FC2ブログ

11/10 大札山・蕎麦粒山・八丁段

 2019-11-18
もう1週間前のことですが、大井川流域、大札山・蕎麦粒山・八丁段へ登りました。

この山域は山頂の近くまで車で行けるので、紅葉の時季はいつもなら人で賑わうそうです。しかし今年は5月から林道が崩落により通行止めになってると聞き、これなら静かに紅葉を楽しめるのではという理由で登ってみました。結局誰にも会いませんでした。

▼未明から車を走らせ大井川鉄道・駿河徳山駅へ。元藤川の大札山登山口から入山
大札山登山口

倒木で少しわかりにくいところもありますが、幅2-3mはある緩やかで歩きやすい道が続きます。

▼大札山への案内標識はたくさんあり、どれもよく見ると『大礼山』→『大札山』と直した痕がある
大札山案内標識

▼鷹打場分岐から正規のルートをはずれ鷹打場方向へ登っていくと、三等三角点『藤川山』(886.8m)。ここが鷹打場なのかは不明
三角点 藤川山

分岐まで戻らずにこのまま北へ稜線づたいに行くと少し藪をこいで本来の道に復帰できました。

▼更に林道を何度か横切ると四等三角点『鷹打場上』(931.0m)
三角点 鷹打場上


ここからは登山道っぽくなってたまに急なところもありました。

▼1,069m標高点に反射板があり東側が開けている。遠くに真富士山も見えた(中央付近)
反射板から

▼なかなか紅葉が現れないのでちょっと早すぎたかなと思っていたが、1,100mあたりから徐々に色づいてくる
紅葉が現れ始める

▼尾呂久保からの道と合流すると大札山までは快適な尾根歩き
尾呂久保からの道と合流

大札山頂付近 紅葉

▼山頂付近の岩っぽいところも階段があり安全
大札山頂付近の階段

▼大札山に到着。ちょっとした広場で、眺めも良し
大札山山頂広場

▼二等三角点『大札山』(1373.7m)
三角点 大札山

大札山頂 紅葉

▼前黒法師岳を中心に深南部方面のパノラマ。下る予定の八丁段南東尾根も見えた
大札山頂からの深南部パノラマ

▼大井川下流方面を望む。八高山くらいしかわからなかった
大札山頂から 大井川下流を

ここから北西尾根(『大札山北尾根コース』)を歩き、蕎麦粒山へ。
▼意外とアップダウンあり、疲れる
大札山北尾根(北西尾根)を行く

▼蕎麦粒山見えました。その名のとおり蕎麦の実の形
蕎麦粒山お目見え

▼大札山・蕎麦粒山鞍部の林道に下りると『下部作業中』でしたが、通行には問題なし
下部作業中

▼蕎麦粒山の紅葉は一段と綺麗。左は高塚山
大札山・蕎麦粒山鞍部から 高塚山など

蕎麦粒林道より

蕎麦粒林道を少し歩き蕎麦粒山登山口から再び登山道に入ります。
蕎麦粒山までは細かいピークがいくつかあって疲れましたが、紅葉は大札山よりきれいです。途中で下の方から何者かにわんわん吠えられびっくり。

蕎麦粒山紅葉1

蕎麦粒山紅葉2

蕎麦粒山紅葉3

▼蕎麦粒山山頂直前のガレから八丁段
蕎麦粒山頂直前ガレから


▼蕎麦粒山に到着。三等三角点『川東』(1627.5m)
三角点 川東

▼この日は富士山見えず
蕎麦粒山頂からの景色


▼獣の仕業?
獣の仕業

ここからは北東へ向きを変え山犬段へ。倒木が多いが緩やかで広い道でした。

▼バラ谷の頭、黒法師岳など
バラ谷の頭、黒法師岳
▼歩いてきた稜線を眺める
山犬段から歩いてきた稜線を眺める

▼山犬段、今日はひっそりしていました
山犬段 標識

▼八丁段の北側を巻く林道を歩き、まずはホーキ薙へ向かう
八丁段を北に巻く林道

▼ホーキ薙に到着。出発地点(駿河徳山駅)が見えた
ホーキ薙からの眺め

▼治山工事、かなり進んでいる
ホーキ薙 治山工事

▼地味に疲れる階段を登り八丁段(1,562m)に到着
八丁段山頂

ここからは八丁段から南東にのびる尾根で下山しました(地理院地図に破線で記載がある)。通せんぼロープが張ってあったので嫌な予感がしましたが、実際1,400mあたりで急斜面で土が脆く、滑るようにして岩に着地しないといけないところがあり、結構危険でした。よってこの道はお薦めしません。

▼八丁段南東尾根 入口 行ってはいけない
南尾根への入口


▼急斜面を下ったら天水がきれいに見えた
天水 紅葉


1,350mあたりで右から来る明瞭なトラバース道と合流し、緩やかな尾根になりました。

▼下ってきた尾根(中央)とトラバース道(左)が合流。このあと暫く平和な下りが続く
トラバース道との合流

956m標高点から伐採地を右に見ながらの下りになりますが、尾根を忠実に下っているとまた脆い急斜面になって大変でした。伐採地の方に付いているジグザグ道をうまく辿ったら良かったかもしれません。

▼林道藤川線に下る。予定より少しずれた場所に下りた
林道藤川線に下る

ここからは10kmほど林道を歩き、駿河徳山駅へと戻りました。長すぎました。

▼山名がわからないが、綺麗な紅葉
紅葉 山々

▼東側から見ると蕎麦の実に見えない蕎麦粒山
蕎麦粒山 斜陽

駿河徳山駅に戻った

ということで、前半はほのぼの紅葉見物、後半は急傾斜もある尾根下り、長すぎる林道歩きで変化に富んだルートでした。

▼トラック図(上下分割)
トラック1
トラック2

(錦織)
タグ :
コメント
886.8mピークが「鷹打場」で間違いありません。 
【2019/11/23 16:44】 | かたやま #- | [edit]
かたやまさん
返信遅れてすみません。
886.8mピークは『鷹打場』にしてはあまりに見通しの悪い場所だったので自信がなかったのですが、やはりここがそうなんですね。
【2019/12/07 21:49】 | 錦織 #zqBA8yvo | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1404-bc864657

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫