藁科川ボルダー ・ 冨厚里エリア

 2014-09-22
☆21日、藁科川ボルダー・冨厚里エリアに行って来ました。

▼季節は秋模様。鮎釣り人が似会う藁科川。
IMG_8502.jpg

▼冨厚里エリアの大岩。お勧め課題「うす被りフェース」は草と水が流れていてNG。スラブ課題登りました。
IMG_8489.jpg

▼ライト側の初級スラブでアップ。
IMG_8482_2014092200043863e.jpg


IMG_8485.jpg

▼本日のメイン課題。「鮎の塩焼き」中級課題。
IMG_8490.jpg

▼大岩のスラブ。真ん中を直上する課題。スラブ好きにはたまらない好課題。
 友人はアップ後のトライ1回目で難なく登りました。さすがです。
IMG_8491.jpg

▼私も数回のトライで。 核心は、中間部のカチホールドの立ち込みですが、上部の「ドスラブ」も高さがありビビります。
IMG_8499.jpg

▼登りきると気持ちがいいね!!
IMG_8500.jpg

▼大岩のスラブ面は、レフト側のカンテ課題。渇水期になればフェース課題登れます。
 静岡市街から近くお勧めです。
IMG_8503.jpg

☆藁科川ボルダーは冨厚里エリア、鍵穴エリア、日向エリア、湯ノ森ボルダーとあります。
 渇水期になるこれからがシーズンです。

(isobe)
 
タグ :

リハビリには湯治が一番!温泉天国八ヶ岳へ

 2014-09-22
ご心配をお掛けしております。
この夏に怪我をして、治療中ではありましたが、温泉で湯治もいいなとリハビリを兼ねて、急遽、9月19・20日で東天狗に登りました。

登山口について、登山靴と着替えを自宅に忘れたことに気がつくというハプニングありで先が思いやられます。
IMG_3176.jpg


みどり池に面した静かな「しらびそ小屋」
IMG_3179_20140922130240ed8.jpg
IMG_3181.jpg

第一の目的地「本沢温泉」に。今夜はここでテント泊(600円)
IMG_3187.jpg

念願の野天風呂へ(600円)
IMG_3197.jpg

なんと。温泉一人占めだ!
IMG_3209.jpg

翌朝、のんびり東天狗に。紅葉が少し始まっている。
IMG_3236.jpg

登山靴をわすれたので、戒めのために写真をパチリ。靴の先には北アルプスが、、、。
IMG_3241.jpg

今日の稜線歩きはここまで。最後に稲子湯でまた温泉が待っている〜。
IMG_3246.jpg

by jimukyoku




タグ :

剣岳へ。ソーメン滝&八ツ峰Ⅴ峰

 2014-09-17
9月13、14日で剣岳へ行ってきました。

今回はTさんのお誘いに甘えて、参加させていただきましたが、ここまで素敵な剣になるのは初めて剣の頂上にたったとき以来でした。

バイクで向かうこと8時間。やっと立山についたのが朝方でした。

ベンチで寝ているところをTさんにおこしてもらいます。

そして室堂よりソーメン滝へ。

青空に輝くしぶきが美しくてルンルンです。

Tさんたちが登っています。

1_201409171855530f8.jpg

秋の空にしぶきが光ってきらきらしています。モデルはTさんです。
2_201409171855523af.jpg

景色を楽しみながら、ゆっくりと登ります。滝でのパートナーのUさんも癒し系なので、本当に癒された時間でした。笑顔も素敵です♪

DSCF4397.jpg


みんなで記念撮影です。

癒されすぎてのんびりしていました。

6_201409171858177fc.jpg


その後は剣沢のテント場へ。

夕方に雨が降ってきました。わたしはいつもこのパターンです。

濡れた装備なんてってポイってして、とりあえず乾杯です!

もう、こうなったら、あとはどうでもいいですね。

飲んで話して盛り上がりました。

翌日はYさんに起こしてもらって3時に起床です。自分で起きる気はまったくなかったので感謝です。

雪渓を下って登って八峰Ⅴ峰へ。

3_201409171855557ee.jpg

このクラックをつないで登ります。

3人でそれぞれリードします。

まずはTさんリード。安定して、クラックにカムを決めながら登ります。フットジャムはばっちりキメテ綺麗な登りです。

4_20140917185602256.jpg

次はYさん。フィンガーがばっちりキキます。Tさんとわたしで、たっぷりと野次馬をさせていただきました。

笑いまくりのピッチでした。

もちろんYさんの登りはわたしのたちの野次馬に負けずに的確に安定したクライミングでした。

5_20140917185602742.jpg

最終Pはわたしが登らせていただきました。

似合わないと思っていた青いパンツが意外と青空とあっていて、気分は上々な1枚をTさんに撮っていただきました。

ありがとうございます!

7_20140917185823b8b.jpg

そして、終了点でYさんと。Tさんにとっていただきました。

Yさんのピースがカッコイイ!

8_2014091718582450f.jpg

下降は八峰縦走をの懸垂支点を使ってさくっとくだります。

下りきるとここで、翌日が仕事のわたしは離脱です。

TさんたちはⅥ峰をもう1本登るとのことでした。この天候だと登らないともったいないですよね!

後ろ髪をひかれながらお別れして室堂へ向かいます。

岩の殿堂で癒しを感じながら濃厚な2日間でした。

お誘いくださったTさん、ご一緒くださった方々、ありがとうございました!

(notake)
タグ :

黒潮ボルダー

 2014-09-17
☆13日、高知県の黒潮ボルダー訪れました。
 太平洋を望む豪快なボルダー群には圧倒されました。高知県の海岸の開放感は最高でした!!

▼一本の松がシンボルのボルダー。
IMG_8328.jpg

▼朝から小雨がパラつく天気ですが、気にせず登ります。「春野漁港カンテ」
IMG_8301.jpg

▼有名課題「松風」がある正面課題。私は指の怪我があり松風の左ライン登りました。
IMG_8306.jpg

▼このラインは最弱点を登るので、ホールドは皆ガバで快適でした。
IMG_8322.jpg

▼大山岬・冒涜の岩。課題のほとんどが段クラス。私のレベルではNG。
IMG_8409.jpg

▼静岡県の伊豆は日本ジオパークですが、室戸岬の室戸ジオパークは世界ジオパークです。
IMG_8416.jpg

▼室戸スカイライン沿いにもボルダーが点在しています。
 ボルダーと課題は無数。自分好みのボルダーを選べます。海岸のボルダーは開放感がいいね♪
IMG_8421.jpg

☆急に決まった、四国・山とボルダリング。
 時期が悪く、河原のボルダーは水量が多く海岸のボルダーは暑さが課題でした。シーズンは冬ですね。

 黒潮ボルダーは最高でした!開放感・ロケーションは太平洋に向かって叫びたくなりました。

(isobe)
タグ :

西之川ボルダー

 2014-09-16
☆12日、愛媛県の西之川ボルダー。西日本最高峰の石鎚山登りました。

▼「西之川ボルダー」は石鎚山ロープウェイ乗り場の駐車場から直ぐでアプローチはなし。
  ロープウェイ始発時間前に登りました。
IMG_8091.jpg

▼旅館下の大岩。フェイス課題。①
IMG_8098.jpg

▼旅館下の大岩。フェイス課題。②
IMG_8110.jpg

▼旅館下の大岩。フェイス課題。③
IMG_8115.jpg

▼ハング岩。
IMG_8120.jpg

▼ハング岩、SD課題。苦手課題ですが、ホールドがよく効いて快適に登れました。
IMG_8135.jpg

▼看板ボルダーの「アブアブ岩」は水量が多くてトライできず、、残念!
IMG_8153_20140916191438129.jpg

▼西之川ボルダーの代表ボルダー。一番大きいボルダーの「アケボノツツジ」の岩。
IMG_8157_20140916191717e2c.jpg

▼アケボノツツジ右が初段。左が2級ですが私にはラインが今一よくわかりませんでした。
 難なく抜けられたので、最弱点を登る「モミジ」だったのかな、、高さがありビビります。
IMG_8163.jpg

▼岩質は、結晶片岩・礫岩です。
 愛媛県西条市の西之川ボルダーも雰囲気は「早川ボルダー」でした。旅館が直ぐで橋もあり
 昨日の鳴滝ボルダーと同じで、懐かしい雰囲気はよかったです。
IMG_8186.jpg

▼石鎚山。定番写真の天狗岳。
IMG_8224.jpg

▼12日は平日の金曜日でしたが、多くの登山者で賑わっていました。  写真は天狗岳。
IMG_8230_2014091619333985e.jpg

☆左手の中指の傷が意外と悪く12日で西之川ボルダーと石鎚山登りました。
 13日は、高知県の黒潮ボルダーに寄りながら富士宮に帰る予定です。

 (isobe)
タグ :

鳴滝ボルダー

 2014-09-15
☆11日、日付が変わって深夜1時仕事が終わりそのまま自宅発~9時過ぎに剣山登山口の見ノ越着。
 剣山登りました。登った後、帰り道途中にある鳴滝の滝直下がエリアの「鳴滝ボルダー」訪れました。

▼名勝地鳴滝。立派な滝です。
 支度をしていたら雨が本降りになり雨が上るまで待つこと1時間半。
IMG_8024.jpg

▼駐車場のトイレの脇から下りて、明瞭な踏み跡とフィックスロープに導かれ下りて行きますが悪い。
 滝からの水量が多くて河原に下りられません。
 マットをデポして空荷で下りてみましたが、足を滑らして尾てい骨を強打してしまいました。
IMG_8029.jpg

▼滝直下の下り口は諦めて、藪を強行突破しようとして今度はバラ枝を掴んでしまい左中指二箇所、手の甲を切ってしまう。中指の傷は深くテンションダウンです。

 車に戻り、中指の出血が止まらないので、テーピングで止血。寝不足と運転疲れで体も重い。鳴滝はパスしようと考えましたが、滝の下流側に下りられそうなポイントを見つけて下りてみました。
IMG_8032.jpg

▼滝直下へは水量が多くて行けませんが、登れそうなボルダーがありました。
 雰囲気と岩質(青石)は山梨県の早川ボルダーに似ていました。
 
 トポと照らし合わせますが良くわかりません。このボルダーは右カンテ、左ダイレクト設定。
IMG_8035.jpg

▼左ダイレクト。結晶片岩質でフリクションが悪い。
 IMG_8047.jpg

▼雨上がりで蒸し暑く、虫も多く不快ですが、登りきると気持ちがいいですね♪
IMG_8066.jpg

▼このボルダーは、ガバを使い左上していく課題設定。
IMG_8071_2014091517081886f.jpg

▼ここのエリアは、下降用に真新しいフィックスロープがありました。ただメインエリアの滝直下へは行けないし下流側へも行けませんでした。シーズンは通年ですが、水量が多い時期は登れるボルダーは限定ですね。
IMG_8067.jpg

▼剣山の写真です、定番のお約束写真「次郎笈」
IMG_8007.jpg

☆鳴滝ボルダーは山梨県の早川ボルダーをコンパクトにした感じでした。
 青色のボルダーは正しく早川ボルダー。四国の徳島に居ましたがなぜか懐かしい鳴滝エリアでした。
 
 初日から怪我をしてしまいましたが、 明日12日は愛媛県の「西之川ボルダ―」です。

(isobe)
タグ :

四国 ・ 山とボルダリング

 2014-09-14
☆11日~14日で四国に行って来ました。
 今年の3月に香川県、「遠見山ボルダー」訪れた以来です。

▼13日、高知県 「黒潮ボルダー」
IMG_8290.jpg

▼12日、愛媛県 「西之川ボルダー」
IMG_8157.jpg

▼11日、徳島県 「鳴滝ボルダー」
IMG_8075.jpg

▼13日徳島県、大浜海岸。えびす洞周辺ボルダーがある展望台からの太平洋。
IMG_8434.jpg

☆元々予定になく急に計画した四国・山とボルダリング。
 詳細は後ほど、、

(isobe)
タグ :

9月 月例会

 2014-09-12
9月 月例会報告

活動報告 8/10八ヶ岳大同心雲稜クライミング 8/14仙丈岳 8/16四阿山 8/17浅間山
       8/11-16飯豊山・朝日岳・吾妻山・蔵王山岳縦走&ボルダリング
       8/16伊豆千貫門クライミング 8/23竜ヶ岳~雨ヶ岳 甲斐駒ケ岳黒戸尾根
       8/24-26聖岳遭難捜索 月例山行三つ峠山 三つ峠山クライミングスクール
       8/30城山・鷲頭山クライミング 8/31城山クライミング 8/30志賀高原トレラン63km
       9/6-7クライミングスクール小川山卒業キャンプ

活動予定 9月28日(日)みどりの道パトロール 6:30沢口沢集合
       ①山伏 ②日影沢金山跡 ③俵峰~竜爪山 ④俵峰~一本杉
       10月19日(日)から変更になりました。全員参加ですので各自都合をつけて参加してください。

       10月19日(日)警察・消防・市岳連合同救助訓練
       (9月28日のみどりの道パトロール予備日にあてます)
       どちらかに参加していただきたいので、都合をつけておいてください。

       9月14日宝剣岳三ノ沢 蓼科山
       9月13-14日ソーメン滝、剱岳八峰
       9月23日三方分山
       
次回月例会は10月8日(水)きてこ19:00~ 303活動室です
タグ :

アルパインクライミングスクール ・ 卒業クライミング小川山

 2014-09-07
☆6.7日で「アルパインクライミングスクール・卒業の小川山クライミング&キャンプ。
  静岡踏岳会会員、昨年の講習生Y田さんのライブ。

IMG_7897.jpg

▼静岡踏岳会会員、のたぞうプロデュース。踏岳会会員は個性&才能があり、旧山やの私にはついていけませんでした。
IMG_7906.jpg

▼7日。雨で当然中止と思いきや、講師oyaji君の一声で、スラブ状岸壁へ。
  講師oyaji君のクライミング。
IMG_7941.jpg

▼岩は濡れ濡れですが、若い講習生&サポーターはイケイケでした。
 怪我もなく無事終了しました。
IMG_7946.jpg

☆当静岡踏岳会からは、講師のoyaji君含む10名が参加しました。
 若いサポーターが力をつけてきて、私も出番がありません。 頼もしいですね。

▼集合写真。oyaji君の写真拝借しました
10346444_731644476912277_6970672967638480769_n.jpg


 10月は「秋の小川山 ウエルカムクライミング&キャンプ」が行われます。楽しみですね。

(isobe)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫