礼文滝ボルダリング

 2015-09-30
☆22日、岬めぐりコース歩いて浜中の車をデポした駐車場に戻りました。
 移動して礼文林道コースから礼文滝歩きました。

▼青い空と礼文滝。
IMG_3610.jpg

▼香深井側入口に車を置いて歩きます。
 コースは礼文林道から礼文滝分岐を経て礼文滝に行くコース。
IMG_3559_2015093014001785c.jpg

▼未舗装の林道を歩いて行きます。日差しは夏のようですが吹く風は爽やかで歩いていて気持ちがいい。
IMG_3574.jpg

▼林道コースは何と言っても人気は「レブンウスユキソウ」の群生地。
 花の時期は終わっているのでお花は楽しめませんが、シーズンは人が多いでしょう。
IMG_3678.jpg

▼丘陵越しに利尻富士が勇壮な姿で迎えてくれます。
IMG_3679_20150930140955f06.jpg

▼礼文滝分岐を過ぎて海に向かって下りて行きます。
IMG_3580_20150930141451b16.jpg


IMG_3586_20150930141621ce6.jpg

▼海が近くなりました。海岸は直ぐです。
IMG_3590_20150930141753300.jpg

▼礼文滝。山やとしては滝には目が肥えていますが、最果ての礼文島の唯一の滝は別物です。
IMG_3604_20150930142246a34.jpg

▼元地方面を望む。
 以前は海岸線を歩いて地蔵岩まで行けたのですが、落石等危険なため今現在は通行禁止です。
IMG_3592.jpg

▼海岸沿いをボルダー探ししましたがボルダーはありませんでした。
 山側の岩で何とか課題なりそうな所を登ってみました。
IMG_3614_20150930142750102.jpg

▼礼文滝ボルダー・SD正面フェース。グレードは簡単。      *課題名は私称です、、
IMG_3624.jpg

▼手足限定、、、ガバなので気持ちがいい。
IMG_3632.jpg

▼2013年4月に利尻島で無理やりボルダリングしましたが、利尻・礼文島でボルダリングは自己満足の世界です。
利尻島ボルダリング静岡踏岳会ブログ
IMG_3643.jpg

▼礼文滝ボルダー・SDカンテ。
IMG_3649.jpg

▼まさか礼文滝でボルダリングできるとは思っていなかったので、ボルダリング・コーデが今一ですが、
 誰も居ない大自然の中のボルダリングは気持ちがよかったです!!
IMG_3653.jpg

▼礼文滝でボルダリング。マットがないので高さがある課題はできませんでしたが楽しみました!
IMG_3668.jpg

▼礼文島の新名所。映画「北のカナリアたち」ロケ地の小学校分校から利尻富士。
2015_201509301457146a8.jpg

☆昨日まで悪天候で計画通り行きませんでしたが、22日は岬めぐりコース・林道、礼文滝コース歩きました。
 礼文滝ではボルダリングも楽しめました。一気に遅れていた計画が解消されました。

 明日の23日は、桃岩展望台コース予定しています。

(isobe) 

 
タグ :

礼文島 ・ 岬めぐりコース

 2015-09-29
☆9月22日、「岬めぐりコース」歩きました。最北端のスコトン岬をスタートし、右手に海を見ながら、
 ゴロタ岬をまわって西上泊(澄海岬)に至り、内陸の車道を歩いて浜中バス停までのコース。

▼実質ゴールの澄海岬
IMG_3549.jpg

▼昨日は、礼文岳登りましたが登山道はぬかるんでドロドロでした。
 ぬかるみに足を取られてコケてしまい衣類は泥まみれで洗濯が必要になり、
 礼文島内にはコインランドリーがないため、急遽九種湖畔キャンプ場に泊まることにしました。

 22日の九種湖からの日の出です。
IMG_3358_20150929132735e00.jpg

▼車で浜中から1kmにある駐車場に車をデポして、浜中バス停からスコトン岬へ。
 バスはほぼ満席でした。スタート地点のスコトン岬から歩きます。
IMG_3367.jpg

▼礼文島の最北端、海に突き出た展望台からは、トド島が眺望できます。
 礼文島はシルバーウィークで観光客で混雑していてスコトン岬も大型観光バスがひっきりなしに来ていました。
IMG_3368_20150929133348324.jpg

▼多くの人達が出発した後にスコトン岬の先端の岩場を確認。
 スコトン岬でボルダリングできることを確認後、のんびりと歩き出します。
IMG_3375.jpg

▼昨日までの荒れた天候が嘘のような天気です!
IMG_3393.jpg

▼スコトン岬方面。振り返っても素晴らしい景色で足取りも軽いです。
IMG_3397.jpg

▼9月のお花も多く咲いていました。エゾカワラナデシコ。
IMG_3400.jpg

▼言葉はいらない展望のよいコースです。
IMG_3403.jpg


IMG_3405.jpg


IMG_3407_20150929134923ce9.jpg

▼トド島展望台から 船泊湾の眺めがいいね♪♭
IMG_3419.jpg

▼振り返りながら、のんびりと礼文島ならではのトレッキング楽しみます。
IMG_3424.jpg

▼鮑古丹(あわびこたん) これからゴロタ岬への登りに入ります。
IMG_3427_2015092914023726e.jpg

▼ゴロタ岬までは展望のよい登りが続きます。
IMG_3435_20150929140439a0f.jpg


IMG_3444.jpg

▼前も見ても、海を眺めても、振り返ってみても言葉にできない景観に感動します!
IMG_3446.jpg

▼ゴロタ岬。
IMG_3452.jpg

▼ゴロタ岬から、澄海岬。
IMG_3468.jpg

▼ゴロタ岬から歩いて来たスコトン岬。
IMG_3457.jpg

▼ゴロタ岬を後に下りに入ります。
IMG_3451.jpg

▼長い階段を下りると、穴あき貝で有名なゴロタ浜。
IMG_3480.jpg

▼ザックの中にはクライミングシューズ・チョークバックが入っていますが、
 ゴロタ浜にはボルダーはありませんでした。残念、、、
IMG_3473.jpg

▼穴あき貝は、
 ツメタガイという巻き貝が、二枚貝を襲って、穴をあけて食べた跡で波打ち際に数多く落ちています。
 ボルダーは興味はありますが、穴あき貝は興味がなく写真は撮りませんでした。今思うと残念です。
IMG_3491.jpg

▼海岸を歩き鉄府へ。鉄府からは澄海岬展望台への登りになります。
IMG_3509.jpg

▼澄海岬に近づいてきて名残惜しみながら振り返ります。
IMG_3514.jpg

▼澄海岬。
IMG_3535_2015092914324837d.jpg

▼歩いて来たスコトン岬方面を眺望します! ボルダーはありませんね!
IMG_3548_20150929143453c43.jpg

▼展望台からは海の色は透き通り青くて、日本ではないような感覚にとらわれます。
IMG_3537.jpg

☆「岬めぐりコース」は「4時間コース」と呼ばれてきましたが、
 2013年から礼文島観光協会が名称を「岬めぐりコース」と改称したそうです。
 名称が変わっても礼文島トレッキングコースの代表格だと思います。
 
 8時間コースは、桃岩荘Y・Hの「愛とロマンの8時間コース」と呼ばれ、若者の北海道旅行の定番でしたが、
 危険個所の通行止めなどコースが大きく変わっていました。
 今回は歩きませんでしたが、昔を懐かしみながら次回は歩きたいと思います。

(isobe)
タグ :

礼文島 ・ 礼文岳

 2015-09-28
☆9月19日北海道上陸。
 19日は増毛町雄冬 岩石公園内でボルダリングをして稚内に向かいます。今日礼文島入りする予定です。

 日本海側の道路は所々工事で通行規制があり、焦りました。
 稚内発15時30分は最終フェリーで、乗り遅れると20日の礼文島行きは満車で乗れないので21日以降になってしまいます。 

▼7時に増毛町雄冬 岩石公園の入口ゲートに着きましたが、展望台へのゲートが開くのが朝9時からで、
 公園内のボルダーで2時間ほど予定していましたが、稚内からのフェリーに間に合わないので断念しました。
IMG_3132.jpg

▼稚内発~香深港行きフェリー。
 26年前は、香深港の他に船泊行きがありましたが、今では香深港のみ。当時は
 稚内から3時間50分掛かっていましたが、高速船に変ってから1時間55分で行けます。船上から利尻島。
IMG_3169.jpg

▼20日は道北地区のみ天気が悪くて礼文島も1日雨。
 礼文島は東側にしか道路がないので車で行ける所を回りました。

 最北端のスコトン岬。スコトン岬の先には岩がありボルダリングが出来そうですが、観光客が多すぎますね。
IMG_3213.jpg

▼澄海岬。岬めぐりコース(旧名、4時間コース)の実質ゴール地点。
 曇り空で海の色もイマイチです。
IMG_3199.jpg

▼途中、海岸に降りてボルダーを探しますが、対象になりません。残念!
IMG_3215.jpg

▼礼文島の南側移動。桃岩展望台から桃岩。遠くに猫岩が見えます。
IMG_3226_201509281515098fd.jpg

▼青春の思い出、「桃岩荘ユースホステル」今も変わらなくて昭和から時代が止まったままでした。
IMG_3235.jpg

▼桃台猫台から元地。
IMG_3233_20150928152030083.jpg

▼元地海岸から「地蔵岩」メノウが拾えるためメノウ海岸ともいいます。
IMG_3238.jpg

▼21日、夜半から大雨。不安定な天気で激しい雷雨。大雨警報も発令されて午前中は停滞。
 礼文島に入って3日目ですが、天気は仕方ありません。
 雨雲レーダーを確認すると12時過ぎから雲が切れます。急いで礼文岳登山口の内路へ。
IMG_3278.jpg

▼支度をしていたら、大阪から来た団体グループ16名が登って行きました。
 大雨後で登山道がぬかるんでいるので、先に行ってもらい私はのんびり出発します。
IMG_3281.jpg

▼内路漁港。天気は急速に回復して行き、山頂からの展望が楽しみです。
IMG_3285.jpg

▼登山道は単調でひたすら登ります。見通しのきかない区間が多く登山道もぬかるんで歩きにくい。
 山はなかなか雲が取れず展望もありません。一瞬雲が切れてスコトン岬方面が見えました。
IMG_3305_20150928153532d50.jpg

▼ピークだと思って着いたらニセピークでした。ニセピークからの山頂(以前登っているので知っていましたが)
IMG_3300.jpg

▼礼文岳山頂。26年振りです。
IMG_3313.jpg

☆礼文島は南北に長いなだらかな島です。小さな島ですがその景観は壮観です。
  22日は、名前が変わって「岬めぐりコース」歩きます。 明日以降は天気がいいのでトレッキング楽しみです♪

(isobe)
タグ :

北海道 ・ 山とボルダリング2015 秋

 2015-09-27
☆北海道に行って来ました。(道内19日~26日)
  今年は、GWの春。7月の夏に続き、北海道秋。滞在中は地元富士宮より暑かったです。

▼19日、稚内からの最終フェリーで礼文島入り。車中泊した香深井駐車公園から。
IMG_3178.jpg

▼20日、一日不安定な天気で雨。停滞でした。夕方の虹と利尻山。(利尻山は雲で見えません)
IMG_3259_201509271359133e5.jpg

▼21日、激しい雷雨。大雨警報発令でお昼まで大荒れでした。雨がやんだ後礼文岳登りました。
IMG_3311.jpg

▼22日、岬めぐりコース。澄海岬(すかい岬)の澄んだ青い海。
2015-09-22.jpg

▼22日、礼文林道コースからの利尻山。
IMG_3679.jpg

▼22日、礼文滝コースから、礼文滝。礼文滝ではボルダリングしました。
IMG_3607.jpg

▼23日、桃岩展望台コース。お花畑と「元地」方面。  
IMG_3869.jpg

▼23日、桃岩展望台コース。まさかの出会い。「レブンウスユキソウ」
IMG_3904.jpg

▼24日、日本一早い紅葉。 「カムイミンタラ」
IMG_4024.jpg

▼25日、望岳台ボルダー、望岳橋エリア。
IMG_4274.jpg

☆北海道の礼文島は26年前バイクツーリングで訪れた以来です。
  「花の浮島」とよばれて、日本離れした景観に圧倒されます。北海道では、美瑛と礼文島が好きです。
 
 19日 小樽港~稚内フェリー~礼文島香深港    (香深井駐車公園泊)
 20日 スコトン岬、澄海岬、桃岩・猫岩、地蔵岩   (香深井駐車公園泊)
 21日 礼文岳                       (九種湖畔キャンプ場泊)
 22日 4時間コース、林道・礼文滝コース       (香深井駐車公園泊)
 23日 桃岩展望台コース   香深港~稚内港   (稚内道の駅泊)
 24日 大雪山・旭岳                    (美瑛・北西の丘展望公園泊)
 25日 富良野・美瑛  望岳台ボルダー        (美瑛・北西の丘展望公園泊)
 26日 美瑛~小樽フェリー乗り場

(isobe)
タグ :

クライミングスクール卒業祝い!北岳バットレス(9/12・13)

 2015-09-25
報告がおそくなりましたが、
9月12・13日にNゾーさん、Mシー、Tジ、Hシの4名で北岳バットレス(4尾根)に挑戦しました。

静岡市山岳連盟主催のクライミングスクール卒業生のうち、昨年(Tジ)と今年(Hシ)卒業した2名はバットレス初挑戦で、先輩クライマーに迷惑掛けっぱなしで苦いデビューとなりました。

まず、芦安の駐車場でTジくんが、「クライミングシューズが片足ない!?」
あきらめてアプローチシューズで登ることに、、、。

始発バスを見送り、運良くすぐ次のバスに乗れましたが、大樺沢を登り、二俣を越えて、下部岩壁に取り付いたときには、先行パーティーが落とした大規模な落石にあい、危ういところでした。

広河原1
広河原からスタート

アプローチ
IMG_4329_201509251648357fe.jpg
アプローチもキツー!


取付き
まずは、先輩が手本を、、、。

登り
IMG_4333_20150925164815994.jpg
高度感抜群!

トラバース
トラバース2
おっかねートラバース。落石を落とさないように注意注意。


IMG_4332_20150925164817798.jpg
IMG_4334.jpg
IMG_4335_20150925164812bc7.jpg
ガスも出てきて、だんだん暗くなってきた、、、。


IMG_4337.jpg
IMG_4336.jpg
IMG_4300_20150925170716fdc.jpg
北岳山頂で4人はがっちり握手!
他のパーティーとの一体感も生まれ、この時は写真撮影のために、ヘッドランプで照らしてもらっています!


IMG_4339.jpg
翌朝このころ、私たちはまだテントの中で泥のように眠ってました。

藤ヶ谷ファミリー
先発隊と無事翌朝合流して、いっしょに下山となりました。

星空の下のヘッドランプでの登攀も経験でき、バットレスは一生の記憶に残るルートとなりました!
みんな、ありがとう〜!
報告(Hシ)
タグ :

シルバーウイーク後半 新規会員と初秋の白馬岳ピークハント(9/19・20)

 2015-09-25
シルバーウイークに会員の多くが北アルプスや南アルプスに入りました。

また、9月19・20の両日に、市岳連のメンバー15名(うち踏岳会からは1名)が赤石岳で遭難者の捜索にあたりました。

椹島〜赤石小屋周辺を中心に捜索しましたが、残念ながら発見には至りませんでした。

シルバーウイークが好天に恵まれた影響もあってか、駐車場&送迎バスの異常な混雑によって、椹島からの登山開始が午後からとなるなど、一歩間違えば遭難の恐れもあり、疲労の激しい登山者2名を介助しながら下山させる場面もありました。


9月22・23日は好天に恵まれ、クライミングスクール卒業生から、当会に新規入会した1名と職場の友人の3名で、栂池自然園〜白馬大池(テント泊)〜白馬岳〜白馬大雪渓〜猿倉と回ってきました。

白馬大池では、恒例のすき焼きパーティーでお腹いっぱい食べて、満点の星空を楽しみました。

IMGP0380.jpg
天狗原

白馬大池
白馬大池

IMGP0400.jpg
快適なテントサイト

翌日、稜線では日本海の水平線、薄っすらと佐渡ヶ島、立山・劔岳、槍・穂高、黒姫・妙高・戸隠連山、そして富士山と、白馬岳まで大パノラマを楽しむことが出来、大雪渓では落石の洗礼を受けながらの下山となりました。
縦走路2縦走路
縦走路

槍と鹿島槍
鹿島槍と槍ヶ岳

IMGP0428.jpg
目指す白馬岳(右)と杓子岳

IMGP0437.jpg
劔岳をバックに白馬岳山頂にて

IMGP0444.jpg
劔岳を眺めながら下山開始

ヘルメット
ヘルメット祭り!

大雪渓
山に向かって左の谷からの落石に注意しながらの下山でした〜。

到着
白馬尻で予約したタクシーに時間通りに猿倉到着〜。
報告者(ひがし)
タグ :

9月 月例会

 2015-09-10
9月月例会報告

活動報告 8/14-16笊ヶ岳捜索 8/15-16茶臼岳~光岳 8/15鷲頭山クライミング 8/16烏帽子山クライミング
       8/16笹山 8/23三つ峠クライミングスクール 8/24河津七滝キャニオニング 8/24河津七滝キャニ
       9/5-6小川山クライミングスクール卒業キャンプ

活動予定 月例山行
       9月12日~13日北岳(バットレス4尾根・縦走)
 
       9月20日~22日赤石岳
       9月22日~23日白馬大池~白馬岳
       10月3日~4日小川山ウエルカムキャンプ
       9月19日~27日北海道・山とボルダリング2015 秋 ・礼文島トレッキング 北海道駒ヶ岳 大雪山
      
       みどりの道パトロール10月18日(日)
       扇の要~山伏 日影沢金山跡 俵峰~薬師岳~穂積神社~一本杉
       賎機消防署向い道の駅にAM6:30集合

お知らせ 今年のクライミングスクールの卒業者が、3名入会しました。
     
       9月26日(土)増本亮 氏 山岳講演会 あざれあ501 18:30~20:00
       9月27日(日)増本亮 氏 実技講習会

次回月例会は、10月14日(水)来てこ 19:00~ 303活動室で行います。
      
タグ :

アルパインクライミングスクール・卒業クライミング小川山

 2015-09-07
☆9月5、6日でアルパインクライミングスクール・小川山卒業クライミング&キャンプが行われました。
静岡踏岳会からは講師のoyaji君、指導者とサポーター6名と講習生1名の合計8名が参加しました。

▼5日は天気です。前回の三ツ峠は小雨とガスの中の講習でしたが、今回は気持ちよくガマルート登れそうです。
IMG_3052.jpg

▼5日は講習生8名、講師、指導者、サポーター14名の計22名でした。
 ガマスラブは他にパーティーはいなくて独占でした。大パーティーなので助かりましたね。
 ガマルート1P目
IMG_3058.jpg

▼2P目。講習生達は花崗岩のスラブの洗礼をうけました。
IMG_3062_20150907084634aca.jpg

▼3P目。雲と青空と講師Oyaji君。
IMG_3071_20150907084831b69.jpg

▼3P目の核心を登る講習生M岡さん。
 2015年度の講習生は平均年齢が高かったので、同世代の私としては教えやすかったです。
IMG_3077.jpg

▼最終ピッチ。踏岳会のU田さんのシルエット(写真左)
IMG_3083_20150907085926665.jpg

▼終了式。講師のOyaji君の総評。
IMG_3091.jpg

☆10月は「秋の小川山 ウエルカムクライミング&キャンプ」が行われます。
  
  2016年もアルパインクライミングスクール行います。興味がある方は是非参加して下さい。

 報告者(isobe)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫