FC2ブログ

3月22〜24日 鳳凰三山を断念して、辻山と夜叉神峠でまったり

 2019-03-30
春分の日の飛び石連休に休日出勤の振替休日を利用して、雪山研修中のAちゃんとテント連泊訓練のため、春の鳳凰三山を目指しました。
休日の21日は残念ながら雨。
22日から入山することにしました。

初日は里も山も異常なくらい暖かく、暑さ対策を迫られる行程となることが予想される一方で、その後は2月並みの寒波が来るということで、ウエアの選定に苦しみましたが、タイツはザックに、ダウンパーカーは置いて行くことにしました。
雪の量も例年より少なそうだったので、竹ペグが使えないことを想定し、大きめのアルミ製のペグを選択しました。

また、テント泊のため、マット、万能テムレス、スコップは必須です。

▼登山口の夜叉神峠駐車場から入山。お約束の登山届を提出します。
IMG_8515.jpg

▼峠近くまで登山道に雪はなく、ウエアの調整をしながら気持ちよく登り、峠に着くと感動の景色。
IMG_8516.jpg

▼連日の睡眠不足の影響と吐き気、暑さによる雪の踏み抜きに悩まされ、ピッチがなかなか上がらない。
IMG_3435.jpg

▼予定した行程から遅れてしまったため、キャンプ指定地行きを断念。風よけに適した林の中で幕営。万が一のため、テントがとばされないよう立木を利用してガイラインを結束。
IMG_8519.jpg

▼雪から水を作り、
IMG_3443.jpg

▼重たい生野菜を担いでAちゃんが鍋料理を作ってくれました。翌朝の朝食もついでに作り置きします。
深夜、寒波が入り、上空で強い風の音が何度もしていましたが、風に揺さぶられることなく、安心して休むことができました。
IMG_3445.jpg

あまりにも眠かったので、行程を変更して辻山まで空荷でハイキングすることにしました。
分岐にあたる苺平で出会った登山者のひとりは、最近の辻山人気を不思議がってました。
また、南御室小屋の冬季小屋を利用した方は、夜中に屋根が吹っ飛ぶかと思った、と強風体験を語っていました。

▼前日とはうって変わって寒波のおかげで雪が締まり、歩きやすいのですがトレースが何本もあり、スマホのGPSアプリのお世話になりました。辻山からは、北岳方面は雲が厚く望むことはできませんでしたが、登るはずだった薬師・観音方面はガスの切れ目から見ることができました。
IMG_8520.jpg

▼寒波の影響で本格的に雪が舞ってきました。木の枝には小さなエビの尻尾がついて霧氷のようにみえます。
IMG_8530.jpg

▼午後からの天気の回復が見込めたため、満天の星とモルゲンロートに期待を込めて、下山せずに夜叉神峠に泊まることにしました。先にテントを張っていたグループにお断りしてロケーションのいいところに張らせてもらいました。
グランドシートを広げているところを撮られていました。
IMG_3474.jpg

▼雪が少なかったのでペグは凍った地面に打ち込むこととしました。2泊目ともなると、Aちゃんは雪踏み・雪均しにも慣れ、前室、後室空間も利用できて広くて快適な寝床となりました。
IMG_3486.jpg

▼深夜、満天の星を期待しましたが月明かりが明るすぎて、ベンチレーターから白根三山がうっすらと照らされて見えました。スマホ手持ち撮影なので画質は悪いうえ、2山しか写っていませんが。
IMG_8537.jpg

▼モルゲンロート?になったかな
IMG_8540.jpg

▼天気は見事に回復。後ろ髪を引かれながら下山を決めました。
IMG_8542.jpg

Aちゃん曰く、Hさんは休憩でいつでもどこでもどんな体勢でも寝られて羨ましい、ヤマ屋はどこでも寝られないといけないですよね、と関心がっていました。実は年度末でただ寝不足だっただけです。お陰様で雪山で寝不足を見事回復することができました。
Aちゃん、ありがとう! by H
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1364-73f13d6d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫