宝永火口ボルダリング

 2016-07-01
☆7月に入りました。1日、富士山・宝永火口に行って来ました。
  山で遭難死した仲間の慰霊が目的で今の時期に毎年行っています。

★2013年6月宝永火口ボルダー2013年6月静岡踏岳会ブログへ

★2015年7月宝永火口ボルダ―2015年7月静岡踏岳会ブログへ

▼宝永山と宝永火口ボルダー群。
IMG_69932016701.jpg

▼仕事が夜勤明けでそのまま富士山新5合目へ、車で約45分。 富士山は地元の山で近いです。
 雲海と気持ちのいい青空で気分もいいね♪
IMG_69812016701.jpg

▼8年前の2008年1月、雪の斜面を遺留品を探した記憶が鮮明に蘇ります。
IMG_69982016701.jpg

▼大好きな屋久島の三岳と北海道限定サッポロクラシック。山で一緒に飲みたかった。
IMG_70022016701.jpg

▼当時、地元の富士宮山岳会に所属していましたが、共に27歳の若者で私を慕ってくれました。合掌、、、
IMG_70062016701.jpg

▼慰霊で宝永火口に訪れる時はボルダリングです。
 宝永火口のボルダー群はみな小粒で課題としては対象になりませんが、SDスタートで課題設定。
IMG_70172016701.jpg

▼宝永火口ボルダー・メインボルダー の「スレッド」 
IMG_70182016701.jpg

▼カンテラインの課題「バンカン」
IMG_70492016701.jpg

▼共にリピートでしたが、天気も良くて吹く風が気持ちがよく最高です。
 ロケーションは言うまでもありません。
IMG_70692016701.jpg

▼宝永山とボルダー。
IMG_70802016701.jpg

▼小粒過ぎて窮屈でしたが、ポケットを使うとやさしいのでポケットなし限定で。
 ヒールフックや色々なムーブを試すにはいいかな。それでも物足りないですが、ロケーションがいいのでよしとします。
IMG_71092016701.jpg

☆宝永火口ボルダーは新五合目からのお気軽コースより、水ヶ塚から登った方が充実度が違います。
 今日は平日でしたが、宝永山に登る登山者が大勢いました。

 富士山はアルパインクライミングスクールのH川さん情報で、日本一標高が高いボルダーは大変興味があります。
 今年行きたいですね!

(isobe)

 
タグ :
コメント
毎年の慰霊登山ですが、勤めてくれる人が居ることが何よりの供養と思います。

素晴らしいロケーションで、エネルギーをいただいてパワーアップですね。

レベンダーの香りをツマミに、日本の北と南の幸を喜んで味わっていることでしょう。合掌
【2016/07/04 10:52】 | F田 #- | [edit]
毎年一日彼らのことを思います。

思い出して私のその当時の山に対する気持ちが蘇って来ます。

私も当時は、山に対して先鋭的な考え方でした。それが元で愛着があった地元の山岳会を去りました。

来年は、宝永火口慰霊お付き合いください。
【2016/07/05 07:07】 | isobe #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1120-1404c6a5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫