FC2ブログ

月例山行 赤岳主稜

 2015-12-15
12月例山行に毎年恒例の赤岳に登りました。

12月12日(土曜日)
体力温存のため、私は前日から赤岳鉱泉に入ることとしていたのですが、北沢から鉱泉に来るまでの間に登山靴の前側が破損するアクシデント発生。
鉱泉に着き、ワンタッチアイゼンの装着に支障があってはと、Webで知っていた冬靴のレンタルブーツを受付で相談。なんと無料と聞き、マムートとケイランドの中から、ケイランドテクニカルウィンターブーツをチョイス。
レンタルブーツ

アイゼンを合わせて万全の体制でN竹君を待ちます。
アイスキャンディーはこの時期にしては痩せてました。
IMG_4625 (1)



12月13日(日曜日)
N竹君が早朝の赤岳鉱泉に到着、玄関の土間で2人で軽く朝食。
踏岳会はこの日2パーティに分かれて赤岳に登ることとなっており、私たちは主稜から山頂を目指します。
天気予報は雨、赤岳山荘から上では小雪となっていました。

主稜取付き一番乗りを目指してヘッドランプで小雪の中、進みます。
途中、薄っすらと積もった雪の下で凍った路面に転びそうになりながら何とかノーアイゼンで鉄階段を登り、トラバース手前までほぼ予定どおりです。
ここでハーネス、アイゼンを付け、Wローブを結んでN竹君からトラバース開始。
真っ暗な中、ヘッデンの明かりが雪面を照らします。
IMG_4648 (1)


いつもの八ヶ岳とは異なり、寒く無く、風も強くなく、雪もほとんど無く、静かで快調に進みます。
ただ、氷の固結があまく、落石を誘発しやすい状態でした。
薄く雪に覆われているため、うっかり岩だとおもって手をかけると大きめの石だったしりてドキッとします。
IMG_4643 (1)


明るくなってきた頃、周りを見渡すとモノトーンの岩と雪の世界に2人だけ。変態?2人はサイコーのロケーションに喜びに満たされます。
IMG_4647_20151215023042004.jpg



急勾配な草付きではピッケルとアイゼンを利かすのですが、シーズン初めなためか、ふくらはぎにきます。
IMG_4650.jpg


リードするN竹君のスピードに遅れないよう凍りついたロープの絡まりを取りながら、ビレイをします。
IMG_4646.jpg



最後は一般道のような尾根道となって、稜線に抜けました。
それぞれロープをまとめ、ここから山頂まで短い雪上ハイキング。


9時過ぎに山頂到着で記念写真を撮ってSNSで発信。
IMG_4634 (1)


文三郎コースを登ってくる予定のメンバーとすれ違うことなく、赤岳鉱泉でレンタルブールを返却し、まったりした後、下山しました。
レンタルブーツは軽く、暖かくて、問題なしでした。
(下山で、自分の靴のもう片方も壊れ、とうとう両方とも逝ってしまいました・・・涙。)

by H
タグ :
コメント
会山行お疲れさまでした!
幻想的なモノトーンの世界に二人だけのコールが響く、、、ロマンチック(笑)
風雪、気温、ばっちりでグッジョブクライミングでしたね。
楽しかったです。ありがとうございました。
次は新品の靴にてアイスクライミングですね♪
【2015/12/15 09:31】 | のたけ #qx6UTKxA | [edit]
こちらこそ、ありがとうございました。
写真使わせていただきましたが、周りはこんな風になってたんだと、改めて再確認しています。

靴は修理しようか、ケイランド、ポチっちゃうか?迷っちゃいます。
次の雪山までに修理が間に合うんだろうか?
【2015/12/17 12:33】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/tb.php/1065-869fad05

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫