送電鉄塔付近の茶畑も、もう手入れがされていないんですね! 多分、掘れた道を下って集落に降りたようですが、まっすぐ進むと263標高点手前の墓地横で農道に出ます。
野田平三角点付近で道迷いし、北側の大沢へ下ってしまったという事案がありました。地図が読めればなんてことの無い場所なんですがね。
【2020/03/06 18:49】 | かたやま #- | [edit]
F田さん
わかりにくくてすみません。首なし地蔵は道の途中ではなく、現駒引峠にあります。
山の同定アプリは時々使いますがややマイナーな地名になると載っていないことの方が多いので結局自力で調べることになります。

まさひとさん
初のコメントありがとうございます。私は昨年入会しましたが、まさひとさんの投稿は入会前からよく拝見しておりました。柿島からの見月山や変わったルートでの山伏など、興味深いです。

かたやまさん
毎度コメントありがとうございます。林道俵峰門屋線から下り、作業小屋下の茶畑へ入る道には気付きませんでした。藪になっていてわからなかったのかもしれません。また標高650mで右から一旦林道が合流したので茶畑の反対側には林道が通っているようです。地形図にない林道、開削地があり本来の登山道を見つけるのが大変です。野田平の送電鉄塔付近の茶畑はおおかた荒れた様子でしたが、三角点から下り標高430m(破線路が南へ分岐するところ)あたりで左手に整備された茶畑があって眺めがきれいでした。
俵峰~旧引落峠、郷島~野田平三角点の道もいつか歩いてみたいです。

【2020/03/08 14:45】 | 錦織 #wVZBCl1k | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1425-b79a3574

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫