礼文島 ・ 北の海に生きる男

 2017-07-12
☆6月29日、30日は大荒れの天気でした。北海道は宗谷地方のみ悪天候。
 日本最北端の書店であり図書館の「Book愛ランドれぶん」の「北の海に生きる男(ひと)」書展紹介します。

▼礼文島に来て休館日(月曜日)以外は毎日通いました。
20170630-1.jpg

▼鮑古丹に住む漁師で書の達人の浜下福蔵さんの作品の展示を行っていました。
 浜下さんに興味がある方はウエブで検索して下さい。
20170630-7.jpg

▼礼文島に興味がある方なら知らない人はいないと思います。
 多くのTVで紀行ドキュメンタリー番組で放送されてます。二年前私も堤真一さんの番組見ました。
20170630-2.jpg

▼漁師をしながら独学で筆をとり、亡くなられた母さんとの二人のくらしや漁のことなどを「書」に記してきました。
20170630-8.jpg

▼漁師日記。海 風 かもめ 花 大きな筆で力強い作品に感動しました。
20170630-10.jpg

▼作品は定期的に入れ替えているようです。
20170630-11.jpg

▼図書館には礼文島関連の書籍が豊富で飽きませんでした。
20170630-13.jpg

▼礼文島に来て7日目で最終日。昨日と今日と悪天候。
 しかし、そんな天気でも礼文島に滞在し続けた結果サプライズが♪
 御本人の浜下福蔵さんが、作品の入れ替えに来ていました。

 私も実家が伊豆七島の神津島。家は漁師でしたので話がはずみました。
 父親を小学生3年の時に病気で亡くしているので、浜下さんが父親と重なり感動しました(涙、)
20170630-14.jpg

■天気ならば、召国ボルダーに行っていたので浜下福蔵さんとはお会いできなかったです。
 悪天候でよかったなんておかしいですが、夕方に図書館員に帰りの挨拶に来てよかったです。

▼毎日通った図書館のスタッフの、A石治美さんから貴重なお土産までいただきました。
 限定で数冊しかなくて、本当に礼文島が好きな旅人にあげて下さいと御本人からです。
20170630-16.jpg

▼6月30日(金)の朝に書いてきた直筆の作品。魂を込めた書の作品集、私の宝物になりました。
20170630-15.jpg


☆今回の北海道旅礼文島、今まででこんなにうれしい思いをした旅はありませんでした。 
 気さくな地元の漁師さん達、屋久島からの旅人、駐車公園で出会ったバイカー、礼文島が大好きな旅人達。

 冬の礼文島は比較的温暖との事。最低気温がマイナス10度以下にはなりません。
 是非冬の礼文島も訪れて下さいとのこと。

 ブック愛ランドれぶんのA石さん。大変お世話になりました、本当にありがとうございました。

2017年夏礼文島旅 終わり (isobe)
タグ :
コメント
お疲れ様でした!
礼文島に行った気分になりましたよ~ありがとうございました。
【2017/07/13 14:30】 | 杉山 #- | [edit]
杉山さん、

天気には恵まれませんでしたがお花の最盛期素晴らしかったです!
礼文島、計画して行きましょう。
【2017/07/13 16:41】 | isobe #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1237-e3b09b85

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫