7月 月例会報告

 2014-07-30
6月 月例会報告(アップが遅れご迷惑をお掛けしました)

活動報告 6/15登山道パトロール 6月21日十勝岳美瑛岳 旭滝 安倍峠~賎機山(トレラン)
       6/22-23赤岳 6/29富士川Deボルダリング 伊豆天城(八丁池と皮子平)
       6/29-30北岳 日向山 7/4富士山 7/5松崎町雲見千貫門(クライミング&カヤック)
       7/5西丹沢中川川・白石沢モロクボ沢 7/7三ツ峠


活動予定 7月21日(月)クライミングスクール立岩
       7月27日(日)月例山行 「小川山」(予定)
     
       個人山行
       7月12日赤岳 五竜岳
       7月13日白馬どんぐりボルダリングパーク
       7月12-13日甲武信ヶ岳 東沢釜ノ沢東俣

       7月13日伊豆仁科 渾床沢
       7月19日旭滝
       7月20日仁科峠~猫越岳~二本杉
 瑞牆山(カンマンボロン〜瑞牆山)
       7月19-20日八ヶ岳(阿弥陀〜赤岳〜横岳〜硫黄岳)

       7月20-21日立山(雄山〜真砂岳〜劔岳)
       7月21日トレラン(北沢峠〜仙丈ヶ岳〜間ノ岳〜農鳥岳)
       7月21-22日針ノ木・蓮華岳
       7月26-28日甲斐駒赤石沢Aフランケ

       7月27-28日針ノ木・蓮華岳
       7月30日小川山 瑞牆山カメサリ沢
       8月3日三ツ峠
       8月8-9日北岳バットレス


 次回月例会は、8月6日(水)19:00~「来・て・こ」303集会室で行います。      
タグ :

蓮華岳&針ノ木岳

 2014-07-29
7月27日~28日に、針ノ木雪渓から蓮華岳と針ノ木岳を歩いてきました。

27日(日)の天気は、小雨から大雨になり、雪渓は休憩と写真も撮らずに黙々と登りきりました。
長野支部会員が針ノ木小屋まで付き添ってくれたので、雨の中でも安全に歩けたのだと思います。

午後になって天気が回復し、青空の下「蓮華岳」までコマクサを見に行きました。
蓮華岳1

蓮華岳から七倉岳~烏帽子岳~西鎌尾根~槍ヶ岳・・・・・ずっと歩いて行ける。
蓮華岳2

28日(月)雲海の上に富士山~南アルプス~北アルプス~剱岳とグルリつながっています。
高瀬ダムと槍、穂高
針の木3
まだ歩いたことがない山々
針の木2
ここも歩いていない立山、剱岳
針の木1
槍ヶ岳しか登っていないから、これから歩きでがあると眺めていました。

ひたすら登った雪渓を快適に下ります。
雪渓1
下りもかなりかかります。
雪渓2
27日の雨で崩落した場所。
雪渓3
ずぶぬれで登った雪渓でしたが、回復した天気に恵まれて、楽しい山歩きができました。
次はどこにしようかと迷うほど、山に声をかけてもらった気がしました。
杉山
タグ :

白馬どんぐりボルダリングパーク

 2014-07-14
☆13日、白馬どんぐり村にある「ボルダリングパーク」登って来ました。
 エリアは2010年5月に登った「白馬松川ボルダー」のすぐ北側にありました。

▼有名なカメラスポット、松川橋から見る白馬三山。いつ雨が降り出してもおかしくありません。
IMG_7266.jpg

▼2010年に来た時はなかったエリアで整備は2011年頃から新しいボルダリングエリアです。
IMG_7124.jpg

▼ネットで紹介されているトポで確認。エリア入口の「ボルダーA」は沢の中にあり草などブッシュが多く
 パス。ボルダーが集まっているロックガーデンへ。
IMG_7128 - コピー

▼車から直ぐでアプローチはなし。しかし、雰囲気は暗くて湿っぽい。
 夏の時期で仕方ありませんが虫も多く、早朝ですが蚊がいて不快です。写真は「ボルダーC」
IMG_7133.jpg

▼センター課題、SDスタートで。
IMG_7135.jpg

▼ホールドはハッキリしてます。が、ホールド内に虫がいてビックリです。
 特にガバホールドなどポケットの中には毛虫や幼虫がいてテンションダウンです(-_-;)汗
IMG_7140.jpg

▼ホールドを持った時に幼虫を潰してしまい滑りましたがトップアウト。(気持ち悪いです↓)
IMG_7149.jpg

▼ボルダーCはレフト側も登りましたが、体感グレードは同じで中級課題ですか。
IMG_7181.jpg

▼「ボルダーD」 フェース面課題。
 虫除けで長袖を着ていましたが、蒸し暑くて半袖に。蚊にとっては刺し易いです。数か所やられました。
 (さらにダウン↓)
IMG_7185.jpg

▼ホールドが多く快適に登れます。虫が気になりますが、、
IMG_7198.jpg

▼本来は、森の中のボルダーで気持ちがいい所なのですが、時期が悪かったかな。シーズンは秋かな!
IMG_7204.jpg

▼カンテ及びガバボケット使用バージョン。ガバポケットは使わなくてもグレードは同じでした。
IMG_7233.jpg

▼スラブ面課題。
IMG_7210.jpg

▼このボルダーDとボルダーCは、体感グレードは初級から中級で私には丁度よかったです。
IMG_7223.jpg

▼「ボルダーE」 写真の反対面は薄被りでしたが下地も良くなく、直ぐ後ろの木が邪魔でパス。
IMG_7246_201407140950564bf.jpg

▼虫が不快で早く上がりたい気持ちでしたが、超初級スラブボルダーでクールダウン。
 森の中は他にもボルダーが点在していましたが、、
IMG_7255_201407140955475a6.jpg

▼北アルプスが望めてどんぐり村はいい所です。8時頃から小雨がパラツキ終了。
IMG_7257.jpg

☆「どんぐりボルダリングパーク」時期も悪く、天気も今一でした。
 北アルプスの山を登った後のついでには、課題も手頃なグレードでいいかもしれません。
 直ぐ近くに松川ボルダーがありますが、ボルダリング目的で富士宮から片道4時間は辛いですね。

(isobe)
タグ :

五竜岳 ・ 八方尾根

 2014-07-13
☆12日、五竜岳に登って来ました。 日帰りピストン予定で下山後は八方温泉に浸かり
  翌13日は初めてのボルダリングエリアの「白馬どんぐりボルダリングパーク」です。

▼五竜岳と剱岳
IMG_7082.jpg

▼日帰りピストンなので、遠見尾根コースか八方尾根コースか悩みましたが、車で黒菱平まで上がれて
 最悪リフトを使わなくてすむ八方尾根コースにしました。

 軽い仮眠の後日の出とともに歩き出します。(リフトの始業時間は7時30分からです)
IMG_6927.jpg

▼高妻山、乙妻山からの日の出です。
IMG_6933_201407131318288bb.jpg

▼八方池からの白馬三山は雲で見えませんでした。
IMG_6948.jpg

▼お約束の雷鳥。唐松小屋の手前付近で親子で。
IMG_6971.jpg

▼お約束の花々。お花の時期で素晴らしかったです♭ 写真はハクサンチドリ。他も多くの花が咲いていました。
IMG_6940.jpg

▼台風一過の晴天を期待していましたが、山は濃いガスと強風で寒かった。
  5年前に不帰嶮を歩いて以来の唐松岳。
IMG_6977_20140713132606681.jpg

▼唐松から五竜までの稜線も風が強くて寒く、汗もかきませんでした。
 水も2リットル以上持って来ましたが、消費したのは1リットル以下でした。
IMG_6991.jpg

▼気持ちのいい稜線歩き。五竜岳にかかっていた雲も取れて来ました。
IMG_7009.jpg

▼歩いて来た唐松岳方面。山も天気が回復。
IMG_7014.jpg

▼五竜山荘。山頂はもう直ぐです。
IMG_7017.jpg

▼五竜岳山頂。鹿島槍ヶ岳と奥には槍ヶ岳。日本のメジャーな山々が多く望めます。
 風もあり寒いので長居は無用。帰りも同じコースなので気が重いです。(鹿島槍方面に縦走したい)
IMG_7034_20140713133932f0b.jpg

▼ピストンは味気ないですが、振り返りながら五竜岳を名残惜しみます。
IMG_7084.jpg

▼唐松から五竜岳の縦走路は、登山者が少なかったですが
 唐松岳は大勢の登山者で賑わっていましたが意外と少なめ。 (来週の海の日の三連休を控えているから?)
IMG_7086.jpg

▼八方池と白馬三山。この絶景を労せず見に来られるのは八方尾根ならではですね!!
IMG_7102_20140713134958512.jpg

☆日帰りピストン。大変疲れましたが、予定の時間より2時間早く下りて来れました。
 毎年、体力の衰えを実感しています。
 時間があり、どんぐりボルダリングパークの下見も考えましたが、温泉+ビールの誘惑には勝てず終了。

 13日、天気予報が変わって、、「白馬どんぐりボルダリングパーク」に続く、、    (isobe) 
 
タグ :

西伊豆 雲見 千貫門クライミング

 2014-07-06
7月5日に雲見の千貫門へ行ってきました。

今回はカヤック&クライミングです。

気温は暑くもなく寒くもなくちょうど良いです。

会員のE夫妻さんたちと合流して早速、千貫門にとりつきます。

ネットでは2ルートが掲載されていましたが、1つのルートは大崩壊しているためにすでに壁がありません。もう一つのルートはちょっとトラバースしています。どうせなら直登したかったので、海抜0Mから登れるルートを考えて登り始めます。

DSCF3310.jpg

下から見るとリスとポケットが見えたのでプロテクションは豊富にありそうでした。しかし、登ってみると、プロテクション微妙です。ムダ弾を使ってもしかたないので、マシなところにとりあえずきめました。途中で雨も降ってきました。50mいっぱい伸ばして立木2本でビレイ点構築です。

DSCF3315.jpg

雨もそこそこ降ってきましたが、E夫妻さんたちはばっちり登ってきます。E妻さん登攀中にすごく大きくはがれた岩の音がしたので、ドキっとしましたが、足でバランスを取るために使っていた岩がえぐれて落ちたとのことで怪我はありませんでした。
2ピッチ目以降は立木の中に岩が混じる感じだったので、Eさんにいってもらいました。3ピッチなので、みんなでリードしたほうが楽しいですから。Eさんドキドキだっということでしたが、しっかり登りました。3ピッチ目はE妻さんがリードでしたが、ハチの巣があり危険でしたが、丁寧にルートファインディングで山頂へ到着です。
そして懸垂下降。ブッシュだけの為に面倒でした。
最終の懸垂をE夫妻さんがしている間にカヤックを組み立てます。
この画像でいう手前にガラガラと大岩が崩れていますが、2009年に登攀されているときはこの崩れている岩は壁のままでルートになっていました。これ以上崩れないでほしいと願います。

DSCF3317.jpg

雨もやんだし海へ。烏帽子山クライミングで登った直上裏参道がよく見えます。
DSCF3324.jpg

E夫妻さん、お二人はすごく仲良しです。
DSCF3349.jpg

雲見の千貫門エリアはとてもよい場所でした。ジオパークの看板もすごく興味深く、各地を巡ってみたいですね。

お疲れ様でした。

(notake)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫