FC2ブログ

大山 ・ 渥美半島トレッキング

 2020-01-19
☆19日渥美半島最高峰、大山登りました。 今回の計画はボルダリング&トレッキング。
 ネットで調べたら、「渥美半島に屋久島を感じる自然がある」との言葉に誘われて訪れました。

▼昨夜は長い時間語り合い有意義な一夜を過ごしました。朝飯は伊勢海老のお味噌汁、美味しかったです。
 民宿磯路からみる大山。快晴です!
20200119-1.jpg

▼和地海岸の西エリアを案内してもらいました。
20200119-5.jpg

▼友人が昨年9月に登った課題名「Furiru」 高さがあったとの事ですが、この課題も下地が埋まっていました。
20200119-3.jpg

▼人が写ると全体像が分かりやすい。トライしたときは高さがある為メンタル面が核心だったとの事。潮の満ち引きで下地の変化が大きいですが、周辺には魅力的なボルダーが点在しているのでいつかまた訪れてみたいです。
20200119-4.jpg

▼今日の目的の大山登山口に向かいます。菜の花と大山。
20200119-6.jpg

▼渥美半島のいたるところに菜の花が咲いています。「渥美半島菜の花まつり」も開催されていて春を感じますね!
20200119-7.jpg

▼あつみ大山トンネル北口の駐車場に車を置き歩き出します。下調べでは、このコースは奇岩の岩が点在しています。
 ボルダリングマットを背負って歩きます。友人と私の登山スタイルです。
20200119-9.jpg

▼歩き出して直ぐにボルダー群が見えてきました。
20200119-10.jpg

▼登山道を離れたところにチャートの岩が点在しています。今回はトレッキング目的なので下見のみですが、来てみて驚きました。
20200119-11.jpg

▼谷周辺にボルダーが点在しています。
20200119-12.jpg

▼ボルダーばかりに目が行きましたが、屋久島を感じることはできたのでしょうか?
20200119-13.jpg

▼展望のいいクチナシ岩を過ぎれば山頂は直ぐです。三角点がある大山山頂。
20200119-14.jpg

▼冬晴れの時は富士山も見えるとの事ですが、雲で見えませんでしたが、御嶽や恵那山、中央アルプス、南アルプスなど大展望です。
20200119-15.jpg

▼個人的には伊良湖が見える海岸線が好きです。
20200119-16.jpg

▼人気のコースなので登山者が多いです。
20200119-17.jpg

▼臍岩(へそ岩)
20200119-18.jpg

▼臍岩から見る大山。
20200119-19.jpg

▼観音の腰掛岩。
20200119-21.jpg

▼彩雲と腰掛岩。
20200119-23.jpg

▼腰掛岩周辺は居心地がいいので大休憩。 マットを持ってきたので周辺のボルダー登ります。
20200119-25.jpg

▼高さがありますがホールドはガバで安心でした。登ったトップから下を見ます。
20200119-27.jpg

▼このボルダーは、センター課題登りました。
20200119-28.jpg

▼狼煙山から大山。
20200119-30.jpg

▼予定では、大岩が点在するコース雨乞山まで行く予定でしたが、夕方には家に帰らなければならないため下山しました。
 雨乞山には達磨岩、弁当岩などありクライマー心を刺激しますが、残念!
20200119-31.jpg

☆渥美半島ボルダリング&トレッキング、充実した山行でした。渥美半島のボルダー案内してもらいましたが、次回もまた来たいと思いました。ロケーションが素晴らしい!

 大山ですが、屋久島感じる森との事ですが、過去に何度も屋久島に行っていますが、岩質は違いますが、奇岩と照葉樹林、幹が生い茂った登山道は屋久島に似ているかもしれませんね。 ボルダリングマットが幹に挟まって歩くには苦労しましたが、楽しい山歩きでした。

(isobe)
タグ :

渥美半島ロングビーチボルダー  

 2020-01-18
☆18、19日で渥美半島にボルダリング&トレッキングに行ってきました。
 太平洋ロングビーチでボルダリングは、2014年9月に行った高知県「黒潮ボルダー・春野漁港カンテ」に似ていて、海岸ボルダーの素晴らしいロケーションが最高です!

◆静岡踏岳会ブログ・黒潮ボルダーへ 「黒潮ボルダー2014年9月」

▼富士宮から清水で友人と合流して、高速を使わないで約4時間で渥美半島ロングビーチへ。天気予報通り11時には天気は回復して青空が広がってきました。
 太平洋ロングビーチ・一色の大磯。サーフィンの世界大会を始め、数多くの大会が開催される、日本でも有数のサーフスポット。
20200118-2.jpg

▼ロングビーチボルダー。友人が昨年7月に紹介しています。私はクライミングから離れていますが、高知県の黒潮ボルダー以上に素晴らしいロケーション。どうしても登りたくて友人に案内してもらいました。
20200118-0.jpg

▼一色の大磯展望台にあるボルダー。登られているのでしょうか。
20200118-3.jpg

▼ロングビーチボルダー近くのボルダーでアップ。
20200118-4.jpg

▼私はクライミングシューズを履くのは昨年5月以来です。
20200118-5.jpg

▼友人に写真を撮ってもらいましたが、青空とボルダーがいいね♪
20200118-6.jpg

▼アップ用ボルダーですが、北面は前傾課題あります。下地が悪いですがガバホールドを繋いでヒールフックで最後はマントル、豪快に登れます。
20200118-8.jpg

▼ロングビーチカンテ。 
20200118-9.jpg


20200118-10.jpg


20200118-11.jpg


20200118-13.jpg

▼目的を果たしました。 
20200118-14.jpg

▼和地海岸エリアに移動。
20200118-15.jpg

▼友人の目的のボルダーは潮が引いていなくてNG。ガバのカンテを繋ぐ魅力的な課題ですが残念。
20200118-16.jpg

▼もう一つの目的のボルダーは下地が埋まって変化していたとの事ですが、友人も目的を果たしました。
 課題名「SORA」 写真では分かりづらいですが被っています。
20200118-19.jpg

▼和地海岸エリアは魅力的なボルダーが延々と続く一大エリアです。干潮時間を調べてくることをお勧めします。
20200118-22.jpg

▼お互い目的を果たして満足して今宵の宿「民宿磯路」へ。 和地海岸の目の前にあります。
 いつもは車中泊ですが、今日は贅沢します。
20200118-23.jpg

▼ほとんどの宿泊者はサーファーですが、私達ボルダリングで宿泊する人は初めてとの事。すき焼き。
20200118-24.jpg

▼「満足コース・活き造り(姿盛り)」伊勢海老、ヒラメ、鰤、タイラギ貝。今日は私たち二人だけでしたので、女将さんは宴会に付き合ってくれました。 色んな話が出来て楽しい新年会になりました。ありがとうございました。
20200118-25.jpg

☆昨年から計画していた「渥美半島ボルダー」 久しぶりの友人との遠征は大満足でした。
 諸事情で山とボルダリングに行けない日々が続きますが、周りの家族の協力がないと実現できませんでした。

 今日は、目的のボルダリングと地魚を食べて今後の予定を語り合う事ができました。明日19日は渥美半島最高峰の山大山に登ります。続きます。

(isobe)
タグ :

1/3 大野山・勘行峰・大日山 

 2020-01-18
1月3日に、初登りとして安倍奥の勘行峰へ登りました。

大野山・勘行峰・大日山遠望
(大岳より望む)

今回も静かな山歩きを楽しむため、あまり人の入らなそうな安倍中河内川左岸の稜線を歩くルートを登りに選びました。
この稜線には林道(竹ノ沢線)が通っているので、ますます登山の対象になりにくいのだと思います。

▼林道竹ノ沢線の起点から山行開始です。とはいっても尾根は林道で分断されてしまっているので、ここから標高800mあたりまで林道歩きです
林道竹ノ沢線(起点)

▼分断された尾根の一つにしっかりとしたハシゴが架かっていて登れるようになっていたが、作業用だと思うので使用は遠慮する
尾根に作業用はしご

▼マジックアワー
見月マジックアワー

▼長い林道歩きを経て、841m標高点の南まで来ました。長かった
林道、810mあたり

▼草に埋もれ気味のハシゴからやっと入山
ここから入山

841m標高点を経て歩いていくと再び林道に出てしまいます。ここから北の約920mピークまでのなだらかな地形は林道工事中で広く伐採されており、駿河湾まで見渡せる眺めの良い場所になっていました。

▼権七~大岳の稜線。後ろに大棚山~中村山の稜線
伐採地 朝焼け

▼ダイヤモンド見月
ダイヤモンド見月

▼約920mピークにて。ここで林道は右に折れます。勘行峰へは左へ向かいます
約920ピーク

ここからようやく山道っぽくなります。笹薮が少し濃いところもありますが、稜線にはかなり明瞭な道形がついていてこれを辿っていけば笹をかき分ける必要はほとんどありません。結構人の往来があるのかもしれません。テープ等の道標はほとんどありません。

稜線に乗る

▼笹が濃いところも、踏み跡があります
稜線上 笹薮

▼稜線の北側にはガレが多く眺めがいい
ガレから北側

▼こちらは南側の景色
こちらは南側

▼三等三角点『大野山』(1125.2m)。静かな山頂。山頂看板は倒れてからかなりの月日が経っているようでした。
1125m三角点大野山

なお『大野山』とは三角点の点名にすぎず、これが正式な山名かどうかはわかりませんでした。

▼1127mへの登り。林道のせいで痩せ尾根になっていて取付きにくい
1127mへの登り

▼1127mピークを下りコブを一つ越えて林道に下りるとお立ち台のような広場があり、十枚山、二王山の展望台になっていました。
お立ち台からの景色

いくつかのアップダウンを経て稜線を忠実になぞっていくと、このような三叉路に出ました。竹ノ沢線と黒川線の合流点です。

▼口仙俣から上ってきた林道黒川線(右下)が竹ノ沢線に合流
林道黒川線終点

ここから竹ノ沢線はつづら折りに高度を上げていきます。尾根を歩くこともできそうですが計10回ほど林道を横切ることになり厄介...諦めてここからは林道を歩くことにしました。

標高1,250mほどのヘアピンカーブで少し脇道に入ると、坂本川源流の治山現場の最上部に着きます。ここからの景色はなかなかです。

▼南方向の景色。眼下に口坂本温泉が見える
坂本川治山現場1

▼東方向の景色。安倍川沿いの山並み
坂本川治山現場2

▼標高1,280mほどで竹ノ沢線は上りをやめてトラバースし始めます。勘行峰へ向かうためここで脇の軽車道に入ります。
竹ノ沢線と別れる

▼軽車道と言っても、未舗装で大粒の石がゴロゴロ、崩壊気味の箇所もあります
勘行峰への軽車道

▼崖の縁を登っていくような道です
勘行峰への軽車道 景色

勘行峰直下で一般コースと合流しました。トレランコースにもなっており整備された道です。
勘行峰直下で一般ルートと合流

▼勘行峰直下から深南部の山々
深南部

▼三等三角点『勘行』(1449.5m)
三角点勘行

▼勘行峰山頂のすぐそばのあずまやから、南アルプス方面を望むことができます。リバウェル井川スキー場の冬季営業はまだ始まっていませんでした。暖冬の影響で延期されたようです。
リバウェル井川

▼赤石岳 拡大
赤石岳

ここからは安倍川と大井川の分水界である稜線を南下し、大日山を目指します。よく整備されたハイキングコースでした。

▼大日峠(旧)
旧大日峠

▼大日山山頂にて。三等三角点『大日峠』(1,200.6m)。『三角点の話』が書かれた看板がある
大日山山頂

今回は、かつて静岡と井川を結ぶ唯一の道だったという『大日古道』で口坂本へ下山することにしました。大日山から峠近くまで戻ると標識があります。

大日古道は歴史のある道なので、よく整備されているだろうと思っていたのですが、特に上の方は林道で何度も寸断されており、また溝状の道に折れた枝がたくさん溜まっていて歩きにくい箇所もあり、思ったよりぞんざいな扱いを受けているようでした。

▼古道には100mほど間隔を空けて「観音跡」の標柱が立っている。口坂本~大日峠まで、全部で三十三本あるとのことです。写真は三十番
大日古道三十丁

▼写真のように林道で分断されている箇所がいくつもある
大日古道 林道 分断

▼960mあたりの分断箇所で古道の行方がわからなくなり、暫くウロウロしました
960m 大日古道 分断箇所

▼十六番観音跡。茶店の水田跡が残る
十六番 茶店 水田跡


▼口坂本へ下山した。一番観音跡
一番 観音跡

今回の山行、全体的に見て林道に泣かされた山行でした。
大日古道の井川側も歩いてみたいです。

▼トラック図
トラック図_大野山・勘行峰・大日山

(錦織)
タグ :

令和2年1月 月例会

 2020-01-15
1月月例会報告

【活動報告】
12/14 十枚山~安部峠 城山クライミング
12/14~15 茶臼岳~上河内岳
12/15 唐松岳(初級雪山講習)  巣雲山
12/20 県警救助訓練見学
12/21~29北海道礼文岳他
12/28 安部奥コンヤ沢回周  冬季テント設営講習
12/28~29白馬乗鞍岳
12/28~30八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・南沢小滝)
12/29~30鳥小屋尾根~茶臼岳
12/29 日坂宿~金谷宿
12/31 安部奥一本杉山
1/2~3鳥小屋尾根~茶臼岳・上高地岳
1/2~4蝶が岳  燕岳
1/3 安部奥勘行峰
1/3~4小豆島拇岳赤いクラック ダイレクトルート
1/5 三重名張 屏風岩

【活動予定】
1/12 谷津山ハイキング
1/26 みどりの道パトロール 扇の要~新窪乗越~山伏
       下駐車場AM6:30集合
1/29 愛鷹山塊 越前岳
1/31 踏岳会 新年会 葵タワー地下「満堂紅」 19:00~
2/7~12八甲田山BC
2月 市岳連ハイキングスクール 湖西連峰

【お知らせ】
・クライミングトレーニング毎週火・水・木19:00~ 富士ブルーキャニオン
山岳保険の更新をします。2月の月例会にて受付を開始しますので、よろしくお願いいたします。
次回月例会は、2月12日(水)19:00~ 北部生涯学習センター第3集会室
タグ :

12/31 一本杉山

 2020-01-14
だいぶ日が経ってしまいましたが、大晦日に安倍奥の一本杉山(1,235m)に登りました。
大晦日ということであまり疲れたくないので、小さな山行です。

一本杉山は、大光山から安倍川へ下る尾根の一つ、安倍川と関の沢にはさまれた山域にあるピークです。山頂の西にある伐採地は南側から見るととっても目立つため同定しやすいと思います。またこの山域には東峰、戸持、兎作といった標高の高い集落あります。

▼真富士の里より望む一本杉山(伐採地右のピーク)。後ろに八紘嶺。下方に東峰集落も見える
一本杉山(真富士の里から)

▼麓の関の沢橋から望む一本杉山。前日の雨で湿気が多い
一本杉山(関の沢橋から)


梅ヶ島街道、本村バス停あたりから林道(井戸沢線)に入って2つ目のカーブに倉庫があり、この裏から入山します。
東峰登山口

東峰までの道は登山道というよりは生活道です。稜線に乗るまでに2軒ほどの民家を横切ります。また作業道がいくつか分岐しているので一度間違えて入ってしまいました。

▼整備された歩きやすい道
歩きやすい

▼山腹の茶畑から、二王山・込岳
二王山・込岳

▼微動だにしないので置物かと思ったら本物だった
東峰_カモシカ

▼東峰稜線の乗越は徳川軍が武田軍を見張るために陣を張った由緒ある場所で『陣場』と呼ばれるそうですが、特に何もない場所でした。
陣場?

登山道は陣場を越えて反対側に少し下り、民家の敷地内を通った後、稜線の東側を北上しています。ここもきれいに整備されています。

東峰への道

▼右手には十枚山がすぐ目の前に見えます。明るくて雰囲気良し
十枚山目の前に


東峰集落の手前で林道(戸持網掛線)の開設工事のため登山道が寸断されていますが、「まわり道」があります。

▼まわり道
まわり道

東峰集落に到着すると、真っ赤な稲荷神社があり目を引きます。登山道(?)は右の茶畑の脇へ続きます。
東峰 稲荷神社

▼振り返るとこの景色。写真の雰囲気のとおり、この日は年の瀬にも関わらず春の陽気でした。
東峰からの眺望

▼さらに集落の中を登っていくと「海抜1000m 日本一高い茶畑」と銘打った茶畑があります。地形図を見ると確かに標高1,000mです。手軽に登って来ることができましたが、ここからの眺めは最高です。
日本一高い茶畑

日本一高い茶畑から1

日本一高い茶畑から2

日本一高い茶畑を過ぎると集落は終わり、再び林の中へ入っていきます。

▼標識は右を指していますが、直進方向にも踏み跡があったのでそちらに向かいました。特に問題ありませんでした。
大光山案内標識

道を辿っていくと一本杉山頂は踏まずに東側を巻いて大光方面に行ってしまうので、適当なところで一本杉山頂へ向けて登ります。明瞭な道はありませんがどこでも登れます!
一本杉山直下

▼三等三角点『一本杉』(1235.4m)。眺めもなく、薄暗い山頂
一本杉山山頂

辺りは杉だらけですが、『一本杉』の由来になった木は見当たりませんでした。植林される前にはきっとあったのでしょう。

▼西尾根を覗き込んでみると、地形図で見るよりも急勾配に感じた。しかも滑りやすそう。この先に例の伐採地があるはずです
一本杉山西尾根

今日のところはこの尾根を下らず、予定通りに来た道を引き返すことにします。

▼標高1,100mあたりから、往路とは少し違う道を下ってみたところ、ススキの藪があり苦労する。左下に関の沢の堰堤が見える
安倍川と関の沢

稲荷神社まで戻り、林道を歩いて戸持集落へ向かいます。左に深沢山が見えます。この辺りで先ほどの陣場近くの民家のご主人とたまたますれ違ったので少しお話ししました。

東峰林道

▼十枚山と茅葺屋根 戸持集落にて
十枚山と茅葺屋根

▼戸持集落を下る。
戸持集落を下る

▼戸持集落を抜けてもなお古い生活道が麓まで続く
歴史を感じる生活道

山行というより集落めぐりという感じになってしまいましたが、たまにはこういうのもいいかなと思います。
そして、やはり一本杉山の西尾根はいつか歩いてみたいと思いました。

▼トラック図
一本杉山_ルート図

(錦織)
タグ :

12/28 コンヤ沢周回

 2020-01-05
もう年が明けたので昨年のことになりますが、先月28日、安倍奥のコンヤ沢を囲む山々を周回しました。

コンヤ沢俯瞰
(安倍川対岸の十枚山から)

赤水集落の奥、西日影沢右岸の尾根末端から取り付きます。鹿がたくさんいました。
岩混じりの急な尾根で目印等はありませんが、かなりしっかりしたジグザグの道がついており、意外に登りやすい印象でした。

標高950m程、アンテナが立っている開けた場所に出ると、勾配が緩みます。

▼アンテナのすぐ先にガレがあり、山伏~大谷崩方面、大谷川が良く見える。ちょうど夜が明けてラッキー
赤水950mガレからの眺望

ここからは暫く快適な尾根が続きます(道迷いには注意)。

▼植林帯に入ると、どこを向いても同じ景色で下山は大変そう
1,300m植林帯

▼、約1,400mピーク西のコルに到着。コンヤ沢支流のホーキ沢の水音が聞こえます。この辺り、なぜか踏み跡がはっきりしています。このコルには以前『みどりの道』にも含まれていた西日影沢~牛首峠を結ぶ廃道が横切っています。崩壊がひどく数年前に整備をやめたそうです。
金木荒分岐

今日はそのまま尾根づたいに歩き、次のピーク(金木荒ノ頭)を目指します。以前は笹が多かったようですが、すっかり刈られていてやはり歩きやすい道が続きます。

▼金木荒ノ頭のすぐ南東には地形図に載らないほど小さな凹地があり、写真では判りにくいですが池になっています。
池ノ段近くの池

▼この日は凍っていた
池_凍結

▼三等三角点『池ノ段』(1463.0m)(金木荒ノ頭)。『金木荒』の読み方はわかりません
金木荒の頭

▼金木荒ノ頭から西のコルへ下っていくと人工的な広場に出ました
広場

▼大規模な斜面補強が行われているようです。
斜面補強

▼山伏~大谷嶺の稜線
コルからの眺望

この広場から標高1,550mまでの登りが今回の行程では一番の難所でした。尾根が急勾配であることに加え、舗装されているところもあって登れないため、巻き道が付いているのですが、整備されておらず崩壊気味、更に当日は霜柱があって踏むと下に凍結した面があり恐怖を感じました。

▼急登の始まり
急な尾根

▼ザレていて登りづらい
急登_ザレ

▼1,500mあたりで地形図のとおり一旦勾配が緩むが、痩せ尾根があり要注意
1,500m痩尾根

▼急登が終わったところで振り返る
急登終わる

▼1,550mより上は雰囲気が一転して緩やかで広い尾根に変わる
1,650mあたりで

▼カモシカさん
カモシカ

▼1,785m標高点は広いピークで気持ちよい場所。ここで一般登山道と合流した
牛首の頭

ここからは下山までは一般の登山道ですのでひとまずほっとします。とはいっても牛首峠への下りはかなりの急勾配で注意が必要でした。

▼牛首峠への下り
牛首峠への下り

▼牛首峠近くまで下ると林道(勘行峰線)と出合う。光岳が見える
牛首峠より光岳方面

下りきったところで先ほどの西日影沢~牛首峠の廃道らしきものが合流、そこからほんの少し歩けば牛首峠に到着です。

▼牛首峠よりコンヤ沢源頭部を覗き込む。落石の音が頻繁に聞こえる
牛首峠よりコンヤ沢源頭部

牛首峠~井川峠まで、概ね緩やかで広い稜線歩きです。

▼三等三角点『笹山』(1763.2m)
笹山山頂

▼手前に井川湖、奥は駿河湾まで広く見渡せます。
笹山山頂からの眺望

▼笹山から700mほど南東にあるガレ(名前がわかりませんでした)からコンヤ沢流域を見渡す。いつの間にか曇って富士山は見えません。十枚山もガスの中
笹山から南東方向700mほどにあるガレ

▼井川峠にて。標識が賑やか。
井川峠にて

ここで主稜線歩きを終え、安倍川方面へ下っていきます。沢の左岸を高巻きする道が正式なルートですが、沢はほぼ涸れているので沢筋を下っていきます。

井川峠から沢を下る

標高1,500mあたりで高巻きの道が一旦降りてきて沢筋を辿りますが、暫く下るとまた左岸をトラバースする道になります。これを追っていったところ、道幅が狭くなっている箇所(ロープは張ってあります)があり危険を感じたので、一旦引き返し地形図の破線どおり尾根筋を歩くことにしました。この方が安全でした。(トラック図参照)

▼約1,380m鞍部は『木立場』と呼ばれる。ここから深沢山分岐へ登り返す。
木立場

登りきると、白い棒(案内板が落ちて棒だけになってしまったようです)が立っており、ここから南へ行けば深沢山山頂(とされる場所)です。といっても深沢山は南北に細長いピークなので、既に山頂の北端にいると考えることもできます。

▼深沢山山頂看板と図根点。ガレがすぐ後ろまで迫る。三角点は崩落により亡失とのこと
深沢山山頂

▼深沢山山頂はガレの縁にある割に、樹木が成長していて思ったより眺めは良くありませんが、安倍川西側の山々がきれいに見えます。
深沢山山頂からの眺望

▼一服峠への下りでは何度か熊の爪痕を見かける。途中から自然林と植林の境を下る道に変わる
熊爪痕

▼一服峠。直進すれば孫佐島、右に曲がれば大代
一服峠にて

今回は孫佐島へ下ります。急な尾根ですが、整備された道で注意すれば危険なところはありません。マークはやや少なめです。

▼標高1,150mほどで孫佐島への尾根から一旦外れ、トラバースして戻るように道がついている。トラバース途中の谷地形に苔がきれいな場所がある
苔むす場所

▼標高1,000mあたりでガレの縁を通過する。ガレは地形図に示されているよりかなり大きい。コンヤ沢対岸の山が見える。写真中央のピークが金木荒ノ頭
孫佐島への下り 1000m ガレからの眺望

その後も整備された道が麓まで続きましたが、降りたところが民家(施設?)の裏庭のような場所だったので驚きました。これで合っているのでしょうか。

▼コンヤ川(左)が安倍川に流れ込む
コンヤ沢が安倍川へ流れ込む

下山後にしてようやくコンヤ沢そのものを見ることができた、のですが下流側はコンヤ『川』だそうです。残念。

▼最後は赤水の滝を見学
赤水の滝

トラック図
トラック図_コンヤ沢周回

(錦織)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫