FC2ブログ

ボルダリングスクール ・ 富士川ボルダー

 2017-11-21
☆11月19日(日)今年の静岡市山岳連盟主催の新規事業ボルダリングスクール開催しました。
  場所は富士川ボルダー・富士宮蓬莱橋下流エリア
  講師は静岡県内はもちろんですが、大阪、和歌山などボルダリングエリアを開拓しているU氏。

 参加メンバーは、静岡踏岳会からM浦さん、初心者のM谷さん、クライミング歴2年F田さん、
 今年のクライミングスクール卒業生のO野君、Y本さんファミリー、F澤さんファミリー、開催者I部の10名。
 他にボルダリング仲間K池さんでした。

◆2014年6月に行われた「富士川Deボルダー」以来で踏岳会のイベントになりました。
 月例山行 富士川Deボルダーへ 2014年6月踏岳会ブログへ

▼快晴の天気ですが風があり寒かったです。
20171116-18.jpg

▼富士宮側 蓬莱橋下流初級者ボルダーエリアのビギナーボルダーでノーハンド課題登ります。
20171119-2.jpg

▼最年少参加者のO野君、軽くノーハンドで登ります。
20171119-1.jpg

▼Y本さんも慣れていてバランス感覚はいいです。
20171119-6.jpg

▼初心者のM谷さん。ノーハンドは厳しいですが、ワンハンドでクリアーしました。
20171119-5.jpg

▼Y本さんジュニア。体が小さいので課題が豊富でした。
20171119-10.jpg

▼大人では窮屈で課題にならないのですがSDで。
20171119-11.jpg

▼まだ小学生。柔軟性があります、羨ましいですね。
20171119-12.jpg

▼トップアウトすると気持ちがいいね♪ 笑顔がいいです♭
20171119-15.jpg

▼初級課題のスラブのマントリング課題。
20171119-19.jpg

▼ポケットを使って登ります。ファミリーで参加のF澤さん。
20171119-18.jpg

▼F澤A子さんとジュニア。まずは岩に触れてもらいます。10年後デビュー??
20171119-20.jpg

▼富士宮側下流末端壁を登るF田さん。
20171119-24.jpg

▼2015年のクライミングスクールからクライミングを初めました。M谷さんと同じバックカントリーがメインです。
 毎週の北部体育館のノースで登っているので成長が著しいです。
20171119-23.jpg

▼O野君。マシンガントライしてもパンプしない回復力は若さですか、、羨ましいです。
20171119-25.jpg

▼F澤さん。課題メインストリート登りました。ホールドが分かってしまえばやさしいですが、
 高さがあるので登り応えがある課題です。
20171119-30.jpg

▼M谷さん。楽しんでもらいましたか。これからバックカントリースキーのシーズンですね。
 毎年北海道に何回も行くので話が盛り上がります。北海道 いいね♪♭
20171119-27.jpg

▼踏岳会の大先輩のM浦さん。参加していただいてありがとうございました!
20171119-28.jpg

▼今日は9時から16時までみなさんお疲れ様でした。
20171119-29.jpg

☆市岳連主催のボルダリングスクールですが、
 静岡市山岳連盟の他の山岳会からの参加者はいなくて静岡踏岳会のイベントに変更しました。

 朝方は風があり寒かったですが、午後からは過ごしやすくボルダリング日和でした。
 昼食は蓬莱橋たもとにある浦田商店で「富士宮焼きそば」美味しかったですね。
 富士川ボルダーの富士宮側は日辺りが良くてこれからシーズンです。

(報告者isobe)

 
タグ :

11月 月例会

 2017-11-15
11月 月例会報告

活動報告 10/12みどりの道パトロール(扇の要~山伏) 10/21阿夫利神社~大山 10/26北横岳
       10/26大谷嶺 10/27-29熊野古道(継桜王子~本宮大社) 10/18南アルプスマウンテンマラソン
       10/27北海道旭岳 10/31-11/1雲取山 11/2三瀬明神岳 11/3みどりの道パトロール(真富士山)
       11/5踏岳会創立80周年記念山行(三つ峠) 11/6みどりの道パトロール(高野~一本杉)
       
活動予定 11/12 万次郎万三郎~八丁池
       11/19ボルダリングスクールin富士川 水辺の学校9:00集合

次回月例会は、12月13日(水)19:00~ きてこ 303集会室で行います。
山岳保険の更新手続きを行いますので、よろしくお願いいたします。
タグ :

80周年記念山行 三つ峠山 豚汁歩荷隊

 2017-11-06
静岡踏岳会の創立80周年記念山行として、山梨県の三つ峠山に登ってきました。

当日に参加できなかった会長と長老には、古稀のお祝いで作ったお面で参加していただきました。
2017.11.5三つ峠山編集
クライミングコースメンバー天狗の踊り場到着
2017.11.5三つ峠山岩場編集

豚汁歩荷メンバー
IMG_1448.jpg
災害用 豚汁セットを通販で購入
缶詰の豚汁、缶切り、お玉、カップ(蓋付)、割り箸が入っていたので、ガスコンロとお鍋も用意します。
IMG_1450.jpg
今回の担当責任者のお二人
IMG_1452.jpg
10月の週末荒天続きから打って変わって快晴に恵まれ、時間差でメンバーがたどり着くのは楽しい山行でした。
計画を立ててくださった担当者のお二人、おつかれさまでした!
杉山報告
タグ :

80周年記念山行 ・ 三ツ峠 達磨石コース

 2017-11-05
☆11月5日、静岡踏岳会80周年記念山行。表口登山道(達磨石方面)~三ツ峠山報告します。

 ハイキング組ではメインになると思っていた達磨石コースですが、
 参加者は静岡踏岳会の大ベテランの先輩方三名とバックカントリーがメインで毎年何回か北海道に行くM谷さん。
 達磨石の名に惹かれてボルダリング下見を兼ねて参加の報告者 i部の計5名でした。(平均年齢63歳です)

▼憩いの森公園から三つ峠。
 個人的ですが、クライミング以外で三ツ峠登るのは初めてです。 もう22年前から登っていますが、
 近年は静岡市岳連のクライミングスクールで登っています。
20171105-2.jpg

▼紅葉は綺麗でした♪
20171105-3.jpg

▼達磨石。 あまりにも小粒で拍子抜けしました。 形がだるまですね!
20171105-5.jpg

▼赤松が多い登山道。富士山が綺麗に望めるポイントが多くていいね♪
20171105-7.jpg

▼途中にはベンチも適度にあってのんびりとハイキングするのにはいいです。
 小さい子供連れの家族やハイカーが多く登っていました。
20171105-8.jpg

▼このコースのハイライト、 八十八大師 に到着。
20171105-9.jpg

▼八十八体が確認され、仏像の顔がすべて異なった石地蔵。
20171105-11.jpg

▼ロッククライミングのメッカ三ツ峠。
 中央カンテ、地蔵ルート、観音ルート、草溝ルート、巨人ルート、鶴亀ルートなど懐かしい。
 雨の中や冬の時期にアブミで登った記憶がよみがえります。
 正直に言うと三ツ峠のゲレンデで練習していた頃は、一度も楽しいと思った事はありませんでした。
20171105-12.jpg

▼南アルプスの展望も素晴らしい!
20171105-14.jpg

▼三ツ峠山頂から富士山。
 富士宮市在住ですが、山梨県側から見る富士山が好きです。
20171105-17.jpg

▼会のメンバーと飲むサッポロクラシックは最高に美味しかったです!
2017110608192700.jpg

☆三ツ峠は岩場以外にもハイキングコースで有名なんですね。
 南アルプス、奥秩父など雄大なロケーションは素晴らしい!
 ビールに日本酒、豚汁は最高でした!

(報告者 isobe)
タグ :

晩秋の丘と十勝岳連峰

 2017-11-02
☆10月28日(土)、北海道内の晴天は今日まで、明日29日から天気は崩れます。
  何度訪れても新鮮な美瑛の丘を楽しみました。

▼青い池。極彩色モードで撮りました。
20171028-3.jpg

▼美瑛岳。
20171028-2.jpg

▼今の時期は訪れる観光客は多くなかったです。
20171028-6.jpg

▼望岳台から十勝岳と美瑛岳。
20171028-7.jpg

▼富良野岳。
20171028-9.jpg

▼白ひげの滝。ブルーリバーの源です。右から美瑛岳・美瑛富士・べベツ岳・オプタテシケ山。
20171028-13.jpg

▼新栄の丘から十勝岳連峰。
20171028-15.jpg

▼美瑛の丘を有名にした前田真三氏が撮った場所ですがもう40年以上経つのですね。
20171028-1.jpg


20171028-17.jpg

▼オプタテシケ山。
20171028-18.jpg

▼旭岳。
20171028-14.jpg


20171028-19.jpg

▼芦別岳。
20171028-20.jpg


20171028-21.jpg

▼セブンスターの木から旭岳。
20171028-25.jpg

▼ケンとメリーの木と旭岳。
20171028-26.jpg

▼クリスマスツリーの木。これから雪が積もって行くと映えますね。
20171028-28.jpg

▼美瑛に来たら車中泊する「北西の丘展望台」から旭岳。
20171028-29.jpg

▼夏のシーズンでは大勢の観光客や旅人の「ホッカイダー」がいましたが、
 彼らはどこに行ってしまったのでしょうか。 静かな美瑛の丘はどこか淋しそうでした。
20171028-30.jpg

☆2017年北海道山とボルダリング晩秋。
 最近は観光が主な目的に変わって来ました。のんびりモードで旅をするスタイルになっています。
 年齢を重ねるごとに山に対する気持ちの変化に自分自身驚いています。

(isobe)
タグ :

大雪山 ・ 旭岳

 2017-11-01
☆10月27日、大雪山・旭岳 登りました。
   旭岳は今年1月に登って以来5回目です。

・大雪山・旭岳 静岡踏岳会ブログ  ★冬の大雪山・旭岳

 旭岳は、私の地元富士山に似ています。
 富士山は日本の最高峰の山ですが、車で新五合目まで行けてお気楽に登れる山です。
 
 大雪山・旭岳も旭岳ロープウェイで労せず標高1600mへ。
 姿見駅から北海道最高峰旭岳まで天気が良ければ快適に登れます。

▼10月23日に台風21号の影響で大雪になった旭岳ですが、雪が融けて意外と積雪量は少ないです。
 朝一便9時からのロープウェイは登山者は私を含めて3名でした。
20171027-10.jpg

▼雪に覆われた姿見の池から旭岳。
 今年1月の厳冬期に登った時は、冬の旭岳を舐めていて、つぼ足で登りました。
 ラッセル地獄で苦労しました。当時の事を思い出しながら登りました。
20171027-11.jpg

▼ニセ金庫岩。ここから旭岳山頂まで直ぐです。ここまでアイゼンなしで登って来ました。
 山頂までは若干傾斜があり雪も締まっていたのでアイゼンを装着。
20171027-1.jpg

▼金庫岩。稜線は風が強くて積もった雪も吹き飛ばされています。
20171027-5.jpg

▼旭岳山頂! 27日、北海道内は穏やかな晴天ですが、旭岳は強風で寒かった。
 冬用のアンダー上下、グローブも厳冬期用です。
20171027-4.jpg

▼山頂から十勝岳連峰方面。7月に登ったオプタテシケ山、富良野岳など登った山の展望は最高です!
20171027-13.jpg

▼トムラウシ山。
20171027-14.jpg

▼東大雪の山々。ニペソツ山や石狩岳など北海道の名峰の眺めは素晴らしい!
20171027-16.jpg

▼写真中央に今年登った芦別岳。芦別岳の左には花の名山夕張岳。
 個人的に日本百名山は残り16座。今現在では終わっている予定でしたが
、最近は北海道の山を登っているので、百名山は定年後の楽しみにしておこう♪
20171027-17.jpg

▼12時半に下りて来て、その後望岳台ボルダーに行きましたが、道が冬季閉鎖でNGでした。
 紅葉と積雪の山。今の時期にしか見られない風景に大満足です。
20171027-19.jpg

☆ 27日の旭岳登山者は13名でした。稜線は強風が吹き荒れていましたが、快晴の雪山登山でした。
  気軽に登れる旭岳ですが、天候が悪い時や視界不良の時は充分な注意が必要です。

  冬の富士山同様に、天候判断が左右されるので、山をなめてはいけませんね。

(isobe)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫