FC2ブログ

東ヌプカウシヌプリ

 2018-04-28
☆28日(土)然別湖の南西にある山、東ヌプカウシヌプリ登りました。
 白樺峠から見る東ヌプカウシヌプリ。
20180428-120.jpg

▼士幌町にある道の駅「ピア21しほろ」で二日目の車中泊。28日目覚めると道内ナンバーの車が多く停まっていてGWの始まりを実感しました。
 28日の朝は冷え込んで、マイナス3℃でした。十勝平野から朝日。
20180428-1.jpg

▼登る東ヌプカウシヌプリが見えます。(左)然別湖の特徴ある「くちびる山の展望山」も見えますね。(右の山)
20180428-2.jpg

▼東ヌプカウシヌプリ登山口の白樺峠。マイナス5℃で寒いので雪山フル装備のウェアーで登ります。
20180428-099.jpg

▼登り始めから雪です。今の時期は雪の踏み抜きがあるので朝一を狙って登ります。
20180428-111.jpg

▼トドマツやエゾマツの森に入りますが、登山道がよくわからず苦戦します。
 倒木も多くて倒木を乗越たり、潜ったり、迂回したりとまるでアスレチック施設のようです。
20180428-118.jpg

▼倒木地帯を抜けると今度は踏み抜き地獄でした。
 普通で膝まで埋まりますが、たまに膝以上踏み抜いてしまいます。
20180428-112.jpg

▼徐々に傾斜が増していき、雪質も凍っていて滑りまくるのでアイゼンを装着。
 せっかくアイゼンを着けたのに雪がなくなっている部分も多くアイゼンを外したり、、、
20180428-113.jpg

▼標高が1,100mを超えたあたりから歩きやすくなりました。
20180428-114.jpg

▼十勝平野など展望もよくなってきました。ダケカンバが綺麗ですね♪ 写真左奥が山頂です。登山道は右側です。
20180428-115.jpg

▼いろいろありましたが、あっけなく山頂に。この山の魅力は短い登りで十勝平野の展望が抜群です。
 朝で逆光なので写真はアップしませんが、十勝平野はとてつもなく大きかった。
20180428-116.jpg

▼ウペペサンケ山の展望もいいです。
20180428-117.jpg

▼登り同様に、下りも半端ない踏み抜き地獄、倒木のアスレチックだったのは言うまでもなく、
 西ヌプカウシヌプリと白樺峠登山口の駐車場。
20180428-119.jpg

▼然別湖の展望の山の白雲山も登る予定でしたが、心が折れてしまいパス。
 東ヌプカウシヌプリ、白雲山共に歩行時間が短いので二つの山を登って半日コースです。
 然別湖からくちびる山の「展望山」
20180428-3.jpg

▼今日28日通行止めが解除になった「ナイタイ高原牧場」
20180428-5.jpg

▼今日も北海道内は強風が吹き荒れて、レストハウス前で即席売店が開いていましたが、強風で品物が吹き飛んで売店さんも大変でした。
 毎年来ていてレストハウス前に点在する岩の上でまったりするのですが、強風のため車の中でお湯を沸かしてコーヒータイムでした。曇り空で阿寒の山並みは見えませんでしたが、開放的で居心地がいい場所ですね。
20180428-4.jpg

▼オンネトーに寄りました。9月と5月に登った雌阿寒岳と阿寒富士。あいにくの曇り空でした。
20180428-6.jpg

▼摩周温泉道の駅で車中泊。ここの道の駅は名ばかりで日帰り入浴施設はありません。
 ツーリングマップルRに載っていた町営温泉「泉の湯」で汗を流しました。道の駅から近くて入浴料金200円で安いです。
IMG_3550.jpg

☆東ヌプカウシヌプリ、お気楽登山が一転しましたが山はなめてはいけませんね。
 ナイタイ高原牧場はいい所です。夏の高原の爽やかな風の中昼寝がベストですね。
 
 昨年のGWではナイタイ高原牧場にいたときに、山の仲間が剱岳・源次郎尾根で雪崩で遭難死された事を知りました。
 北海道の計画を切り上げて帰ることを決めた場所でもあります。

(isobe)

 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1303-dc3b9384

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫