口仙俣ボルダー

 2017-03-19
☆19日、ボルダー友人が開拓整備している静岡玉川ボルダーの口仙エリアに行って来ました。
  メンバーはいつものシニアメンバー三人です。

▼口仙エリアは渓谷内で石伝いで対岸に渡ります。水量が多い時は渡渉になります。
 *写真は帰り道です。写真左がメインボルダー、右がサブボルダー。
20170319-16.jpg

▼メインボルダーのスラブ面。やさしいですが高さがあります。
20170319-11.jpg

▼気が付けば、ボルダーは昨年の12月以来で今年の初登りになります。ブランクがありすぎて
 高さにビビって右に逃げてしまいましたがトップアウトすると気持ちがいいです!
20170319-9.jpg

▼サブボルダー
20170319-13.jpg

▼サブボルダーのスラブ課題。
20170319-2.jpg

▼一手課題ですが快適に登れて好課題です。
20170319-4.jpg

▼3月に入っても寒かったですが、口仙エリアは開放的で日差しがあり暖かい。
 K池さん登ります。
20170319-7.jpg

▼サブボルダーのレフト課題。
 UさんK池さんは一撃でしたが、体を振りながらホールドを取りに行くムーブが苦手な私は宿題になりました。
 3ヶ月振りのボルダリングでしたが、甘くないですね。
20170319-12.jpg

▼メインボルダーのスラブ課題。
 スラブ系は好きなのでトライしましたが、やさしそうな見た目とは違って嵌りました。
 スタートからスラブ面に立ち込むまでが核心で、数回のトライで何とか登れました。
20170319-14.jpg
 
▼サブボルダーのライト課題。
 ホールドが剥がれてアクシデントがありましたが怪我にはならなくて幸いでした。
 気持ちも萎えてしまい終了。
20170319-15.jpg

▼アクシデントの騒ぎで地元のS鳥さんが様子を見に駆けつけてきました。
 ボルダリングについてお話をして理解を得てもらい一安心です。
 ここのエリアは携帯はソフトバンクのみ使えて他は不可です。
 万が一の通信はS鳥さん自宅上に公衆電話があります。
20170319-18.jpg

▼ジオグラフィカ、口仙エリア
Screenshot_2017-03-19-10-22-09.jpg

☆奥仙俣に住む I﨑さん同様に口仙俣に住むS鳥さんも過疎化が進む集落を何とかしたいと思っています。
 山間地域振興としてボルダーを活用出来るのなら全面的に協力したいと理解してくれました。

 2017年の静岡市山岳連盟の新規事業で「静岡ボルダリングスクール」を秋に開校します。
 第一回は地元の富士宮市 「富士川ボルダー」予定しています。
 二回目以降は静岡市のエリアで行いたい。
 
 今後、ボルダーの下地の整備や駐車場・宿泊施設など市に話しかけてくれるとの事ですが、
 私も静岡市山岳連盟を通じて、
 ボルダーエリアとしては全国でもトップクラスになるであろう奥仙俣から口仙俣エリアの整備を進めて
 静岡のクライミング技術向上に協力していきます。

(isobe)

 
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1196-1ee6c246

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫