羅臼ボルダーとウトロフレペの滝

 2017-05-12
☆5月2日、知床岳登山予定でしたが、昨年の夏の台風などの豪雨により道道87号線は羅臼町北浜で通行止め。
 知床岳登山のベース相泊まで行けません。
 今回の目的の知床岳登山ですが、諦めるしかありませんでした。

▼道の駅で確認しましたが、あまりの私の落胆した姿を不憫に見えたのか、係りの人が
 地元の漁師さんにお願いして漁船で相泊りまで乗せてくれるよう手配してくれるとの事ですが、
 
 しかし、そこまで地元の人に迷惑をかけて登る必要があるのか。
 静岡市岳連の山の仲間が剱岳で遭難して亡くなりました。無理をして山を登る意味があるのか、、
IMG_0657.jpg


▼先日開通したばかりの知床横断道路も、5月1日午後15時に雪崩で通行止めです。
 復旧の見込みが未定で、羅臼で足止め状態です。
 諦められないので北浜に行きました。
20170502-6.jpg

▼見張りの車両がいて工事関係者以外入れません。
 チャンスがあれば熊岩を登ろうと考えていましたがそのような空気ではなかったです。残念!
20170502-5.jpg

▼2日の天気は快晴になる予報。知床登山は断念してボルダー探しに変更です。
20170502-1.jpg

▼岩見橋の上流にボルダーがありました。
20170502-3.jpg

▼魅力的なボルダーですが、水量が多くて渡渉しなければなりません。
 雪解け水で冷たいので断念。整備も必要なので次回に持ち越しです。(次回はあるのか?)
20170502-2.jpg

▼岩見橋ボルダーの位置です。どなたか羅臼に行ったら整備お願いします。
Screenshot_2017-05-02-05-52-52.jpg

▼ボルダー探しの後は羅臼で観光しました。 クジラの見える丘公園から羅臼港方面。
20170502-11.jpg

▼マッコウクジラが見られるのは夏の8月。今日はシャチの群れが見えました。
20170502-7.jpg

▼羅臼ビジターセンターなど観光して、お昼に道の駅で再度確認したところ、
 知床横断道路の再開通は5月5日。このまま羅臼に留まる意味がないのでウトロに移動します。

 知床自然センターからフレペの滝遊歩道歩きました。
 私が20代の若い時に、バイクツーリングで知床訪れました。岩尾別ユースに泊った際知り合った旅人と歩きました。
20170502-14.jpg

▼フレペの滝遊歩道からボルダー見つけました。
 そこそこ高さがあり知床連山をバックにロケーションは最高ですね。
20170502-15.jpg

▼展望が素晴らしいです! もう29年前になるのですね。当時の記憶はありませんでしたが、
 今思うと、山には興味がなかったので仲間と北海道旅が楽しくてしかたがなかった時期を懐かしく思います。
 あの頃は若かった! 今でもバイク・ツーリング憧れます。北海道の道は最高ですし!
20170502-18.jpg

▼フレペの滝と硫黄山。
20170502-19.jpg

▼フレペの滝、以前は乙女の涙と言われていました。岩からしみ出る滝です。
 知床を代表する山々の展望が良く一日のんびりしたいですね。
20170502-21.jpg

☆知床岳登山がなくなって観光に変更しましたが、
 30日剱岳・源次郎尾根で雪崩で遭難死された故人の葬儀に参列するため、北海道旅は終了しました。
 北海道旅計画を切り上げて富士宮に帰りますが、GWで満席のフェリーは予約変更がキャンセル待ちです。

 明日の5月3日は知床五湖歩きます。


(isobe)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1212-4c8e26fe

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫