キタダケソウみっけ!

 2014-06-30
以前から気になっていたキタダケソウを求めて、梅雨の晴れ間をねらって6月28〜29日に登ってきました。
芦安市営駐車場から乗り合いタクシーを利用。寝坊してしまって始発に間に合わず、2時間後の8時に乗車、タクシー料金に加えて南アルプス山岳交通適正化協議会へ納付する「利用者協力金」100円を支払う。

9時前から登山開始。登り始めた途端、下痢に襲われ、2度大きじを打つことに。隠れるところのない大樺沢でなくてよかった。
10515308_653907568017039_3360491153230544118_o.jpg
大樺沢の大雪渓

下痢の後遺症と荷物の重さにへろへろになりながら、北岳肩ノ小屋に到着、ここで一泊。
夜は稜線の風でテントはバタバタと音をたてて何度も目を覚ますが、満点の星空で満足。アストロトレーサー(星の移動を追いかけて星の静止画像を撮れる装置)を試してみたけど写真が撮れていなくて残念。なので、星空の写真はありません。

翌朝の鳳凰三山越しのご来光。
10470178_653907791350350_5636442864684398340_o.jpg

10353432_653907868017009_1663475681791492397_o.jpg
今回のお宿はエスパーステントでした。撤収の時、フライを外した途端、テントが飛んでいきそうになり、慌てました。バックは仙丈ヶ岳。

10003819_653907924683670_4723981374940007313_o.jpg
お決まりの北岳山頂での記念写真。

10462428_653908051350324_3407327758330842529_o.jpg
キタダケソウの大群落で満足。

10353238_653908024683660_3560866416034967664_o.jpg
キタダケソウのアップ。ハクサンイチゲと間違えやすいのは同じキンポウゲ科だから?

10463654_653908084683654_6437455232173531127_o.jpg
ガス湧くバットレスを横目にみながら、八本歯のコルを下り、大樺沢の大雪渓を一気に・・・とはいかず、長かった、、、。
今年は空梅雨?
まりんぱぱでした。




タグ :

霧の滝

 2014-06-30
6月29日に霧の滝を見に行ってきました。

1ヶ月以上前から沢の約束をとしぞーさんとしていましたが、1泊2日は難しい天候でした。

としぞーさんより鞍掛沢への計画をいただき、日向山のふもとへ。梅ちゃんのトークでかなり盛り上がります。

雨は降りましたが、これまたいろいろな話ができてとても楽しい宴会となりました。

また、としぞーさんは焚火のおこしかたが非常にテクニカルです。空気の流れを読み、薪を置く。勉強になります。

DSCF3064.jpg

翌日は快晴!としぞーさんとの宴会の後は二日酔いの記憶ばかりですが、今回は気持ちのよい朝を迎えることができました。

そして、鞍掛沢へ。

冬に滝が凍ってないことも想定して主に巻き道を探していきます。

そして、ガレ場の先に霧の滝が。

DSCF3143.jpg

DSCF3159.jpg

DSCF3171.jpg

霧の滝はビューティフル、ワンダフルと感動一杯!テンションMAXな様相です。冬のことなど考えずにその滝の素晴らしさに浸りました。

そして、アリジゴクのようなツメを終えて尾根へ。

尾根をつめて新道へ。日向山へ向かいます。

機会がないままに憧れだけあった日向山の山頂へ登頂!

DSCF3197.jpg

予想通りの素晴らしさ!パラソルとトロピカルジュースがほしくなる感じです。

DSCF3204.jpg

はにかむような梅ちゃんがカワイイ記念撮影です。

コーヒーを飲みつつ、ご飯をたべつつ・・・この景色に浸ります。

下山にとったルートはわかりやすく、藪漕ぎなどありません。

途中で、バリエーション帰りの方々にワインをいただきました。

梅ちゃんもわたしも一口。としぞーさんは一気飲みでした。

その後は梅ちゃんとヒミツの話をしながら尾根をぐんぐん下ります。

到着場所は車より200mくらいの場所でした。さすが!

途中で白州ボルダーよりさらに上流にあるボルダーを観察しました。

梅雨の快晴に感謝な1日の山行でした。

としぞーさん、梅ちゃん、ありがとうございました!

(notake)
タグ :

月例山行 富士川Deボルダー

 2014-06-30
6月29日 月例山行で「富士川Deボルダー」を行いました。

富士川1

2ハンド、1ハンド、ノーハンドでバランスを整えるウォーミングアップの岩
富士川2

ノーハンドでバランスよく登ります
1404110422901.jpg

なかなか難しいノーハンドでのトライ
1404110332797.jpg

それぞれに難しい課題を楽しみます
1404110539149.jpg

1404110607784.jpg

どの手足も動かせなくなった困ったカメムシ 岩から離れて検証します
富士川カメムシ 富士川カメムシ2


この位置では同じ格好です
富士川10 富士川11


富士宮焼きそばの昼食をはさんで陽だまりエリアへ移動
富士川5

高さがあってドキドキしながら登り切ります
富士川6

本日の企画担当が富士川ボルダーを案内してくれます
富士川7

未来のクライマーもトライ!
富士川8 富士川9

富士川ボルダーは、ウォーミングアップの岩や色々な難度の岩があって、それぞれに楽しむことができました。
今回初めての月例山行でのボルダーでしたが、富士川ボルダーを熟知している方に、講習会も行っていただきました。

杉山
タグ :

十勝岳ボルダー

 2014-06-25
☆22日、 十勝岳をバックに念願の「十勝岳ボルダー」 
 素晴らしいロケーションの中のボルダリングは最高です♪♭♯
IMG_6764.jpg


▼22日、麓の美瑛では夜半から雨。陽が登り朝方も濃いガスで霧雨。最終日ですが、天気予報も今一で
 美瑛の丘で時間をつぶし望岳台に行くかどうか迷います。写真はマイルドセブンの丘。
IMG_6645.jpg

▼8時になって、下界は天気が悪いですが望岳台に行ってみました。すると、、、、
 白金温泉から快晴の天気。下界の天気に騙されました。
 バイクツーリングで訪れた時見た雄大な光景、23年振りの望岳台からの十勝岳連峰!!
 若い時の感性が戻ったような複雑な気持ち。感動で涙です。歳のせいか涙もろい。
IMG_6695.jpg

▼「北の大地でボルダリング」トポはありませんが、ネットで調べた資料をもとにボルダー探します。
 吹上温泉の分岐にアップによさそうなボルダーがありました。
IMG_6705.jpg

▼カンテ課題でアップ。他にカンテを使わないセンター課題登りました。
IMG_6707.jpg

▼十勝岳避難小屋から直ぐ上のボルダー。登山道のすぐ脇です。
 時間は9時30分ですが、多くの登山者が登って行きます。目立ち過ぎて登るのに躊躇します。
IMG_6733_20140625155512630.jpg

▼静かにボルダリングが自分流ですが、好奇の目を感じつつボルダリング楽しみます。
 十勝岳を望むボルダリング、今回は自分の世界に酔いしれました。
IMG_6736.jpg

▼ネットで調べた避難小屋の下部の沢と上部の沢のエリアは谷のボルダーで今回はパス。
 登山道沿いのボルダー登ります。「望岳台ボルダー」ではなく「十勝岳ボルダー」ですね。
IMG_6746.jpg

▼このボルダーも登山道直ぐにあり、登山者の質問攻めには参りました。
IMG_6751.jpg

▼クラック課題登ります。他にレフト、ライト課題登りました。大自然の中でボルダリングはいいね♭
IMG_6757.jpg

▼去年8月に行った「安達太良ボルダー」もロケーションが最高でしたが、雄大な十勝岳は別格です。
IMG_6767.jpg

▼標高1450m付近のボルダー群は、登山道から離れていて静かにボルダリング楽しめました。
IMG_6815_201406251610598c8.jpg

▼被っていますがホールドはガバ・カチ。
IMG_6796.jpg

▼このボルダーは、限定してもガバで気持ちが良くトップアウト。何回もリピートしました。
IMG_6789.jpg

▼吹く風は爽やかです。仰ぎみれば十勝岳、麓も見渡せて大満足です。北の大地は今回は裏切らなかったようです。
IMG_6819.jpg

▼このボルダーは左カンテ課題。センターダイレクト課題設定。
IMG_6835.jpg

▼SDスタート課題ですが、ガバガバで想像力が必要でした。
IMG_6841.jpg

▼このボルダーもSD課題。
IMG_6843.jpg

▼十勝岳ボルダー。主に登山道沿いのボルダーを楽しみましたが
  最高のロケーションの中でのボルダリングはやはり自分流でよかったです。
IMG_6840.jpg

▼21日に登った十勝岳山頂ボルダー。初級クラック。
IMG_6436.jpg

▼同、十勝岳山頂ボルダー。初級スラブ。
IMG_6458.jpg

☆美瑛の青い池。登った十勝岳、美瑛岳、美瑛富士が望めました。(写真の中央は十勝岳)
IMG_6681.jpg

☆北海道は2011年から毎年訪れて今回で4回目。
 若い時代にバイクツーリングで何回も来ていて、美瑛の丘から見た十勝岳連峰は今でも鮮明に覚えています。
 
 目的が果たせて大満足でした。 「北海道山とボルダリング」  (完)

(isobe)
タグ :

十勝岳 ・ 美瑛岳

 2014-06-24
☆北海道に行って来ました。20日~22日。 20日は望岳台ボルダーの予定でしたが、
 当日まで連続降雨記録の新記録の更新とかであいにくの天気。(旭川地域では12日連続、札幌は15日)
 20日は旭川ボルダーの下見で終了。21日十勝岳登って来ました。

▼朝4時に望岳台に到着。天気予報は曇りで午後から時々晴れ予報。
 望岳台は濃いガスで霧雨。計画では十勝岳ピストンして午後から望岳台ボルダーですが、、
IMG_6386.jpg

▼雨具を着込んで登ります。十勝岳避難小屋。
 十勝岳は、2012年7月は火口の発光現象で入山規制で断念。2013年5月は悪天候で断念。
 三度目のリベンジですが、天気に恵まれません。
IMG_6396_20140624135454dae.jpg

▼避難小屋の沢エリアのボルダーを確認して登りますが、濃いガスでよくわかりませんでした。
IMG_6405.jpg

▼標高が上がるにつれ、ガスと風で寒い。展望が全く無く気持ちも落ち込みます。
 せっかくの北海道の山とボルダリング計画ですが、私は毎回北海道では天気に見放されています。
IMG_6420.jpg

▼十勝岳山頂が近くなり、ガスが切れて来ました。急速に天候が回復してきました。
IMG_6429.jpg

▼十勝岳山頂に着きましたが、濃いガスで気温も4度。風も強く寒かった。
 山頂で粘っていたらガスが切れて、、
IMG_6442_20140624140435fa6.jpg

▼山頂より、境山・下ホロメットク山方面。
IMG_6448.jpg

▼富良野岳・上ホロメットク山方面。
IMG_6451_20140624140754cf2.jpg

▼美瑛岳・美瑛富士方面。
 山は天気が回復しましたが、下界はまだ濃いガス。このまま下山してもボルダーは濡れていてダメなので
 時間もあるので、このまま美瑛岳・美瑛富士を周回することにしました。
IMG_6452.jpg

▼山頂には登れそうなボルダーがあり、クラック課題とスラブ課題登りました。(山頂に1時間半いました)
 風があり寒くて手が悴んでいましたが、クライミングシューズ持ってきてよかった。
 写真は頂上直下の岩峰。
IMG_6454.jpg

▼十勝岳山頂を後に美瑛岳目指します。振り返ると十勝岳山頂が。
IMG_6466.jpg

▼美瑛富士。手前の山は鋸岳。気持ちのいい稜線歩きです。
IMG_6474_201406241417589f8.jpg

▼2012年6月に登ったトムラウシ山と美瑛富士(左)
IMG_6526.jpg

▼お花の時期で稜線にはイワウメ・イワヒゲ・ミネズオウ・エゾツガザクラ・チングルマ多くの花が咲き乱れていました。
 写真はキバナシャクナゲと美瑛富士・トムラウシ山。
IMG_6543.jpg

▼美瑛岳山頂は近い。
IMG_6545.jpg

▼美瑛岳山頂(2052m)から美瑛富士。
IMG_6551.jpg

▼美瑛富士分岐から美瑛富士。ガスが出てきました。
IMG_6555.jpg

▼一登りで美瑛富士山頂に(1888m)。展望はガスでありませんでした。
IMG_6567.jpg

▼雪渓が多く残るポンピ沢経由で下りて来ました。下界は天気なのですが。
 IMG_6628.jpg

▼望岳台に戻って来ました。
 十勝岳に登って満足していますが、望岳台から見る雄大な十勝岳は今日もダメでした。
IMG_6633.jpg

☆三年越しの十勝岳。北海道の山もこれで一区切りです。
 明日は芦別岳登る予定でしたが、予備日がなくなって望岳台ボルダーです。
 
 明日の予報は午前中曇りで午後の13時から時々晴れ予報。
 望岳橋エリアの壁は昨日と今日も濡れていてNG。十勝岳避難小屋エリアもガスが出るとNGです。
 明日の最終日も天気次第です。

(isobe)

 
タグ :

旭滝でシャワークライミング

 2014-06-22
6月21日に修善寺の旭滝に行ってきました。

DSCF3005.jpg

天気もまずまず、気温も高いので登攀後のビールに向かって登ります。

見栄えのいい素晴らしい滝です。

DSCF3006.jpg

プロテクションはカムとナッツでとりました。ハーケンは使わないように心掛けました。

DSCF3012.jpg


江間ちゃん、ナイスクライミングです。

DSCF3013.jpg

下からは見えない最終ピッチ。完全にシャワークライミングです。江間ちゃん、goodです。

DSCF3016.jpg

登攀後はちょっとした尾根を登り林道へでてテクテク歩いて取りつきへもどりました。

そして、待望のビールです。

DSCF3018.jpg

ビールが美味しい季節になってきましたね。

お疲れ様でした。

(notake)
タグ :

錫杖岳前衛フェース

 2014-06-16
6月14、15日で錫杖へ行ってきました。

パトロール行けずにすみませんでした。お疲れ様でした。

前夜に新穂高温泉にはいると雨。翌日も山は霧です。9時くらいになると青空がみえはじめたので、行動開始しました。

テン場に到着し、テントを設営。ビールを一気飲みです。

この日は注文の多い料理店で遊ぶ予定でしたが、濡れ濡れの壁をみて中止に。のんびりすることにしました。

まずは寝床の確保を。

DSCF2882.jpg

わたしはツェルトにて。石がたくさんあったので、テント風に張りました。

青空がでると暑くてたまりません。

焼岳を見ながら風呂ににつかりました。心臓がとまるかと思いました。

DSCF2885.jpg

あとはふらふら散歩したり、昼寝したり、一杯やったり・・・

DSCF2899.jpg

つまみは山菜とトマトのバジル風味です。

DSCF2903.jpg

夜になると焚火です。

DSCF2919.jpg

なかなかの星空でした。

DSCF2932.jpg

この夜の新穂高温泉の予報は2℃。なかなか冷えた夜でした。

翌日は登らないでもいいんじゃないかという気持ちになってましたが、せっかくなので取りつきにいきました。

1ルンゼに行こうとしましたが、ガイドさんが2人連れてきてました。しまった、のんびりしすぎたようです。

左方カンテを登ることにします。

天気はよいし、景色は最高です。

DSCF2946.jpg

ルートも岩はばっちり乾いています。

DSCF2947.jpg

サクサク登って楽しめました。

梅雨の合間のキャンプにクライミングは素晴らしい山行となりました。

(notake)
タグ :

6月 月例会

 2014-06-12
6月 月例会報告

活動報告 5/17富士山 5/17-18聖岳東尾根 5/18富士山5合目雪山訓練 山伏 
       5/25月例山行古稀山 北沢沢登り 5/31乗鞍山スキー 沼津アルプス
       5/31-6/1御在所岳クライミング 槍ヶ岳 6/1十二ヶ岳クライミングスクール 八紘嶺
       6/8十二ヶ岳クライミングスクール 城山クライミング 6/9富士川ボルダー

活動予定 6月15日みどりの道パトロール竜爪山~真富士稜線
       沢口沢6:30集合 ノコギリ、カマ、ハサミ等持参してください。

       6月29日(日)月例山行「富士川Deボルダー」
       参加申し込み等は、FB又は事務局で確認してください。
       
       7月7日(日)クライミングスクール城山
       7月27日(日)月例山行 「小川山」(予定)
     
       個人山行
       6月14日釈迦が岳~黒岳  西丹沢マスキアラシ沢登り
       6月14-15日錫杖岳クライミング
       6月20-22日十勝岳、望岳台ボルダリング
       6月21日安倍峠~賎機山 トレイルランニング
       6月29日伊豆八丁池~カワゴ平

 次回月例会は、7月9日(水)19:00~「来・て・こ」303集会室で行います。      

       
タグ :

富士川ボルダー ・ 松野側エリア

 2014-06-09
☆9日、仕事前の午前中に富士川ボルダー・松野側エリア行って来ました。
  6月29日 月例山行 「富士川Deボルダリング」のイベントの事前確認です。

▼梅雨の中休み。朝から晴れて暑い!松野側のメインウォール。
IMG_6258.jpg

▼メインウォール1全景。昨年の9月の台風18号の影響で下地が下がったまま。今も変わっていません。
IMG_6261.jpg

▼手頃なグレードが揃うメインウォール2。上部のブッシュが酷く整備しないと抜けられません。
IMG_6260.jpg

▼鋸と鎌での整備では無理。草刈り機で一気にクリーニングしたいところですが、、
IMG_6263.jpg

▼ビギナーエリア全景。上部のブッシュが気になりますが、岩自体はいい状態です。
IMG_6265.jpg

▼ビギナーエリア側からメイン1、2。
IMG_6272.jpg

▼富士宮側下流末端壁。水没していてNG。
 初級課題が揃う、富士宮側逢来橋下の溶岩テーブルエリアの「陽だまりエリア」も水量が多い。
IMG_6280.jpg

☆気温が上がる前の朝8時前に行きましたが、一登りする度に大量の汗が噴き出してきました。(不快指数200%)

 松野側の有名課題が揃うメインウォールは登られているためかトライするに支障はありません。(難しいですが)

 松野側ではビギナーエリアでトップロープ。中級課題が揃うメイン2はNG。
 富士宮側では陽だまりエリアは雨の時期はNGです。

 皆で楽しくボルダリングしたいので、エリアは再検討が必要ですね。相談させて下さい。

(isobe)

 
タグ :

2014アルパインクライミングスクール 「十二ヶ岳」

 2014-06-02
☆静岡市山岳連盟主催「2014アルパインクライミングスクール」 第3回実技講習 が6月1日(日)に 西湖の十二ヶ岳の岩場 で行われました。
 講習生、講師、指導者、サポーターの合計22名が参加しました。

▼当スクールで貸し切りの岩場。
IMG_6222.jpg

▼午後から西側の壁でマルチピッチを想定してクライミング。
IMG_6237.jpg

▼講師のOyaji君とTamさんのショット。
IMG_6251.jpg

▼西湖と富士山。
IMG_6230.jpg

☆アルパインクライミングスクール。静岡踏岳会からは9名参加しました。
 天気も良く南面の西湖の岩場は暑かったです。新緑の季節は気持ちがいいね♪

(isobe)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫