大雪山 ・ 黒岳

 2017-05-09
☆GWは北海道に行って来ました。 今回は昨年のリベンジで道東の知床がメインで知床岳登山が目的です。
 30日はメインの知床登山の前に足ならしで黒岳登りました。

▼黒岳
20170430-13.jpg

▼4月29日新潟港発~小樽行き 新日本海フェリー。3月に就航したばかりの新型フェリー「らべんだあ」
 個室にはテレビが付いて設備的には充実しましたが、船内はくつろげるスペースがなくなり、楽しみの一つ船内でまったり船旅を楽しめなくなり残念でした。
2017430-1.jpg

▼日本海は穏やかでした。
 4月30日定刻の4時30分小樽着。小樽港からの日の出です。
20170430-30.jpg

▼小樽から約3時間で上川町層雲峡の黒岳ロープウェイに着いたのが8時過ぎ。
 ロープウェイでまずは5合目へ。天気予報はよくなくてお昼頃から大荒れの予報。
 黒岳が見えます。
2017430-2.jpg

▼GWまでスキー場が営業していたので5合目からリフトで楽々7合目まで。
 黒岳スキー場は北海道を代表する山岳スキー場で多くのスキーヤー・ボーダーがいました。
2017430-3.jpg

▼7合目から歩きだしましたが、昨日の降雪でトレースはありません。
 多くのスキーヤーも山頂を目指しますが谷から登っていて、登山者は尾根ルート登りますが、
 登山者は私を含めて3名。私が先頭でラッセルしながら登ります。
2017430-4.jpg

▼気温が高くて昨日の降雪で膝下のラッセルです。今日はしっかりとワカン持ってきましたが良くない雪質でつぼ足で登りました。
20170430-7.jpg

▼天気は急激に悪くなってきます。何とか天気が持ってくれることを願いながら登ります。
 ニセイカウシュベツ山方面。
20170430-6.jpg

▼黒岳の展望が素晴らしい!
20170430-12.jpg

▼眺めの良い展望を楽しんだら山頂はもうすぐです。
 ここから急斜面で山頂ですが、相変わらずズボズボのラッセルです。
 スノーシューの登山者にラッセルを交代してもらいましたが、スノーシューは全然埋まらないのですが
 スノーシューのトレースを歩きましたが、つぼ足ではズボズボ埋まってしまします。
20170430-14.jpg

▼谷筋から登ってきたスキーヤー組。スキーは機動力抜群です。
 スノーシューの良さも分かっているのですが、つぼ足が好きなのでまだまだスノーシューは買いません。
20170430-15.jpg

▼旭岳・十勝岳連峰方面。山頂はもうすぐです。
20170430-17.jpg

▼黒岳山頂! 先に着いていたスノーシューの函館在住の登山者に写真撮ってもらいました。
 写真では分かりませんが強風です。なんとか午前中に山頂に着きました。
20170430-18.jpg

▼表大雪の山々。
20170430-19.jpg


20170430-20.jpg


20170430-23.jpg

▼強風の山頂、長居は無用です。山頂直下からラッセル代わってもらいましたがトレースがはっきり見えます。
20170430-25.jpg

▼お昼過ぎに下りて来て層雲峡観光しました。層雲峡ビジターセンター。
20170430-26.jpg

▼多くの観光客がいた流星・銀河の滝。冬はアイスクライミングで有名ですね。
 チャンスがあったら河原のボルダーを登る予定でしたが、昨年の夏の台風の豪雨の影響で石狩川は酷かった。
 流木や堤防が削られていて層雲峡の石狩川の面影はありませんでした。甚大な被害です。
20170430-28.jpg

☆30日は層雲峡で車中泊。午後から強風と雷雨でした。夜半がピークで風で車が揺れてよく眠れませんでした。
 明日5月1日は知床への移動日。
 旅の楽しみの東大雪の「タウシュベツ橋梁見学」です。

(isobe)
タグ :

知床岳

 2017-05-02
☆5/2(火)今日知床岳登る予定でしたが、
道道87号線が昨年の夏の台風の豪雨で通行止め。

事前に確認しない私は、今回のメイン知床岳登山は登る前に終了しました。

▼北浜で通行止め。
最悪、相泊まで歩く覚悟でしたが、工事関係者以外入れませんでした。


▼開通したばかりの知床横断道路も雪崩で5月1日通行止めです。復旧の見込みは不明。


▼通行止めの位置。復旧は6月になるとの事。


☆劔岳の衝撃があまりにも大きく、
無理をしてまで山にこだわる必要があるのか?
気持ちを切り替えて北海道旅続けます。

(isobe)
タグ :

タウシュベツ橋梁・北海道の山

 2017-05-01
☆5月1日、旧国鉄士幌線のアーチ橋、
タウシュベツ橋梁の見学ツアーに参加しました。

幻の橋と言われ一年のほとんどがダムに水没、崩落が激しく、もう数年で風化してしまいます。



▼2015年7月に登ったニペソツ山。
この風景の写真が撮りたくて参加しました。


▼2011年9月、2015年GWに登った雌阿寒岳。
ボルダリングもしました。
五色沼と言われる湖面は曇りで残念。


▼2015年GWに登った、カムイヌプリ。


☆山より、タウシュベツ橋梁はよかったです。
今回の1番の楽しみで期待通りでした🎵
大満足です!

過去に登った山を見て、当時の思い出が甦りました。

さあ!明日は知床岳、気合いが入ってます❗

(isobe)
タグ :

GW ・黒岳

 2017-04-30
☆30日、大雪山、黒岳登りました!

▼天気予報は、昼前から悪天候で寒気が入り雷雨です。午前中は何とか天気持ちました!


▼歩いたトラックです。


▼30日、小樽港からの日の出です!


☆下山後は層雲峡の黒岳温泉で汗を流しました。
明日は知床への移動日、途中観光しながら羅臼町目指します。

(isobe)
タグ :

スノーモンキーと美ヶ原

 2017-02-26
☆ 25日、「全国の絶景巡り旅 2017年」 信州の地獄谷野猿公苑に行ってきました。

▼野猿公苑の駐車場に7時着。
 開苑時間は9時からなので、ケトルでお湯を沸かしてコーヒーを飲んで待ちました。
20170225-1.jpg

▼アプローチの横湯川の渓谷にボルダーはありませんでしたが、風景は素晴らしいです!
20170225-17.jpg

▼雪をバックに温泉に浸かる猿。
20170225-3.jpg

▼ほっこりする表情が何とも言えませんでした。
20170225-4.jpg

▼思わず私もにっこりしてしまうのは当然ですね。癒されます!
20170225-5.jpg


20170225-12.jpg


20170225-21.jpg


20170225-14.jpg


20170225-16.jpg

▼9時開苑から12時過ぎまでいましたが、野猿はおとなしくて子猿達が可愛かった。
 また来たいと思ったスノーモンキー達でした。
20170225-19.jpg

▼車中泊予定の「マルメロの駅ながと」へ移動しましたが、
 時刻はまだ14時半。 日の入り前に往復可能だったので美ヶ原に行きました。
 歩きだしは15時30分。下りて来る多くの登山者は全員スノーシューを履いています。
20170225-32.jpg

▼散策気分で王ヶ頭へ。 展望は最高です!
 労力なしで素晴らしい展望を満喫できるのは美ヶ原の魅力かもしれません。
20170225-38.jpg

▼お約束の美しの塔。
20170225-36.jpg

☆今回の旅の目的はスノーモンキーでした。
 まだ歩いていない美ヶ原はサブでしたが、展望が素晴らしくて気持ちが良かったです♪

 今年は、北海道や屋久島の他に全国の絶景を巡りながら旅をしていきます。

(isobe)
タグ :

2/11〜12に、19名の大所帯で雪上訓練やっちゃいました!

 2017-02-13
八ヶ岳ブルーの絶好の天候に恵まれ、日帰り組を含め19名の参加による雪上訓練をおこないました。
16711744_818275701643860_3178452327768999_n (1)
毎年、雪上訓練を富士山で行うのが恒例なのですが、近年は雪が少なく、昨年は中止。
そこで今年は、一泊二日でテント設営などを含めて黒百合平〜天狗岳で行うことにしました。

冬テンに泊まり、水をつくることから、滑落停止、ロープ制動訓練など、
雪山に必要な生活技術を楽しみながら習得しました。

▼新規会員も含め、装備、食当、記録、会計など役割を事前に分担し、それぞれが準備をしました。
 まずは、事前に装備リーダーのYポンがテントのチェックを一級河川A川の河川敷でおこない、必要な竹ペグの本数を確認します。
16473871_1334153603325762_1791795362485378094_n.jpg

▼朝一に、共同装備・食料の荷分けを済ませ、渋ノ湯から登ります。
16684115_818276011643829_5605874788777398376_n.jpg

▼みんな、大荷物です。食当リーダーのセクシーな後ろ姿。
16602937_1853110271568212_1113526173227785055_n.jpg

▼7?歳になったばかりのU野先生、お久しぶりのTさんにも参加していただき、新旧会員の親交が今回の合宿でさらに深まります。
16708579_818274574977306_920859704527192999_n.jpg

▼黒百合ヒュッテに着いたら、すぐテント設営です。なかなか雪が締まらず苦労しました。
 気温マイナス12℃。
16684186_1853110304901542_5541266047484402775_n.jpg

▼雪を溶かして水をつくり、下ごしらえの済んだ食材でキムチ鍋。K山さんに運んでもらった重たかったお餅も焼いて、そして恒例の紅茶パーティー。
 食当リーダーのK原さん、初めての合宿参加にもかかわらず、本当にありがとうございました。
16681726_818274708310626_7251452517324613980_n.jpg
16729331_1853110451568194_4151088446089623236_n.jpg
16603071_818274768310620_7117016017978249152_n.jpg
16708342_818274744977289_1169647063650343484_n.jpg

▼ガスストーブが点火している間は本当に温かいテント。テントシューズを履いてトイレを済ませます。
 ヒュッテの温度計はマイナス18℃
 冬テンの生活の知恵のひとつ、背中からの冷え対策を教わって寝袋に入ります。
 テントの外では月夜が更けていきます。
16640966_818274838310613_3196862050206346923_n.jpg

▼翌朝はみごとに無風・快晴。どこまでも青い空。
16711963_818274921643938_120311384473616667_n.jpg
16711888_818274898310607_4568958123142718502_n.jpg

▼日帰り組が予定より少し早く合流し、中山峠で訓練開始です。
16681500_1050466501725559_5726219341299091508_n.jpg

▼滑落停止訓練で、「落ちたー!」と叫び、止まらないことを体感します。
16730547_1050466495058893_7439125561063770282_n.jpg

▼天狗岳直下の急斜面に移動して、セルフビレイの訓練。雪が柔らかく何度もピッケルがすっぽ抜けます。
16708553_1050466535058889_6203894685187016902_n.jpg

▼スタンディングアックスビレイの訓練。滑落している方が楽しそう。
16708435_1853111094901463_7041355906926395518_n.jpg
16711722_1853111194901453_4502759976427658265_n.jpg

▼訓練を終えて、集合写真。刺すような寒さの中、みんな、充実した顔をしています。
16711744_818275701643860_3178452327768999_n (1)

▼山頂までハイキング。
IMG_2812.jpg

▼山頂にて
16508661_818275924977171_406101506688714627_n.jpg

▼ヒュッテに戻り、テントを撤収して下山開始。
16730574_1102102946579199_6675862264721250726_n.jpg
16708536_818275994977164_4436019393436122505_n.jpg

役割を与えられて、各自がそれぞれ協力をして準備をしてくれたおかげで、ケガや体調不良もなく、無事訓練を終えることができました。参加した皆さん、お疲れ様でした。

最後に、テント干し2張りを自ら申し出ていただいたM谷さん、ありがとうございました。

by 事務局
タグ :

冬の大雪山 ・ 旭岳

 2017-01-12
☆3日、大雪山・旭岳 登りました。
   旭岳は昨年5月に登って以来4回目です。

大雪山・旭岳 静岡踏岳会ブログ

 旭岳は、春の残雪期・7月の夏・日本一早い紅葉の秋と登りました。
 今回の冬に登ることで四季を通じて登ることになります。

▼旭岳ロープウエイに8時20分着。
 スノボー・スキーで混んでいて始発の9時には乗れませんでしたが、第二便で姿見駅へ。
 登山者らしき人は誰もいませんでした。
20170103-1.jpg

▼姿見駅からパウダースノーのふかふかの雪は膝上まで埋まってラッセルです。
 ワカンは持っていましたが車に置いてきました。
 GWも登っているのでこんなにひどいとは思いませんでした。(ワカンでも厳しいかな)
 先行するスキーの人達。
20170103-2.jpg

▼石室を過ぎればサラサラのパウダースノーから開放できると思いましたが、
 逆に数日の積雪で、膝のラッセルから足が全部埋まってしまい、両手で埋まった足を引き揚げます。
 後から来たスキーヤーには全員に抜かれてしまい、「つぼ足では無理だから引き返すように」と忠告される始末。

 確かに時間がかかり過ぎて、なおかつラッセルで体力を消耗して何度もあきらめかけました。
20170103-3.jpg

▼厳冬期の旭岳ですが、ロープウェイ利用のお気楽コース。コースは熟知しているのでホワイトアウトも気になりません。
 気がかりなのは、最終のロープウェイに間に合うかどうかでした。(下り最終16時)

 標高をあげて行ってもパウダースノーに悩まされましたが、気合いで登りました。
20170103-4.jpg

▼標高を1900m過ぎたあたりから、つぼ足でも歩きやすくなりペースを上げます。
20170103-5.jpg

▼多くのスキー・スノボーの人達は下って行きました。 山頂を目指す人は少ないですね。
 先行していたスキーヤー達を逆に追い越してペースアップ。
20170103-6.jpg

▼3日の下界の天気予報はいいので期待していましたが、山は時折青空が見えましたが終始曇りでした。
20170103-7.jpg

▼気がつけば、先行する外国人スキーヤー二人組、スノボーの若者、私と山頂を目指すのは4人。
 後からも山頂を目指す人達はいますが、今まで休憩していないことに気づきました。
 ラッセルで全然余裕がありませんでしたが、一息入れました。
20170103-8.jpg

▼暖かい飲み物とパンを食べて体力復活。展望を楽しむ余裕も出てきました。
20170103-9.jpg

▼ニセ金庫岩。ここでルートを左にとり山頂は近いですが、 風が一段と強くなってきました。
20170103-10.jpg

▼強風の旭岳山頂。 写真を撮りましたが、二枚撮った所でバッテリーがダメ。
 予備のバッテリーに交換しましたが一枚も撮れないでダメでした。
 気温は物凄く低かったです。直ぐに下山しました。
20170103-11.jpg

▼下山途中の石室と大雪の鐘。一瞬旭岳が見えました。
20170103-12.jpg

▼時間がかかりましたが、13時40分に姿見駅に戻って来ました。
20170103-13.jpg

▼下山してきて復活したデジカメで記念撮影。
 デジカメの保温用の「ハッキンカイロ×2個」も効果ないほどの低気温でした。
20170103-14.jpg

▼雪が再び降り始めました。1日に稚内から美瑛に来ましたが、結局4日まで雪が降りました。
20170103-15.jpg

☆今回の旭岳登山、反省点があります。
 最高のパウダースノーを求めて外国から訪れるスキーヤーが多いのは知っていましたが、
 この時期のつぼ足で登るのは無謀でした。スノボーの人達はスノーシューを履いていましたが、
 スノーシューはワカンより良いですね。

 後、冬靴のソールを張り替えましたが、張り替えた為、ソールのサイズが大きくなり、
 事前に確認してこなかった為、アイゼン装着時に気がついて、グリベルのアイゼン調整を素手で行い
 右手親指、人差し指、中指が軽い凍傷になりました。

 事前の装備の準備、現地情報など大切さを痛感した旭岳でしたが、
 辛かったつぼ足のラッセル、寒かった山頂など厳しい登山は大好きです。

(isobe)
 
 
タグ :

宗谷岬 ・ 初日の出

 2017-01-10
☆昨年度、2016年のスタートは屋久島からでした。
 2017年は最北の地で年越ししたいと考えていて計画しました。冬の北海道は初めてです。

▼31日、宗谷岬を目指します。 冬のオトンルイ風力発電
20161231-1.jpg

▼サロベツ原野から利尻富士は見えませんでした。残念!
20161231-2.jpg

▼14時20分、宗谷岬に着きました。
 昨日30日は吹雪いて風も強かったですが、大晦日の今日は穏やかです。
20161231-4.jpg

▼本州から来た宗谷岬年越しツーリングのライダー達。今年は60台集結したようです。
20161231-5.jpg

▼今宵限りのテント村。岬周辺で約60張り。山やでない彼らには敬服しますね。
20161231-7.jpg

▼2017年1月1日、午前0時。宗谷岬年越しカウントダウンの後の記念写真。
20161231-9.jpg

▼6時15分、花火打ち上げ。 その後、稚内市長挨拶がありました。
20161231-11.jpg

▼記念品の干支のキーホルダーをいただき、初日の出!
 今年も山の事故などないようにしていきたいです。
20161231-12.jpg

▼サハリンが見えました。
 宗谷岬にはバイクツーリング含めて何度も訪れていましたが、見えたのは初めてです。
20161231-14.jpg

▼元旦の宗谷岬。車、バイク、自転車、大型観光バス。
 札幌と本州(東京)から初日の出ツアーがあり普通の観光客が多かったのには驚きました。
 冬の宗谷岬、当り前ですが寒いですが、、、
20161231-15.jpg

▼1日、道北は比較的穏やかで勇壮な利尻富士が素晴らしかったです♪♭
20161231-16.jpg


20161231-17.jpg


20161231-20.jpg


▼雪の利尻島、礼文島が望めて大満足です!
20161231-19.jpg

☆冬の北海道。最北の地で年越し、初日の出と目的が果たせてよかったです。
 今年は穏やかな年越しでしたが、昨年は吹雪でテントも飛ばされそうなくらいの強風だったそうです。
 
 私は山をやっていますが、ライダー達と共感できるのも同じ空気を感じているからでしょうか。
 来年もまた来ようと思った年越しでした。(できれば、吹雪いて厳しい年越しをしたかった)

(isobe)

 
タグ :

北海道 山旅 2016-2017

 2017-01-09
☆北海道に行って来ました。(道内12月30日~1月5日)
 今回は最北の地宗谷岬で年越し&初日の出。雪の美瑛の風景が目的です。

▼29日、大洗港18時30分発~
 私と同じ宗谷岬を目指すライダーは5台で少なかったですが、多くの帰省客で満席のエコノミーは狭くて辛かった。
 寝返りも出来ないくらい混みあっていました。
20161229.jpg

▼30日、苫小牧港に13時30着。下道を走り美唄IC~深川JCT経由し留萌市へ
 道の駅「おびら鰊番屋」で車中泊。日本海側は吹雪いて寒かったですが車内は快適でした。
 セラミックヒーターは大活躍でしたが、電気毛布は結局使いませんでした。
 山用の冬のシュラフで大丈夫でした。
20161230.jpg

▼31日大晦日。宗谷岬を目指します。
 冬の北海道ですが、アウトランダ―PHEVはパジェロ譲りの悪路走破性で安心でした。
 ツインモーターフルタイム4WDとS-AWC制御でブラックアイスバーンや凹凸のアイスバーンでも滑りませんでした。
 恐るべし、アウトランダ―PHEV、車中泊はもちろん、雪道走行も最強でした。
20161231.jpg

▼31日、大晦日から年越し。多くの旅人が集結しました。
20161230-2.jpg

▼1日、日本最北端から初日の出。
 昨日の吹雪から一転、穏やかな新年になりました。
2017101-1.jpg

▼1日、宗谷岬から美瑛に移動します。 途中利尻山が姿を見せてくれました。
 利尻山は2013年4月と昨年は夏に登りました。
2017101-2.jpg

▼2日、美馬牛のクリスマスツリーの木
20017102.jpg

▼3日、大雪山・旭岳 下山途中に一瞬山の姿が見えました。
IMG_9840.jpg

▼3日、美瑛 青い池は雪で覆われていました。夜17時~21時まではライトアップしています。
2017103-1.jpg

▼4日、美馬牛のクリスマスツリーの木。初めて霞んでますが太陽が見えました。
2017103-2.jpg

▼5日、北海道最終日。最後にして初めて晴れました。放射冷却で気温は低いです。
 マイルドセブンの丘。
20017105-1.jpg

▼5日、十勝岳連峰。雲がかかって全容は見えませんでしたが満足しました。
2017105-2.jpg

☆冬の北海道も素晴らしいです!
 来年もまた来ます!

(isobe)
 
タグ :

正月のアフタヌーン雪山ハイク 北横岳

 2017-01-08
1月2日
またまた、楽ちんアプローチで知られる北八ヶ岳の横岳
リハビリに、S夫妻にお付き合いいただき、
今回も絶好の晴天に恵まれて、大パノラマを楽しみました

▼富士山の裾野に雪が全然なかったので、御殿場からの転進です。
IMG_5454.jpg

▼北横岳ロープウエイ山頂駅を、昼過ぎからのスタートです。
IMG_5456.jpg

▼あっと言う間に北横岳南峰に到着。
  硬い雪と急な斜面を物ともせず、今回もノーアイゼンでトレーニング。
IMG_5464.jpg

▼北横岳北峰からの赤岳と阿弥陀岳
IMG_5468.jpg

▼雪が少ない蓼科山
IMG_5467.jpg

▼山小屋までの下りはアイゼントレで
IMG_5471.jpg

▼カレーヌードルで山専ボトルの実力テスト
IMG_5475.jpg

by 故障者リスト入りの中高年
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫