FC2ブログ

宝永火口ボルダーと慰霊登山

 2018-06-17
☆6月17日、富士山・宝永火口に行って来ました。山で遭難死した仲間の慰霊目的です。

 過去の静岡踏岳会ブログです。
・2013年6月宝永火口ボルダー
・2016年7月宝永火口ボルダリング

▼自宅から新五合目まで車で45分。途中でアイゼンを忘れたことに気が付いて時間をロスしましたが、富士山は近くていいね♪ 宝永第一火口と宝永山。
20180617-1.jpg

▼宝永第一火口を登攀中に滑落して遭難死。O口君。家の花壇のラベンダーとサッポロクラシック。屋久島で一緒にボルダリングしたかったね。
20180617-4.jpg

▼慰霊後はいつものように宝永火口ボルダー登りました。
20180617-3.jpg

▼いつもの課題のリピートでした。写真は撮りませんでしたので課題等は過去の静岡踏岳会ブログ見てください。今日はこの後、地元の山仲間と富士山に登るため新五合目の駐車場に戻ります。
20180617-6.jpg

▼1999年8月。 パキスタン「バツーラⅠ峰」で懸垂氷河が崩れ、それが原因でブロック雪崩が発生し遭難死した、F田君(27歳)
20180617-8.jpg

▼バツーラⅠ峰 彼は8000m級の山を登るのが目的でしたが、当時の地元山岳会では遠征計画がなくて福岡県の山岳会に移籍して初めての海外登山でした。
20180617-18.jpg

▼ 私は当時地元の山岳会に所属していましたが、F田君はクライミングレベルを上げるため私の勤務する会社に臨時社員として入ってきました。同じ勤務を希望して、夜勤明けで城山や三島のスエンに毎日通いグレードを上げました。私とは10歳違いましたが、兄貴、兄貴と慕ってくれました。
20180617-111.jpg

▼2001年三回忌。F田君の家族のサポート役でパキスタン行きました。パキスタン「バツーラⅠ峰」 7785mですが、過去に登頂成功3隊と厳しい山です。
20180617-16.jpg

▼隊長 I永さんと私。後ろに見えるのは 「ナンガ・パルバット」
20180617-14.jpg

▼「裸の山」の意味を持つ、ナンガ・パルバット。8000m峰を見たのは初めてでした。
20180617-15.jpg

▼映画『風の谷のナウシカ』の谷のモデルのひとつともなったと言われている、桃源郷フンザとウルタル。
20180617-17.jpg

▼宝永火口での慰霊では、宝永火口ボルダーだけでしたが、今日は私の地元の山仲間が富士山に登るとのことで同行しました。無雪期の富士山は面白くも何ともないのですが、新五合目からお気楽に登れる山なのでトレーニングついでです。雲海が素晴らしい。8合目上部。
20180617-9.jpg

▼今年は残雪が少ないですね。
20180617-10.jpg

▼山頂で昼食。女性陣3名の手作りのおかずは美味しかったです♭
20180617-11.jpg

▼一応記念写真を撮ってもらいました。
20180617-12.jpg

☆毎年恒例の宝永火口慰霊ボルダリングですが、バトゥーラI峰の遭難から19年経ちました。私が今でも山をやっているのは危険な山行はやめて、家族のために身の丈に合った山行にしているからです。

 毎年、27歳でこの世を去った若者を思い出す度に山に対する心の変化に自身驚いています。

(isobe)
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1318-8d417360

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫