西丹沢 火打沢

 2011-11-06
踏岳会 新人会員ののたぞうです。

11月5日に西丹沢へ行ってきました。

不老山の登山道を登り適当なところで入渓します。

F1。いきなりの滝に圧倒されます。
hiuti1.jpg

F1、F2を高巻きしてまた素晴らしい滝に出会います。
hiuti3.jpg
この滝は登れそうでしたが、上の3mが厳しくて高巻きました。

その後はゴルジュ帯に入ります。このキュツ狭くなった感じがいいですね。
hiuti4.jpg

これがお風呂ならつかっていきたいような滝です。
hiuti5.jpg

落ち口が荒れていますが、見事な滝です。
hiuti6.jpg

2段15m。美しい滝です。トップロープなら試しに登ってみたいですね。
hiuti7.jpg

700m地点で時間切れということもあり、尾根を目指します。
hiuti8.jpg
足元はそれなりですが、たいした藪もなく登山道にでました。

不老山登山道は台風の影響でわかりにくい箇所もあります。

素晴らしい滝の連続に圧倒された沢でした。
タグ :

小仙丈沢・大仙丈沢

 2011-07-24
23日、野呂川の小仙丈沢に行って来ました。下りは大仙丈沢を下降しました。
綺麗な明るい沢で、沢をつめれば小仙杖カールのお花畑で最高でした。

IMG_3070.jpg


▼前日の22日に野呂川出合周辺でテント泊、帰りのバスの時間もあり早めの行動。
 小仙丈沢出合から入渓、20日の大雨で水量はわりと多いです。
IMG_2961.jpg

▼三段の滝
IMG_2968.jpg

▼三段の滝は右側を登ります。
IMG_2970.jpg

▼沢の水は冷たかったですが朝日に輝く清涼な水と青い空、気持ちがいい。
IMG_2994.jpg

▼四段の滝(大滝)。本流は一番右ですが、登るのは左側の岩稜から取りつきます。
IMG_3007.jpg

▼小仙丈カールの出口はもうすぐです。
IMG_3034.jpg

▼小仙丈カール お花たちが楽しませてくれます
IMG_3048.jpg

▼カールから稜線の登山道まではハイマツを避けてがれ場を詰めました。お約束のライチョウさん。
IMG_3062.jpg

▼仙丈ヶ岳 山頂 吹く風が爽やかでした。
IMG_3071.jpg

▼帰りは大仙丈沢を下ります。沢下りですね。
IMG_3090.jpg

▼今一番旬の花が群生していました。
IMG_3097 - コピー

☆小仙丈沢はやさしい沢ですが、3,000mに突き上げる沢とお花が楽しませてくれました。
 大仙丈沢は滝がないので下りで利用できました。野呂川出合まで周回できました。

台風の大雨でアプローチのバスが21日まで運休。延期になり心配していましたが何とか行って来ました。 
 数年ぶりの沢でしたが、明るい沢は良いですね!!経験者ならロープは要りません。  (isobe)
タグ :

沢デビューin北沢

 2011-07-12
初心者入門に丁度いい北沢に、沢デビューの会員と一緒に行ってきました。

へつって滝に登りに行きます
北沢1 北沢2

P7100941.jpg

沢デビューの会員もがんばって挑戦していきます
北沢4 北沢5

北沢6

ベテランも楽しく登って行きます
北沢7

休憩中もハーケンの打ち方を習います。熱心です。
北沢9

上部が脆くで登れない滝
北沢8

鹿の角を拾ってきたした。誰かの家にお持ち帰りです。
北沢10

年々、北沢のヒルが増えています。特にモノカー沿いでは1m置きにいたり、複数匹が一緒にいたりと。
上の林道で、ヒルチェック! みんなで20匹くらいいました。

沢デビューとヒルデビューを同時にはたしてきました。
by杉山
タグ :

安倍奥 北沢

 2010-09-06
中平にある北沢へ行ってきました。北沢は、泳ぎ、へつり、滝登り、高巻などバラエティに富んだ沢で、一日かけてゆっくりと楽しめる沢です。けれど数年前から「ヒル」も出るようになりました。
北沢a

へつりに失敗して、みんな泳ぎます。
北沢1
水は温かいのですが、苔が多かったです。
北沢3
安全の為ザイルを出します。
北沢2
年齢に関係なく、もっとカラフルに頼みます。
北沢4
ハーケンを打ち込む練習をして、しっかり刺さった「音」を確かめます。
北沢5
お助けロープやザイル等を出してもらい、賑やかに助け合っての一日でした。
踏岳会のいいところです。
タグ :

黒沢(くろんさわ)

 2007-08-27
最近、大汗ばかりかいて登っていたので、滝の飛沫を浴びたくていってきました。
黒沢は、管理人が沢登りにはまって、まだまもない「怖いもの知らず」の時以来です。高巻きが多いのですが、白いスラブの七つ釜や、明るい登れる滝などあっていい沢だと思います。

ここのヘツリ、難しいんです。この後ドボン!
20070827163526.jpg


七つ釜20070827164944.jpg


水が多いなあ~
20070827165112.jpg

と、言いつつも、濡れてない。
20070827165255.jpg


トップで登ってザイルを出してくれます
20070827165446.jpg

登った先にヤマホトトギス
20070827165709.jpg


途中、沢の中の高さ2m位の石に、今付いたばかりの濡れた足跡があった。「釣屋さんかなあ~」と言ってはみるが、いつまで追っても姿が見えない。
そういえば・・・・
  釣屋さんにしては急な石を登ってる。
  石の上部にのみ足跡。
  足跡が丸っぽくて、周りにハネが付きすぎ。
と、なると・・・・
  「熊!」
  上流から覗いたら、人間が来たので慌てて引き返した。
  水を飲みに来たら、びっくりして石に飛び乗って逃げた。
  ヤマメを採りに来た。
ナドナド・・・・想像は膨らむ。

管理人の左足が、どこで侵入したのか、ヒル1匹に3箇所食われていました。
タグ :

小川谷廊下

 2006-08-21
丹沢の小川谷廊下へ行ってきました。
前夜からの泊まりこみの方が多く、テントがたくさんありとても賑やかです。
そんな中、何故か一番乗りで沢に入ります。先を行く人も後から来る人にも会いません。貸切です。
20060821180400.jpg


数年前よりも淵が石などで埋まっているようで、泳ぐところが減った気がします。
20060821180627.jpg


詳しくは、リンク先の静岡の山と渓を見てください。
タグ :

黒沢(くろんさわ)

 2006-04-11
安倍川の支流のひとつで、きれいな釜をもった七ツ釜が魅力の沢です。
本日の目撃・・・キジ2羽、テン1匹、カケス、お魚いっぱい、釣人3名。
七ツ釜5m
20060411145805.jpg


20060411145907.jpg


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫