乾徳山

 2011-04-30
踏岳会、会員のまさひとです。4/29に私はM浦さんと乾徳山(けんとくさん2031m)へ登りました。前夜、急に決まった計画ですが何とかなりました。

登り始めは花がいっぱいで、この桜の他にもツツジや水仙とか咲いていて、白や赤とか黄色に紫など色とりどりで綺麗でした。
乾徳山002_convert_20110430173827

途中にある国師ヶ原です。白樺とかツガなど、高原風の風景です。近くに水場も高原ヒュッテもあるから、キャンプに向いている場所かも。
乾徳山009_convert_20110430174146

山頂の南側です。岩場が連続します。
乾徳山014_convert_20110430174303

山頂から見る南アルプスです。
乾徳山017_convert_20110430174450

ギリギリ、金峰山の五丈岩も見えました。
乾徳山019_convert_20110430174642

山頂を北側から見るとこんな感じです。私の体力と技術では、これだけ足場が悪くなると、もう楽じゃあありません。頭の中がいっぱいいっぱい。もっと根本的な体力と、岩場だけではありませんが、技術が必要です。トレーニングしなくては!頑張るぞ!
乾徳山021_convert_20110430174838

おまけの画像。国師ヶ原では私たちのすぐ近くに鹿が現れました。びっくりしました。
乾徳山024_convert_20110430175048
タグ :

静岡市山岳連盟「2011アルパインクライミングスクール」開始です。

 2011-04-28
静岡市山岳連盟60周年記念行事の一環として昨年度より開催された「アルパインクライミングスクール」が、今年も「2011アルパインクライミングスクール」として始まりました。
今年の受講生は20代から40代までの11名の方が集まりました。
また、昨年の受講生の方が積極的にサポーターとして参加してくれるので大変盛り上がった講習会になると思われます。

静岡市山岳連盟会長の挨拶 
静岡市山岳連盟会長の挨拶から始まりました、多数の常任理事の皆さん、当会からはU先生が出席してくれました。


昨年卒業生のサポーターの皆さん。 
昨年「2010クライミングスクール」を卒業したサポーターの皆さん。
静岡踏岳会からは4名のサポーターが協力してくれます。
彼らのこれからの成長が大変楽しみです。


R0012976-5.jpg 
Oyajiくん講師を務めます。
 クライミングの講習に関しては安全に楽しくクライミングをする為に、特に「クライミングに対する基本的な考え方」と「オウンリスクの原則」の2点を重点的に説明します。
クライミングをしようと言う人にとってはとても大切な事です。

画像は、共通で使用するクライミングギアの説明をしています。
使用するギアは皆同じものを使い、講習を円滑に進める事と、当然将来はリーダーとしてのクライミングが出来る事を目指しますので、それに最適な用具をチョイスしています。

「2011アルパインクライミングスクール」の各講習会の様子は Oyajiくんブログ に詳しく掲載しますのでそちらもご覧ください。
また、スクールに興味のある20歳から45歳未満の方は Mail: s.fuji@jup.co.jp まで御連絡下さい。


関連記事 静岡市山岳連盟公式ブログ 「岳翔プレス」


投稿者 Oyajiくん
タグ :

湯河原・幕岩

 2011-04-26
4/24に久しぶりに湯河原幕岩にクライミングに行きました。

前日の雨で空いているかと思いましたが、桃源郷は大賑わいでした。

空いている岩場を求めサンバリーに行きましたが濡れています。

仕方が無いのでさらに奥を目指します。

アプローチに迷いながらもオリンパスの丘に到着。
DSC_0023_convert_20110426224230.jpg
ここも少し濡れていますが、何とか登れそうです。
グレード的には易しいんですが、
久しぶりのクライミングなので
テンション入れてしまいました。

何本か登ったら裏側に移動してカサンドラに挑戦。
これが面白かった。
アプローチが良ければ人気ルートになってるのかも。
海もよく見えるしお勧めです。



一通り登ったので、ガリバー、シンデレラを経由してアリババの岩場へ。
DSC_0025_convert_20110426225527.jpg

結構遅い時間でしたが人がいっぱいいます。
それでもせっかくなので空いてるところを登ろうとしましたが、既に指が終わってしまって登れませんでした。



久しぶりの湯河原はずいぶん暑くなっていました。
登れなくなるほど暑くなる前に、もう一度くらいは行きたいですね
K津
タグ :

大光山

 2011-04-14
踏岳会、会員のまさひとです。私は4/10にK山さんと安倍奥の大光山(おおぴっかりやま)へ登りました。


最初は沢を何回も越えていきます。まだまだ水は飛び上るほど冷たいです。
大光山004_convert_20110414203858


途中には巨大なガレ場がありました。要注意です。
大光山20_convert_20110414204255


ガレの淵で記録しているK山さん。
大光山023_convert_20110414210038


最後の沢沿いには作業小屋が放置されていました。
大光山008_convert_20110414204050


ここの山で一番高いあたりから見た南側です。ガスの向こうに十枚山とか真富士その他が時折顔を出してくれました。山頂の周りは大変に静かで、古びたブナとか白樺それにササ原が印象的な雰囲気を作り出しています。私はこの一帯を、けっこう気に入りました。安倍奥で大光山はどちらかと言えばマイナーですが、今回登ってみて良かった!
大光山012_convert_20110414204455


三角点は、一番高い場所から少し富士川の側へ下ったあたりに設置されています。
大光山019_convert_20110414204645


おまけ画像①フキノトウ
大光山028_convert_20110414205155

おまけ画像②私はカタバミだと思っていましたが、違うみたい。
大光山026_convert_20110414210232


タグ :

アルパインクライミングスクールリーダー研修会

 2011-04-12
4月10日(日)に新所原 立岩 で静岡市山岳連盟主催の「2011アルパインクライミングスクール」リーダー研修会を行いました。
静岡踏岳会からは指導者3名サポーター7名の参加が有りました。
サポーターになって戴いた方々は、昨年のアルパインクライミングスクールを卒業してスクールの趣旨に賛同しサポーターをやりたいと言って参加してくれた人達ですので、皆積極的です。

リーダー研修会①
全員で11名の参加者があり、正面壁でミーティングを行います。


リーダー研修会② 
指導者3名にサポーター6名、3パーティーに分かれてリーダー研修会を行います。
会員のUcさん楽しそうに登って来ています。


リーダー研修会③ 
Isさん、Ogさんのパーティーは西の壁で基本の再確認をしていました。
右ルートを会員のMuさんがSuさんのビレイでリードしています、終了点で指導者のOgさんが上から様子を見てくれています。

リーダー研修会④
こちらはIsさんパーティーです、女性サポーターのSeちゃんのセカンドビレイの様子を見てくれています。


リーダー研修会⑤
どうです、いい顔しているでしょう。踏岳会には若いクライマーが大勢いますのでブログをご覧の方も「アルパインクライミングスクール」に入って一緒にクライミングしませんか。



リーダー研修会⑥
正面壁の30m程のラインをリードしてきました、Ucさん気合が入って居ます。


リーダー研修会⑦ 
お昼は山頂です、アルパインクライミングスクール研修会ですので当然荷物を担いでのクライミングです。
西の壁から2ピッチで頂上に抜けるルート、Isさんパーティ。
山頂までクライミングするとお昼が食べられます。

リーダー研修会⑧
午後もガンガン登ってゆきます、みんな若いから疲れを知らないですね!!


リーダー研修会⑩
Muさん、難しいラインもスイスイとリードして行きます頼もしい会員の一人です。


リーダー研修会⑩
Suさんのビレイをする指導者のOgさんと会員の女性2名。
参加者の踏岳会会員の皆さんは余裕を持ってクライミングしていました。 


リーダー研修会⑪  



投稿者  Oyajiくん

タグ :

お花見

 2011-04-08
2週間ほど延期になっていた「お花見」がありました。

5分咲きの桜の下、ランタンが優しく照らしてくれます。
お花見
お酒やおつまみなどは、みんなが持ち寄ってくれたので、お腹いっぱいになりました。

幹事さん、楽しいお花見でしたよ~!ありがとう! 

投稿者 杉山
タグ :

清水山~愛宕山

 2011-04-02
市街地の低山歩きの面白さを発見した。
公園から学校裏から神社からと、たくさんの登り口があり、縦走路以外にあちこち寄り道をしながら楽しめます。
谷津山の3等三角点
谷津山三角点
配水所から南側の護国神社へ
護国神社
また登りかえして愛宕公園の神様たち
愛宕お供の神
愛宕神社に到着
愛宕神社
途中にあったキクラゲの木
きくらげの木
早足で歩き回って往復2時間15分。
身近な低山は、ガッツリ登山とは一味違った山歩きが楽しめます。

投稿者 杉山
タグ :

読図訓練

 2011-04-01
踏岳会、会員のまさひとです。3/27に私はK山さんの指導で読図訓練を受けてきました。今回は他にM浦さんとT山さんの四人でした。読図の能力は、今、私が最も関心のあるひとつです。それは多分、ヤブ山歩きの楽しさに目覚めてしまったからでしょうか。もちろん一度の訓練だけで上達なんてしませんが、毎年少しずつでも向上したいです。

という訳で、今回は釜石峠や突先山それに中村山へ登りました。こちらは毎回お馴染みの、釜石峠にある「歯痛地蔵」です。
読図訓練011_convert_20110401213352

釜石峠の北側には、この様に新しい林道が伸びてきていました。
読図訓練014_convert_20110401213524

突先山の頂上です。はっきり言って、えらく当日は寒かった。
読図訓練016_convert_20110401214111

頂上から林道へ下ってみると、南アルプスが見えました。
読図訓練018_convert_20110401214901

中村山の頂上です。ここは非常に良い雰囲気で、たいへん気に入りました。桜もあるし、お花見に向いているかもしれません。
読図訓練019_convert_20110401215048
タグ :

講演会 「山岳遭難と救助時の対応」

 2011-04-01
静岡市山岳連盟60周年記念事業の一環として、「山岳遭難と救助時の対応」という題で講演会が有ります。
 
----------------------------------------------------------------------------------------
中高年者の山岳事故が全国的に多く発生している昨今、山岳遭難の現場で直接多くの救助活動をされている、現役静岡県警本部 山岳救助 救助隊副隊長の名倉さんの講演が行われます。

日時 平成23年4月11日(月) 受付開始 18:30から 開会 19:00から20:45分終了予定
会場 「来・て・こ」 静岡市駿河区小鹿 2-25-45  Tel 054-202-4300
講師 静岡県警察本部 山岳救助隊 副隊長 名倉 健児様
議題 「山岳遭難と救助時の対応」
----------------------------------------------------------------------------------------


静岡県で起こる山岳遭難の救助活動第一線で活躍されている方の、生の救助活動事例とか、誰にでも発生しうる事故時の対応方法などが聞ける貴重な講演会です。
ぜひ、4月11日には「来・て・こ」に行って講演を聞きましょう。

関連記事 Oyajiくんブログ

投稿者  Oyajiくん



タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫