富士山御中道(富士吉田~大沢崩れ)

 2013-06-24
富士山が世界文化遺産登録決定の次の日、富士吉田口から御中道を歩いてきました。

御中道は雲の上で晴れています。
富士吉田口5合目の駐車場の手前「御庭」から登り始めます。
お中道1

コケモモがカラマツの下で絨毯のようです
お中道2

滑沢から見える山並みが石に掘られています
お中道5

大沢休泊所から下りていくと崩れが止まらない大沢崩れに出ます
お中道3

ガスがかかって全体は見渡せません
中央右の白い階段を使って「渡った」ことや、厳冬期に崩れを登攀したことをを説明してくれました
お中道4

宝永山のような寄生火山がたくさん見られます
お中道6
以前、富士山御中道の富士宮口から大沢崩れまでは歩いていたので、あと東側半分が残っています。秋口にでも歩いてみましょうか。
今年のシャクナゲの花は裏年らしく花芽がとても少ないです。葉っぱ芽が開き始めています。

杉山
タグ :

宝永火口ボルダー

 2013-06-23
☆23日、富士山・宝永火口に行って来ました。
 目的は山で遭難死した仲間の慰霊。毎年行っています。

IMG_1881.jpg

▼1998年8月。 パキスタン「バツーラⅠ峰」で懸垂氷河が崩れ、それが原因でブロック雪崩が発生し遭難死した、F田君(27歳)

 宝永山に行く登山道沿いのケルン。
IMG_1877.jpg

IMG_1874.jpg

▼K2が目標で、元スノーボード日本選手権大会で優勝した、O口君(27歳)
 2008年1月、宝永第二火口を登攀中に滑落して遭難死。
 共に27歳の若さでした。合掌、、

IMG_1898.jpg

▼慰霊の後は宝永火口のボルダーを登ります。
 このボルダーは、右のカンテを使う課題と正面の課題2本設定。
IMG_1904.jpg

▼正面課題。ボルダーが小粒なので、SDスタートです。
IMG_1942_20130623085917.jpg

▼ホールドを限定すればそれなりに楽しめます。
IMG_1943.jpg

▼このボルダーもSD、限定で。
IMG_1965.jpg

▼色々なムーブで登ればそこそこ楽しめます。
IMG_1979.jpg

▼このボルダーも高さが足りません。
IMG_1996.jpg

▼物足りませんが、富士山をバックに開放的で気持ちよくボルダリング出来ます。涼しいしね♭♪
IMG_2006.jpg

▼意外と面白かったボルダー。
IMG_2022.jpg

☆宝永火口のボルダー群は全部小粒です。課題はSDスタート、ホールドも限定になります。
 それでも初級課題ですので物足りないかもしれません。

 宝永火口ボルダー、お勧めではありませんが気軽にボルダーを楽しむにはいいかな。
 今日も家族連れの小さい子供がボルダー登って遊んでいました。

(isobe)

 
タグ :

みどりの道 日影沢金山パトロール

 2013-06-19
第1回みどりの道パトロール「日影沢金山」

魚魚の里から歩き始め、最初の橋が流失していました。
日影沢1
10m位下流に歩いて渡るよう赤布をつけました。
日影沢2
あまり歩かれていないようですが、コース自体はしっかりしています。

ヤマビルがでます

帰り道、赤水の滝でボルダリングしました。
日影沢3

杉山
タグ :

2013年 みどりの道パトロール 第一回

 2013-06-16
6月9日 今年度 第一回 みどりの道パトロールを行いました。

コースは、
①大谷崩れ駐車場~新窪乗越~山伏
②日影沢金山
です。

DSC02591-2.jpg
大谷崩れ駐車場~新窪乗越~山伏コース、通称「山伏隊」出発です。




DSC02603-2.jpg
既に梅雨入りしていますが、この日は絶好のパトロール日和。
気合い入れて頑張ります。



DSC02605-2.jpg



DSC02614-2.jpg
昨年10月に設置した標識を発見。日に焼けて文字が薄くなっていました。





DSC02615-2.jpg
マジックで書き書き。




DSC02616-2.jpg
OK牧場。





DSC02623-2.jpg
山頂直下にあるこの倒木。
通行時に引っ掛かりそうな枝を切り落とす事にしました。



DSC02624-2.jpg
まずは、1本目。




DSC02626-2.jpg
続いて2本目。




DSC02628-2.jpg
OK牧場。



これにて
「2013年 みどりの道 パトロール 第一回」
の報告を終わります。
皆さんお疲れ様でした。

次回以降もよろしくお願いします。

(M.Ema)
タグ :

6月 月例会

 2013-06-07
6月 月例会報告

活動報告 5/12金時山 佐野峠  5/18-19小川山クライミング  5/19黒沢
       5/25海金剛クライミング 城山クライミング 万三郎
       5/26古稀山トレラン&縦走 城山クライミング 勘七の沢
       5/26-27小川山クライミング 
       6/1須津川ボルダー 6/2十二ヶ岳クライミングスクール 西湖ボルダー
       6/1要害山クライミング 6/2岩岳 安倍バラの段 6/4日向山

活動予定 6月月例山行
       6月9日(日)みどりの道パトロール 集合:沢口沢6:30
       ①大谷崩れ駐車場~新窪乗越~山伏
       ②日影沢金山
       持ち物:ノコギリ、ナタ、カマ、ハサミ、ジョレン等
       
       個人山行
       6月8日 赤岳~硫黄岳
       6月16日 白沢沢登り 斑尾山
       6月23日 北沢沢登り 独鈷山 蓼科山
       6月30日 足沢沢登り

       7月28日(日)7月月例山行 
       金峰山:大弛峠、回り目平等から、歩いて、走って、よじ登ります。

次回月例会は、7月3日(水)19:00~ アイセル 45集会室です。
タグ :

西湖ボルダー

 2013-06-03
2日、静岡市岳連・アルパインクライミングスクールの第三回の講習の十二ヶ岳の岩場のアプローチ
に点在するボルダー登って来ました。

☆入口ボルダー、Σ(シグマ)登って。
IMG_1822_20130603183547.jpg

▼入口ボルダーの「Σ(シグマ)」、SD課題です。
 スタートで右手の薬指と中指に全体重が掛かるので、テーピングは必須です。
IMG_1804_20130603183839.jpg

▼SDスタートの別アングル。核心は下半身を安定させてから次のホールドへ。
IMG_1811.jpg

▼SDスタートで、左を取って右を取ったら下半身を安定させてから上部のカチホールドを取ります。
IMG_1813.jpg

▼上部に抜けたら、カチホールドを繋げてトップアウト。
IMG_1814.jpg

▼入口ボルダーの課題。β(ベータ)。今風のSD課題です。面白いです♪
IMG_1823.jpg

▼フェイス課題のボルダー。クリーニングが必要なのでデッキブラシでクリーニング。
IMG_1824.jpg

▼クリーニングしましたが、雨で泥(土)が流れないと快適ではありません。
 カチホールドを繋げていく課題は気持ちがいいね♪
IMG_1828.jpg

▼被りのボルダー。魅力的ですが下の岩が邪魔で取り付くには、、今一。
IMG_1829.jpg

▼初級スラブ。9、10級課題のスラブです。
IMG_1831.jpg

▼最後にクールダウンで登ったボルダー。細かいカチホールドで登って行きます。
 ライト、センター、レフトと登れます。
IMG_1832.jpg

☆西湖の岩場(十二ヶ岳の岩場)のアプローチに点在するボルダー。
 ボルダーはクリーニングされていて開拓の跡がありました。

 開拓者には「ありがとう」です。苔むしたボルダーをクリーニング、労力は大変でしたね。

 最初に登った∑(シグマ)は面白い好課題です。お勧めです。

 *課題名は私称です。(開拓者の課題名があると思われますで)

(isobe)
 
タグ :

須津川ボルダー

 2013-06-01
☆1日、愛鷹山の須津川のボルダー登って来ました。

 大棚キャンプ場のメインボルダー、南面。

IMG_1762.jpg

▼西面のスラブ課題でアップ。
IMG_1759.jpg

▼西面、スラブ、レフト課題。体感3級。ポケットを掴んだら慎重に、、抜けます。
IMG_1771.jpg

▼私もボルダー友人のムーブを参考に抜けられました。
 核心は、意外とポケットを掴んだ後の直上するスラブかもしれません。
IMG_1773.jpg

▼北面、前傾フェイス。
IMG_1783.jpg

▼前傾フェイスは課題が3本。左カンテ、センター、右カンテ。
IMG_1782_20130601201221.jpg

▼前傾フェイス、センター課題、課題名「捻り」
IMG_1775_20130601201319.jpg

▼ムーブが決まらず何度も何度もトライしましたが、ボルダー友人のお手本ムーブを見て登れました。
 ボルダリングはセンスが問われますね。答えがわかれば何てことはないのですが、、、
IMG_1777.jpg

▼前傾フェイス、右カンテ課題。
IMG_1781.jpg

▼メインボルダー・南面課題。
IMG_1788_20130601201933.jpg

▼やさしい課題ですが、クリーニング後で滑りやすくて緊張しました。
IMG_1796.jpg

▼トップアウト。グレードに関係なく登れるとうれしいね!!
IMG_1798.jpg

☆GWの北海道の事がトラウマになっていましたが、ボルダー友人の誘いで愛鷹山・須津川ボルダー来て
 良かったです。

 須津川ボルダーは大棚キャンプ場にありますが、登る際は大棚山荘の管理人に一声かけて登って下さい。
 管理人は理解がある人で、山荘、トイレ、炊事場など借りることが出来ます。

 新緑の今は涼しくて気持ちがいいです。

(isobe)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫