FC2ブログ

7月会山行「阿弥陀岳北稜」

 2018-07-23
7月14・15日に会山行を実施しました。
冬期に計画している北稜の下見を兼ねてのテント泊です。

1日目は美濃戸口から行者小屋までの荷揚げなので、朝ゆっくりと静岡を出発。
中央道小淵沢IC近くでの買い出しを予定していましたが、長坂IC「きららシティ」まで一旦戻ったので、大幅に入山が遅れるトラブル発生。

15時過ぎに赤岳山荘に駐車、南沢ルートで登山開始し、なんとか明るいうちに行者小屋に到着。
大混雑していたため、一番手前の沢のそばにテントを張ることになりました。

夕食は、「きららシティ」で購入した高級牛肉で生卵付きのすき焼きを、締めはうどん。
途中、美しい夕焼けに目を奪われ、デザートは差し入れの三島メロンを美味しくいただきました。

沢音といびきがうるさかったというAさんは、若干の寝不足気味だったけれど、満点の星空を見ることができて大喜びでした。

2日目ものんびり朝食をとり、身支度を整えてアタック開始。
行者小屋は人でごった返し。

▼阿弥陀岳の方を見上げると、北稜に取り付いているパーティーが見え、気がはやります。
IMG_7158 (1)

▼中岳沢の一般道からはずれて尾根道を探します。
37351801_1537693249668291_6046733595312128000_o.jpg

▼ジャンクションピークから見上げた北稜の岩稜。右側は北西稜 
IMG_7175 (1)

▼花粉で息ができないほどのハイマツ漕ぎ。途中のシャクナゲにホッと癒されます
37037689_1118013228336771_4624225351541719040_o.jpg

▼ひょっこり顔を出したいつも見慣れている富士山
37290311_1537693546334928_2952753968339484672_o.jpg

▼眼下には小さくなった行者小屋
37298463_1537693483001601_4552253605310103552_o.jpg

▼第1岩稜に到着。ハーネスを装着し、ロープを出します。
37365374_1537693616334921_7142267147069161472_o.jpg

▼リードがロープを伸ばしていきます。
37252273_1118013011670126_896321376451821568_o.jpg

▼ナイフリッジでお決まりのポーズ!
37298466_1537693863001563_3495346360893308928_o.jpg

▼ナイフリッジを越えると山頂まで再びハイマツ漕ぎ。そして一般道に合流。みんなでせーので登頂しました!
37228669_1118012815003479_3227392349252354048_o.jpg

山頂で景色を楽しんだら、F澤ファミリーの待つ行者小屋へ急いで下ります。

今回の北稜は、
久しぶりに四つん這いになって登った急登とハイマツ漕ぎの印象が強く残り、
岩稜部分についてはガバ祭りで、落石注意のナイフリッジを除くと予想通りあっけなく終わりました。
2日とも天候に恵まれ、日差しが暑く、アブの攻撃をかわすこととが大変でした。

今年の夏は暑すぎですね。いつもとは少し違い、爽やかさが今ひとつの山の風だったような気がしました。


今年の冬は雪が多く積もるのでしょうか?これから楽しみです。

by H
タグ :

大井川ボルダー ・ 隆泉橋エリア

 2018-07-16
☆7月16日、大井川隆泉橋エリアにあるボルダー登ってきました。
 山旅とボルダリングで紹介しています。★山旅とボルダリング

▼先日の雨の影響で大井川は増水していましたが、右岸のボルダーは登れそうです。
20180716-1.jpg

▼隆泉橋右岸ボルダー。
20180716-3.jpg

▼時刻は6時過ぎで気温は23度。
20180716-6.jpg

▼湿度が高くて登る度に汗が噴き出してきます。
20180716-4.jpg

▼久しぶりのボルダリングですがホールドはガバでスタンスもでかくて優しい課題ですが気持ちがいいね♪
20180716-5.jpg

▼下流に移動しながらボルダー登ります。うす被りですがこのボルダーも初級課題。
20180716-7.jpg

▼カンテ、フェース共にガバホールドが嬉しいボルダー。
20180716-10.jpg

▼ライト、センター、レフト課題。最後に登りましたが物足りなさはありますが、クライミングから離れている現状ではレベル的に丁度いいエリアでした。 南アルプス赤石温泉白樺荘が近くにあるのでボルダリングと温泉でのんびりするにはいいですね。
20180716-12.jpg

▼隆泉橋エリアを8時前に切り上げて、今日は9時から南アルプスの山開きの準備があるので畑薙第一ダムに向かいます。静岡市岳連から15名参加。静岡踏岳会からはU野先生、I部2名参加しました。
20180716-13.jpg

▼今年の登山者の無事故と、これまでの遭難者の冥福を祈ります。残念ですが今季はすでに2名の登山者が行方不明です。
20180716-15.jpg

▼地元井川小中学校の児童生徒10人のアルペンホルンの演奏。夏山シーズンの到来です。
20180716-17.jpg

☆久しぶりのボルダリングでしたが、大井川ボルダー・隆泉橋エリアはリハビリクライミングに良かったです。左岸上流には上級者向けのボルダーもあるのでレベルに合わせて登れます。

(isobe)
タグ :

7月 月例会報告

 2018-07-16
7月月例会報告
遅くなりましたが、7月11日に開催された月例会報告をアップします。

会員の山行情報が、Web上の踏岳会共有カレンダーで見ることができるようになっています。
会員の皆さんからは、登山計画書の添付が定着してきました。
なお、登山計画書には「下山報告予定時刻」の記載を忘れずに!
下山報告を受けた山行は「下山」印がバッチリ共有カレンダーに記載されていますので、会員間での情報交換にご活用ください。

※ 登山届受付当番(踏岳会内の登山届提出先)
 6月〜7月 Y本さん
 8月〜9月 F田さん

当番のメアドなどは総会資料を御覧ください。ご不明な点は、事務局まで。

[活動報告]
6/16−17 聖平(聖平小屋手伝い)
6/17 乾徳山(6月会山行)、富士山
6/19 富士山
7/3 白神山地
7/9 霧ヶ峰

[活動予定]
7/13-16 剣岳源次郎尾根
7/14-15 阿弥陀岳北稜(7月会山行)
7/14-16 聖平
7/15-16 燕岳、八ヶ岳中山尾根
7/16-17 燧ヶ岳〜妙高
7/21-23 聖岳〜茶臼岳

8/4−7 水晶岳〜鷲羽岳〜双六岳
8/25-26 廻り目平キャンプ(8月会山行)
8/26 谷川岳一ノ倉

9/2 北岳バットレス

「80周年記念誌」原稿の提出を!!

次回月例会は、8月8日(水)19:00~きてこ 303活動室で行います。
タグ :

礼文島へ

 2018-07-07
☆7月になりました。 静岡踏岳会ブログがアップされないのでアップします。
 来月8月に北海道に行きます。目的は礼文島です。礼文島は2015年9月、2016年7月、2017年6月と最近毎年訪れています。
 8月に行く北海道は、私が20歳代の時の北海道バイクツーリングを含めて初めてです。

▼2015年9月、スコトン岬でサンセットボルダリング。
20180707-8.jpg

▼2015年9月、礼文滝でボルダリング。
20180707-7.jpg

▼2016年7月、礼文島知床ボルダー。
20180707-10.jpg

▼2016年7月、金田ノ岬ボルダー。
20180707-11.jpg

▼レブンキンバイソウ
20180707-2 (1)

▼日本とは思えない絶景の礼文島。
20180707-4.jpg

▼礼文滝のイブキトラノオ。
20180707-2 (2)

▼レブンウスユキソウ。
20180707-3.jpg

▼エゾカンゾウ。
20180707-5.jpg

▼ゴロタ岬から見る鮑古丹(あわびこたん)
20180707-13.jpg

▼20代の時に訪れた礼文島。人生の宝物です。
20180707-9.jpg

☆山とボルダリングから離れていますが、休日は家族とショッピング、食事をして一日が終わるのが当たり前になっています。
YouTubeの「北海道ツーリング」を見るのが日課になっていて、山よりバイクの思いが抑えられません。

購入予定のBMW「R 1200 GS Adventure 」 見積シミュレーションでは440万円。
20180707-15.jpg

▼車両本体価格は270万円ですが、メーカー・ディーラーオプションが高いですね。
 今の車の「アウトランダーPHEV」は500万円でしたので、家族を説得するのは大変ですか。
20180707-14.jpg

▼Youtubu 「pankuji130」さんからお借りした画像です。
 バイク・キャンプツーリングで北海道、楽しみですね♪♭
20180707-16.jpg

☆毎年お盆休みで北海道は、新潟発の新日本海フェリー、大洗発の商船三井フェリー、仙台発の太平洋フェリーとチケット争奪戦で予約が取れませんでしたが、今年は一週間前の8月4日から北海道行ってきます。

今回の北海道の大雨で、登る予定の山のアプローチの林道が五ヵ所崩れて通行止め。観光地なども被害が出ているようです。2016年は台風が三個も上陸して甚大な被害にあいました。

 無理して山は登らないで、礼文島で1週間ボケーっとして過ごして、後は天気次第でノープランです。
 夏の一番混雑する北海道で、ホッカイダーと語り合い数年後バイクで訪れる北海道を楽しみたいと思います。

(isobe)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫