安倍川流域のとあるボルダー

 2016-10-10
☆連休は、北関東の山に登りに行く予定でしたが雨予報でまた中止です。
  10日、ボルダー友人が最近見つけた、安倍川流域のとあるボルダーに行って来ました。

▼とあるボルダーエリアのメインボルダー、「ボルダー B」 高さが5mはあり圧倒されます。
 富士川ボルダーの蓬莱橋・松野側のメインウォールより高い。
20161010-1.jpg

▼今の時期は滲み出しが酷く、苔を落とさないと滲み出しは止まりそうも有りません。
 林の中ですので、シーズンは11月下旬~3月ですね。
20161010-2.jpg

▼「ボルダー C」 ボルダーA、ボルダーBと比べると手頃ですがトライしてみないとわかりません。
 クリーニング、整備後でウェット、、次回持ち越しです。
20161010-3.jpg

▼「ボルダー D」 時間がなくて未整備。 被っていて今風のボルダーです。
 レフト側カンテは難しそうで上級課題になります。
20161010-4.jpg

▼「ボルダー E」 クリーニング前、
20161010-6.jpg

▼「ボルダー E」 クリーニング後。両サイドのカンテラインとカンテなしのセンターライン。
20161010-8.jpg

▼ボルダーには苔の中にサワガニが多くいました。
20161010-7.jpg

▼「ボルダー A」 スラブボルダーですが高さがあります。
 クリーニング整備して今日は「ボルダー A」にトライしました。
20161010-9.jpg

▼スラブボルダーですが、意外と立っています。
 ガバスタンスからカチホールドで繋いでいく好課題。 「アップストリート」
20161010-10.jpg

▼整備後のトライは土などで埃っぽく緊張しますが気持ちがいい。
20161010-11.jpg

▼「ボルダー A」のメイン課題、「メインストリート」
20161010-14.jpg

▼カチホールドが続きますが、高さがありメンタル的に辛いですが好課題です。
20161010-15.jpg

▼個人的な近況ですが、8日でまた年をとりました。一年は早いです。
 家族からの誕生日プレゼントです。(ありがとう!)
 最強の車中泊の車「トミカNo.70 三菱 アウトランダーPHEV」 冬の北海道を車中泊で巡りたい。
 アークテリクス マカ2、貴重品を失くさないように常に首からぶら下げます。
20161011-2.jpg

☆友人が最近見つけて整備中なので、、当面整備等が終了するまで、シークレット扱いです。(仮称扱い)
 車からのアプローチは5分かかりません、ボルダーも直ぐ近くにあり恵まれています。
 早く公開して、静岡踏岳会メンバーに紹介したいです。

(isobe)
タグ :
コメント
初めてのボルダリング楽しかったです。

楽しむためにはボルダーの発見から地権者の許可に始まり、
足場の確保、清掃、ルートファンデングなどなど大変な準備が必要なことも判りました。

U畑さん、I部さんありがとうございました。
またよろしくお願いします。
【2016/10/24 12:37】 | F田 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1155-0a1b1049

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫