宝永火口ボルダーと慰霊登山

 2018-06-17
☆6月17日、富士山・宝永火口に行って来ました。山で遭難死した仲間の慰霊目的です。

 過去の静岡踏岳会ブログです。
・2013年6月宝永火口ボルダー
・2016年7月宝永火口ボルダリング

▼自宅から新五合目まで車で45分。途中でアイゼンを忘れたことに気が付いて時間をロスしましたが、富士山は近くていいね♪ 宝永第一火口と宝永山。
20180617-1.jpg

▼宝永第一火口を登攀中に滑落して遭難死。O口君。家の花壇のラベンダーとサッポロクラシック。屋久島で一緒にボルダリングしたかったね。
20180617-4.jpg

▼慰霊後はいつものように宝永火口ボルダー登りました。
20180617-3.jpg

▼いつもの課題のリピートでした。写真は撮りませんでしたので課題等は過去の静岡踏岳会ブログ見てください。今日はこの後、地元の山仲間と富士山に登るため新五合目の駐車場に戻ります。
20180617-6.jpg

▼1999年8月。 パキスタン「バツーラⅠ峰」で懸垂氷河が崩れ、それが原因でブロック雪崩が発生し遭難死した、F田君(27歳)
20180617-8.jpg

▼バツーラⅠ峰 彼は8000m級の山を登るのが目的でしたが、当時の地元山岳会では遠征計画がなくて福岡県の山岳会に移籍して初めての海外登山でした。
20180617-18.jpg

▼ 私は当時地元の山岳会に所属していましたが、F田君はクライミングレベルを上げるため私の勤務する会社に臨時社員として入ってきました。同じ勤務を希望して、夜勤明けで城山や三島のスエンに毎日通いグレードを上げました。私とは10歳違いましたが、兄貴、兄貴と慕ってくれました。
20180617-111.jpg

▼2001年三回忌。F田君の家族のサポート役でパキスタン行きました。パキスタン「バツーラⅠ峰」 7785mですが、過去に登頂成功3隊と厳しい山です。
20180617-16.jpg

▼隊長 I永さんと私。後ろに見えるのは 「ナンガ・パルバット」
20180617-14.jpg

▼「裸の山」の意味を持つ、ナンガ・パルバット。8000m峰を見たのは初めてでした。
20180617-15.jpg

▼映画『風の谷のナウシカ』の谷のモデルのひとつともなったと言われている、桃源郷フンザとウルタル。
20180617-17.jpg

▼宝永火口での慰霊では、宝永火口ボルダーだけでしたが、今日は私の地元の山仲間が富士山に登るとのことで同行しました。無雪期の富士山は面白くも何ともないのですが、新五合目からお気楽に登れる山なのでトレーニングついでです。雲海が素晴らしい。8合目上部。
20180617-9.jpg

▼今年は残雪が少ないですね。
20180617-10.jpg

▼山頂で昼食。女性陣3名の手作りのおかずは美味しかったです♭
20180617-11.jpg

▼一応記念写真を撮ってもらいました。
20180617-12.jpg

☆毎年恒例の宝永火口慰霊ボルダリングですが、バトゥーラI峰の遭難から19年経ちました。私が今でも山をやっているのは危険な山行はやめて、家族のために身の丈に合った山行にしているからです。

 毎年、27歳でこの世を去った若者を思い出す度に山に対する心の変化に自身驚いています。

(isobe)
 
タグ :

富士川ボルダーDeミーティング

 2018-04-08
☆8日、静岡踏岳会総会に向けてミーテイングを行いました。
 午前中は沼久保水辺の楽校で行い、昼食後富士川ボルダー・陽だまりエリアでクライミングでした。

 ・富士川ボルダーは松野側のメイン1が有名課題が揃っていて訪れるボルダラーが多いですが、
 陽だまりエリアやインゼルビギナーなど練習にはいいエリアですね。
 ★静岡踏岳会ブログ2015年11月  陽だまりエリアへ
 陽だまりエリア概要へ★陽だまりエリア

▼今日は金曜の雨で増水していましたが、陽だまりテラスは水没していなくでセーフでした。
20180408-1.jpg

▼ミーテイング参加メンバーのHさん、F田さんは初めての陽だまりエリア。
 安全に配慮してトップロープで登ってもらいました。
20180408-2.jpg

▼富士川ボルダー特有のツルツルの岩質に苦戦しましたね。
20180408-3.jpg

▼富士宮側の陽だまりエリアは日差しがあると暖かで冬がシーズンです。
 春頃まで登れます。
Inked20180408-4_LI.jpg

▼富士川はお花も楽しめて季節を感じることができます。
20180408-5.jpg

▼2006年に「フリーファン」に紹介されたのが12年前。紹介された時は多くのボルダラーが全国から訪れていましたが、
 最近は松野側メインの「shoulder」等登りに来るボルダラーが多くて驚いています。
 地元の富士宮山岳会が開拓して30年以上経ちますが、人気エリアになって何とも言えない複雑な気持ちです。
20180408-11.jpg

☆今週の11日(水)は月例会です。静岡踏岳会総会に向けて大事な例会になります。
 会員の方は参加お願いします。
 今年も年度計画を立てて各役員及び会員全員で静岡踏岳会を盛り上げていきましょう。

(isobe)
タグ :

鍵掛ボルダー

 2018-04-03
☆4月1日、山梨百名山王岳登山&鍵掛山ボルダー目的に行ってきました。
 近年は、アルパインクライミングスクールで「十二ヶ岳の岩場」を使っていてアプローチ沿いの西湖ボルダー登っていましたが、
 鍵掛ボルダーは以前から上級レベルのボルダーがあると友人から誘われていて、約8年越しで訪れました。

▼西湖いやしの里根場。
20180401-111.jpg

▼西湖から見る富士山は、富士宮側から見る富士山に近くて剣ヶ峰が特徴的です。
20180401-112.jpg

▼鍵掛峠への登山道沿いにボルダーが点在しています。
20180401-113.jpg

▼入口ボルダー。今日の目的は鍵掛山山頂周辺の鍵掛ボルダーと王岳登山なので時間に余裕がないためパス。
20180401-114.jpg

▼ボルダリングマットを背負って登山道登ります。
 過去に富山県の「大日岳ボルダー」「瑞牆山ボルダー」「兜山ボルダー」「乾徳山ボルダー」などマットを背負って登りました。
 2010年8月は黒部五郎岳でボルダリングしましたが、いつかマットを持ち込んで登りたいです。
20180401-115.jpg

▼下部の登山道沿いの岩場。
20180401-1177.jpg

▼写真では分かりづらいですが高さがあります。岩場探しすればまだまだボルダーありそうです。
20180401-119.jpg

▼スラブボルダー。傾斜が無さすぎてクリーニングの労力に報われなさそう。
20180401-120.jpg

▼鍵掛峠に近くなるとボルダーが多く点在しています。
20180401-124.jpg

▼鍵掛ボルダー。
 ここまで休憩なしで登ってきて久しぶりのマットを背負っての歩きのため私は大休憩。 
 友人は休憩なしで、クリーニング整備です。
20180401-127.jpg


20180401-131.jpg

▼鍵掛ボルダー、「鍵掛」中級課題。
20180401-125.jpg

▼抜けのホールドが土で乾いていなくて第2便で完登。
 2010年6月に見つけて以来約8年越しの宿題が解決しました。 おめでとうございます!
20180401-126.jpg

▼私はベストウェイトから5Kgオーバーでは、最後の乗越で体が上がらずNG。
 今現在の実力はこんなもんでしょう。日々の努力を怠っている現実ですね。
20180401-128.jpg

▼「鍵掛」 SDでは上級課題になり段クラスになります。
 力のあるボルダラーにお勧めです。
20180401-132.jpg

▼「峠」初級課題。写真で見ると腰回りがやばいかな。
 得意系のスラブ課題は何とかなりますが、やはり体重を落とさないと被り系はダメですね。
20180401-129.jpg

▼クライミングの目標もなくモチベーションも下がったままですが、山歩きとボルダリングは自分流でいいね♪♭
20180401-130.jpg

▼王岳への登山道稜線のボルダー。 富士山の展望がよくて気持ちがいい! 
20180401-137.jpg

▼終始富士山が望める稜線歩き。
20180401-138.jpg

▼鍵掛山から王岳に多くのボルダーが点在しています。次回はありですね。
 富士山を眺めながらまったりとボルダリングは魅力的です。
20180401-139.jpg

▼王岳から富士山。
20180401-140.jpg

☆先週は滝子山、二週続けての山歩きでしたが、ボルダリングマットを背負っての歩きは堪えました。
 王岳が目的だったので、次回はボルダリング目的で来たいですね。

(isobe)
タグ :

鍵掛ボルダーと王岳

 2018-04-01
☆4月1日、山梨百名山の王岳登りました。
 二等三角点からの展望はよくて富士山の眺めが素晴らしい山です。
 先週の滝子山に続いて「北海道山とボルダリング 2018GW」のトレーニングです。

▼王岳山頂からの富士山。
20180401-24.jpg

▼西湖の施設いやしの里の駐車場から歩きます。
20180401-1.jpg

▼西湖の西側から見る富士山。
20180401-2.jpg

▼王岳へは鍵掛峠経由で登ります。鍵掛山ではボルダーがありボルダリングも目的です。
20180401-3.jpg

▼茅葺き屋根の集落を再現したいやしの里根場。富士山と合いますね♪
20180401-5.jpg

▼私は久しぶりにボルダリングマットを背負って足に来ました。
 友人はいつもはボルダリングマットを2枚。多いときはマット3枚持って登っているので、マット1枚では足取りも軽やかです。
 鍵掛ボルダーは2010年に見つけたボルダーですが、ベトナム・中国と海外赴任で8年越しの目的を果たすことになります。
20180401-6.jpg

▼入口ボルダー。登山道沿いにボルダーが点在してきました。
20180401-8.jpg

▼大岩。日当たりが良いのでクリーニングは必要ありません。
 ボルダリングは対象外ですがフリーのルートが出来そうです。
20180401-9.jpg

▼大岩の上部からの大展望が素晴らしい!
20180401-10.jpg

▼鍵掛峠に近くなるとボルダー群がお出迎えです。
20180401-12.jpg

▼友人の目的は鍵掛山のボルダーを登ること。 私はまだ登っていない王岳が目的なので
 見るだけでスルーします。意外とボルダーが多く点在していて驚きました。
20180401-13.jpg

▼鍵掛峠。
20180401-15.jpg

▼3月21日に降った雪はほとんどなくなっていましたが、北側の斜面に少し残っていました。
20180401-16.jpg

▼鍵掛山のすぐ手前にある鍵掛ボルダー。どっ被りでした。
20180401-18.jpg

▼左の山が王岳。鍵掛山から意外と遠かった。稜線からは終始富士山が見えていいコースです♭
20180401-20.jpg

▼カメラで撮るのに終始逆光ですが、素晴らしい展望に大満足です。
20180401-22.jpg

▼山梨百名山、王岳山頂。マットを背負って良いトレーニングになりました。
 友人は鍵掛ボルダー登って、私は王岳登り、お互い大満足の山行でした。
 山歩きはいいね♪♯
20180401-25.jpg

▼ジオグラフィカ。今回は圏内だったからか普通に使えました。
Screenshot_2018-04-01-18-03-38.jpg

☆今日は山歩きとボルダリング。
 ボルダリングマットを背負っての山歩きは久しぶりでしたが、
 4月21日から行く北海道のトレーニングになりました。 

(isobe)
タグ :

大柳川渓谷ボルダー ・ 竜仙橋エリア

 2018-03-18
☆18日、山梨県の大柳川渓谷に行ってきました。
 来月の4月は北海道の山に登りに行くため、山歩きに行く予定でしたが、パートナーが急用でキャンセル。
 ボルダー仲間からの誘いで、滝の写真が撮れて、美味しい食事に温泉が楽しめるとの事。行くしかないですね!

▼つり橋散策コースがお勧めです。紅葉の秋がベストシーズンですね。
20180318-28.jpg

▼いくつもの滝があります。ボルダリング目的なので今回は五段の滝、幻の滝はパスしましたが、
 もみじ祭りの時期にまた訪れたいです。
20180318-2.jpg

▼竜神橋。中央のテラスから渓流が見渡せる階段橋。
20180318-3.jpg

▼天渕の滝(あまんぶち)
20180318-5.jpg

▼竜馬淵
20180318-6.jpg

▼観音滝
20180318-8.jpg

▼竜仙橋に戻ってきました。多くのボルダーが点在していますが、水量が多くて登れるボルダーは限られますね。
20180318-9.jpg

▼アップで登ったボルダー。
20180318-10.jpg

▼山を始めてから今現在は一番体重があります。
 ベストウエイトはフェザー級ですが、今はウェルター級に近いです。 アップ課題は重い体には丁度いいかな、、、
20180318-12.jpg

▼アップ課題その二。 SDは体を絞らないとクライミングは厳しいです。
20180318-21.jpg

▼天淵ボルダー。竜仙橋周辺のボルダーの中ではメインボルダーでしょう。
20180318-16.jpg

▼「天スラブ」
20180318-13.jpg

▼やさしいですが高さがあります。上に行くほどホールドは脆くて剥がれます。
20180318-14.jpg

▼「竜仙」 前傾帯のSDからカンテを跨ぐ課題。 天渕の滝が見えます。
20180318-23.jpg

▼友人はSDからトップアウト。私はスタンダードでトップアウトしました。
20180318-18.jpg

▼カンテラインですが、上部は脆くて危険なのでガバを掴んだらスラブ面に移りトップアウトします。
20180318-19.jpg

▼竜仙橋周辺のボルダー。
20180318-27.jpg

▼マントル課題のボルダー。
20180318-25.jpg

▼クールダウンで登ったボルダー。「カワセミスラブ」 クリーニングして登りましたが快適の★ドスラブボルダーでした。
20180318-32.jpg

▼ボルダリングを楽しんだ後は美味しい食事です。
 有名な「つくたべかん」 関東から食べに来るほどの人気です。
20180318-33.jpg

▼人気コミック「美味しんぼ」で紹介された、つくたべかん特製の十谷郷土料理の「みみ」
 まさかの売り切れでした。 ボルダリングを早めに切り上げましたが、、残念です。
20180318-34.jpg

▼新玉ねぎが美味しかった天ぷら蕎麦。 天ぷらが50円と安くて驚きです。
20180318-36.jpg

▼近くの大柳川沿いにある 甲州鰍沢温泉 「かじかの湯」で汗を流して終了です。
20180318-39.jpg

▼富士宮市在住で毎日見ている富士山ですが、山梨側から見る富士山が好きです。
20180318-38.jpg

▼今日は暖かくて梅も咲いていました。
20180318-37.jpg

☆ 山歩きの予定からボルダリングでしたが、
  のんびりとつり橋を歩いて滝めぐり。ボルダリングして美味しいお蕎麦に温泉と大満足でした。 
  来月のGWは毎年恒例の「2018GW 北海道山とボルダリング旅」
  トレーニングで山歩きもしたいですね。

(isobe)
  
タグ :

興津川ボルダー ・ 徳間峠分岐吊橋エリア

 2018-03-04
☆4日、ボルダー仲間三人で興津川上流の徳間峠分岐吊橋エリアに行ってきました。
 エリアは仲間が整備していて課題も増えています。

▼日差しがたっぷりで暖かい。明るい河原のエリアで居心地が良いですね♪
 ヤマビルが活動する時期になるのでシーズンは終わりでしょうか。
20180304-2.jpg

▼メインボルダーのカンテ課題。高さもあり私のレベルでは登れません。
20180304-1.jpg

▼今日登ったボルダー。正面のセンター課題、ライトカンテ、レフトカンテ課題。
20180304-7.jpg

▼昨年の11月に行われた「ボルダリングスクール・富士川ボルダー」に参加してくれたクライミングの大先輩 K池さん。
20180304-8.jpg

▼外岩はボルダリングスクール以来で約4か月振りでしたがナイスです。
20180304-9.jpg

▼友人は目的のドッ被りのボルダーを整備クリーニングして試登します。
 右の岩のジャミングスタートからカチを繋いでいく上級課題。
20180304-10.jpg

▼スローパー課題。友人は正対ムーブで。
20180304-13.jpg

▼K池さんは体を振ってヒールフックで安定させて抜けのホールドを取りに行きます。
20180304-12.jpg

▼還暦チームの最年長ですがブランクを感じさせない登りはナイスです。
20180304-14.jpg

▼3月に入り暖かい日差しは確実に季節は春に向かっていますね。
 還暦チームの中では私は年齢が一番若いですが、最近はクライミングから離れていてダメダメでした。
 絶景を求めての車中泊旅が楽しくてメインになっていますが、ボルダリングもいいね♪♭
20180304-11.jpg


Screenshot_2018-03-04-11-05-15.jpg


☆4日は、静岡市山岳連盟、消防、県警との三機関合同訓練でしたが踏岳会からの参加者はいなくて
 私も午前中に所用があり参加しませんでした。

 興津川ボルダー・上流徳間峠分岐吊橋エリアは課題数も増えてなによりもアプローチが近いのが魅力的です。
 ヤマビルが生息しているのでそろそろシーズンは終わりですね。

(isobe)
タグ :

興津川ボルダー ・ 徳間峠分岐吊り橋上ボルダー

 2018-02-11
☆11日、興津川上流の興津川ボルダーに行って来ました。
  興津川ボルダーは4年前の2013年3月にブログで紹介しています。
 ★静岡踏岳会ブログ2013年3月 興津川ボルダーへ

▼今回は友人が開拓している興津川上流徳間峠分岐吊橋エリアのボルダーが目的です。
  大好きな屋久島の「横河渓谷」ボルダーの雰囲気があります。
20180211-1.jpg

▼周辺のボルダーを案内してもらいました。整備途中のボルダー。
20180211-2.jpg

▼河原を歩いていきますが雰囲気がいいですね♪
20180211-6.jpg

▼個人の好みで好きなラインで登れそうなボルダー。
20180211-7.jpg

▼吊り橋上の上流には多くのボルダーが点在しています。
20180211-8.jpg

▼魅力的なボルダーが多いのでお勧めですが、山ビルが生息しているので、シーズンは冬のみ。
20180211-9.jpg

▼今日の目的のボルダー。吊り橋から少し上流にあります。
20180211-4.jpg

▼徳間峠分岐~吊橋周辺のボルダーの中ではメインボルダーでしょう。
20180211-15.jpg

▼二人で約3時間かけて整備・クリーニングです。私も手伝いましたが整備の労力は大変です。
20180211-17.jpg

▼メインボルダー、センター課題。
20180211-20.jpg

▼整備後の砂埃と昨夜の雨で滑ります。コンディションは最悪ですが完登。
20180211-27.jpg

▼私はライト課題登りました。
20180211-22.jpg

▼ホールドはガバの連続ですが滑る感じで緊張しました。
20180211-24.jpg

▼雨で土が流れて状態が良くなるとカチを繋げて登る課題などで楽しめそうです。
20180211-25.jpg

▼最後にクールダウンで二日前の9日(金)に友人が整備したボルダー、「リハビリ課題」で終了です。
20180211-29.jpg

☆興津川は軍艦岩周辺のボルダーや帰りに案内してもらった興津川のスラブボルダーなど楽しめます。
 時期は山ビルが活動していない冬季に限られますが静岡市から近いボルダーエリアです。
 
 個人的に全国の絶景を求めて車中泊旅がメインになっていますが、久しぶりのボルダリング、いいね♪♭

(isobe)
タグ :

唐人駄馬巨石群ボルダー

 2018-01-11
☆5日、しまなみ海道から四国入りです。 四国のボルダーは2014年3月の香川県遠見山ボルダー、
 9月の徳島県鳴滝ボルダー、愛媛県西之川ボルダー、高知県黒潮ボルダー以来です。

★2014年3月遠見山ボルダーブログへ
★2014年9月西之川ボルダー
★2014年9月鳴滝ボルダーブログへ
★2014年9月黒潮ボルダーブログへ

▼1月5日、愛媛県伊予市のJR下灘駅に寄り道。
20180105-1.jpg

▼多くの映画やドラマにも登場した無人駅。目の前には伊予灘が広がる絶景スポットです。
 JRのPRポスターに3度起用された「日本一海に近い駅」
20180105-2.jpg

▼今回の四国旅の目的の大堂海岸。柏島が見えます。
 5日雨が上がり美しい夕陽を期待しましたが雲が邪魔でNGでした。
20180105-5.jpg

▼6日、大月町の道の駅「大月」で車中泊。 夜半の強風と大雨は凄かったです。
 計画では6日、7日二日間で大堂海岸ボルダー。 早朝は雨でボルダーは濡れていそうですが、
 私の仕事とプライベートで大変世話になった方が不幸に遭い急遽帰らなければならなくなりました。
20180106-1.jpg

▼途中の足摺岬手前にある「唐人駄馬巨石群」寄りました。
 縄文時代から弥生時代の石器が数多く出土した場所で唐人石と呼ばれる巨石が山中に点在します。
20180106-11.jpg

▼観光ガイドにも紹介されていて観光客が多かった。
20180106-2.jpg

▼入口ボルダー。やさしそうなスラブですが、結晶が粗い花崗岩で指にきます。
20180106-3.jpg

▼遊歩道沿いなので観光客の目が気になりました。
20180106-5.jpg

▼のんびりとボルダリングしたかったのですが、登れそうなボルダーを片っ端から登ります。
20180106-6.jpg

▼主にスラブボルダーばかりですが、指の消耗が激しくて指皮にやさしくなかったです。
20180106-7.jpg

▼遊歩道から離れてボルダー探していたら面白そうなボルダーを発見。
20180106-9.jpg

▼中間部のガバを捕まえたら豪快に右足で立ちこんでリップを掴むのですが、
 すでにボロボロと剥がれおちる岩質に指皮が終わっていました。
 2012年5月に行ったタイのタオ島の岩質に似ていました。

 ★タオ島ボルダリング ★2012年5月 静岡踏岳会ブログへ

20180106-10.jpg

▼四万十川の最も下流にある沈下橋、「佐田沈下橋」
 沈下橋では最長の約292mあります。
20180106-112.jpg

▼JR中村駅に近くてアクセスがいいので多くの観光客が訪れます。
 車も通れますが私は歩いて橋上を歩きました。
20180106-113.jpg

☆2014年以来の四国ボルダー旅でしたが、当時のクライミングに対するモチベーションはなくて
 観光が目的の四国旅でした。葬儀に参列のため計画をキャンセルしましたが
 目的の大堂海岸ボルダーよりも、四万十川エリアでのんびりしたかったです。

(isobe)
タグ :

千光寺公園ボルダー

 2018-01-10
☆2018年最初の旅は尾道からしまなみ海道で四国へ行ってきました。
 多くの映画ロケ地になった尾道、路地や坂道を歩いてノスタルジックな雰囲気を充分に楽しみました。

▼1月3日、15時富士宮発~広島県福山市の「道の駅アリストぬまくま」に着いたのが23時30分。
 1月4日は尾道の名所の千光寺に行きました。
 
 山頂の展望台からは尾道水道に架かるしまなみ海道も一望できます。
20180104-1111.jpg


20180104-112.jpg


20180104-111.jpg

▼千光寺山ロープウェイ。山裾の市街地と山頂の千光寺公園を結ぶロープウェイ。
 ロープウェイで登り、下りは歩いて文学のこみちを散策するのがいいですね。
20180104-2.jpg

▼レトロな港町尾道、充分に楽しみました。
20180104-116.jpg

▼初詣客と観光客で賑わっていました。尾道いいね♪♭
20180104-113.jpg

▼千光寺公園では文学のこみちに登れそうなボルダーが多く点在していましたが、
 さすがに観光客が多すぎてボルダリングは断念。
 山頂から離れている観光客が来ないエリアでボルダリングしました。
20180104-3.jpg

▼やさしいスラブボルダーでアップ。
20180104-17.jpg

▼カンテラインを登りました。
20180104-13.jpg

▼うす被りボルダー。
20180104-8.jpg

▼正面のSD課題は難しくてNG。
 最近はクライミングから離れているので甘くはないです。
20180104-4.jpg

▼左カンテから何とか完登しましたが、根性がない薄皮の指は消耗してしまいました。
20180104-7.jpg

▼スラブボルダー。左カンテ課題、正面、右課題と私に合ったボルダーでした。
20180104-9.jpg

▼正面課題。千光寺公園ボルダーではチョークは使いませんでした。
 使った場合はクリーニングするのはマナーですね。
20180104-11.jpg

▼高さはありませんが、マントルが核心のボルダー。
 目的の尾道ラーメンを食べるので午前中で終了です。
20180104-15.jpg

▼全国からラーメン好きが集う有名店の行列は想像以上でした。
 北海道の函館・札幌・旭川・釧路などの有名ラーメン店に行きましたが、尾道ラーメンの行列は半端なかったです。
 尾道のアーケード商店街、大林監督の映画の舞台など観光。大満足の尾道でした!
20180104-114 (2)

▼「しまなみ海道」大島の亀老山展望公園から来島海峡大橋。
20180104-119.jpg


20180104-121.jpg

▼車中泊した大島南端の来島海峡大橋のたもとにある「道の駅よしうみいきいき館」付近から。
 しまなみ海道の道の駅には、自転車のチューブを売っている自動販売機があるのには驚きました。
20180108-122.jpg

☆ノスタルジックな海景と文学の小道、大林映画の舞台の尾道。
 四国は何度かバイクツーリングで来ていましたが尾道は初めてでした。
 
 瀬戸の島々や遠くには四国連山まで眺められて素晴らしい景色に大満足でした。
 
 明日5日は一日雨予報、しまなみ海道~愛媛県経由で高知県の宿毛市、大月町の大堂海岸へ移動します。

(isobe)
タグ :

ビク石ボルダー ・ 山頂下エリア

 2017-12-10
☆10日(日) 静岡県藤枝市ビク石ボルダーに行ってきました。
 ビク石ボルダーは友人が開拓しているエリアです。
 ビク石は、山頂エリア・山頂下エリア・車道上、車道下、旧道エリアなどエリアを開拓していて、
 一大エリアになりつつあります。

▼ビク石山頂駐車場からは富士山や駿河湾など大展望が楽しめます。
20171210-13.jpg

▼開拓している山頂エリアを案内してもらいましたが、山頂は風が通り抜けて寒くNG。
 日差しはあまりありませんが、風がない山頂下エリアで遊ぶ事にしました。
 T01: 4級課題のトラバース。右端からSDスタートでトラバースしてトップアウトします。
20171210-1.jpg

▼本日整備したボルダー。中央センターSDスタートは難しくて、レフト側スタートでトップアウトしました。
20171210-2.jpg

▼2012年1月以来のリピートになった前傾ボルダー。
 ★びく石ボルダー2012年1月 静岡踏岳会ブログへ。
20171210-5.jpg

▼豪快に乗越す課題です。クライミングから離れている私には厳しかったですね。(クライミングは甘くないです)
20171210-3 - コピー

▼友人が3日前に整備したスラブ課題。ライト側はアップにいいですね。
20171210-6.jpg

▼☆☆☆三つ星課題のセンター、お勧めです。
 核心は超えましたが、高さにビビって宿題になりました。山頂下エリアでは代表的な課題になりそうです。
 スラブ好きにお勧め課題です。(安全のためマットは数枚必要です)
20171210-7.jpg

▼最後にクールダウンで本日整備した課題。
 入門課題で簡単ですが、びく石のボルダーは指皮に易しくないので注意が必要です。
20171210-8.jpg

▼先週までは紅葉が見頃でしたが、落葉が進んでいました。残念!
20171210-11.jpg

▼今日はハイカーも少なくて静かなびく石でした。
20171210-12.jpg

☆ビク石ボルダー。駐車場から近くてトイレや水場、東屋もあります。
 展望も良くて前夜に宴会してから翌日にボルダリングがお勧めです。
 
 友人がトポを作成していますので踏岳会会員で興味がある方は連絡下さい。
 来年の2018年ボルダリングスクールの会場にしてもいいですね。

(isobe)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫