精進川 ・ 芝川ボルダー

 2017-04-23
☆23日、富士宮市北部の芝川ボルダーに行って来ました。
  静岡踏岳会ブログで過去紹介しています。

 ★芝川ボルダー 2015年11月

▼自宅から車で約15分。近すぎてなかなか訪れる事がありませんが、
 久しぶりの予定のない休日だったので訪れてみました。雲で富士山は見えません。
20170423-5.jpg

▼滝は水量が多かったです。マイナーな滝ですが、天気が良ければ富士山と滝の綺麗な風景がいいね♪
20170423-2.jpg

▼メインボルダーとスラブボルダー
20170423-3.jpg

▼課題的にはやさしいですが、最近は全然登れていないのでリピートもやっとでした。
 クライミング・ボルダリングに対するモチベーションがなくなってきています。
20170423-6.jpg

▼趣味の山の世界ですが、自分のためなのか、他の山仲間のために山をやっているのか分からなくなっています。
 気持ちの低下と登れないのと早々退散しました。
20170423-7.jpg

▼今週末からは「北海道山とボルダリング2017GW」
 昨年のリベンジで道東に行きます。今年の北海道は雪解けが遅れています。
 積雪状況と天候次第では登山は中止して、観光に変更です。残雪期の知床は見所が多く楽しみです。
20170423-9.jpg

▼北海道旅の楽しみの一つ 新日本海フェリーでマッタリするのがいいんです!
 2017年3月就航の新造船の「らべんだあ」は初乗船です。持て余す時間に何回も読んだ文庫本で妄想にふけります。
20170423-10.jpg

☆4月29日(土)新潟港発~30日(日)小樽着4時30分。 北海道内は30日~5月6日まで滞在します。
 最近は山とボルダリングよりも観光がメインになっています。
 アウトランダ―PHEVで快適な車中泊旅は最高です。北海道楽しみです♪

(isobe)
タグ :

口仙俣ボルダー

 2017-03-19
☆19日、ボルダー友人が開拓整備している静岡玉川ボルダーの口仙エリアに行って来ました。
  メンバーはいつものシニアメンバー三人です。

▼口仙エリアは渓谷内で石伝いで対岸に渡ります。水量が多い時は渡渉になります。
 *写真は帰り道です。写真左がメインボルダー、右がサブボルダー。
20170319-16.jpg

▼メインボルダーのスラブ面。やさしいですが高さがあります。
20170319-11.jpg

▼気が付けば、ボルダーは昨年の12月以来で今年の初登りになります。ブランクがありすぎて
 高さにビビって右に逃げてしまいましたがトップアウトすると気持ちがいいです!
20170319-9.jpg

▼サブボルダー
20170319-13.jpg

▼サブボルダーのスラブ課題。
20170319-2.jpg

▼一手課題ですが快適に登れて好課題です。
20170319-4.jpg

▼3月に入っても寒かったですが、口仙エリアは開放的で日差しがあり暖かい。
 K池さん登ります。
20170319-7.jpg

▼サブボルダーのレフト課題。
 UさんK池さんは一撃でしたが、体を振りながらホールドを取りに行くムーブが苦手な私は宿題になりました。
 3ヶ月振りのボルダリングでしたが、甘くないですね。
20170319-12.jpg

▼メインボルダーのスラブ課題。
 スラブ系は好きなのでトライしましたが、やさしそうな見た目とは違って嵌りました。
 スタートからスラブ面に立ち込むまでが核心で、数回のトライで何とか登れました。
20170319-14.jpg
 
▼サブボルダーのライト課題。
 ホールドが剥がれてアクシデントがありましたが怪我にはならなくて幸いでした。
 気持ちも萎えてしまい終了。
20170319-15.jpg

▼アクシデントの騒ぎで地元のS鳥さんが様子を見に駆けつけてきました。
 ボルダリングについてお話をして理解を得てもらい一安心です。
 ここのエリアは携帯はソフトバンクのみ使えて他は不可です。
 万が一の通信はS鳥さん自宅上に公衆電話があります。
20170319-18.jpg

▼ジオグラフィカ、口仙エリア
Screenshot_2017-03-19-10-22-09.jpg

☆奥仙俣に住む I﨑さん同様に口仙俣に住むS鳥さんも過疎化が進む集落を何とかしたいと思っています。
 山間地域振興としてボルダーを活用出来るのなら全面的に協力したいと理解してくれました。

 2017年の静岡市山岳連盟の新規事業で「静岡ボルダリングスクール」を秋に開校します。
 第一回は地元の富士宮市 「富士川ボルダー」予定しています。
 二回目以降は静岡市のエリアで行いたい。
 
 今後、ボルダーの下地の整備や駐車場・宿泊施設など市に話しかけてくれるとの事ですが、
 私も静岡市山岳連盟を通じて、
 ボルダーエリアとしては全国でもトップクラスになるであろう奥仙俣から口仙俣エリアの整備を進めて
 静岡のクライミング技術向上に協力していきます。

(isobe)

 
 
タグ :

奥仙俣とボルダー

 2017-01-23
☆22日、玉川の最も北にある山深い集落の奥仙俣を歩いてきました。
 目的はボルダー。最近友人が開拓しているエリアで今日は奥仙俣に初めて来ました。

詳しくは友人のブログで。
・山旅とボルダリング「静岡玉川ボルダー・okusen-eria」

▼上落合から口仙俣の集落を過ぎた、黒川林道起点付近のボルダーを登りに来ましたが、
 まだ気温が低くて登る気にならず、せっかくなので奥仙俣の集落までボルダー探しついでに歩くことにしました。
20170122-21.jpg

▼歩きだして直ぐに魅力的なボルダーがありました。
 うす被りですがホールドはしっかりしていて整備すれば登れそうです。
20170122-2.jpg

▼静岡駅から北へ30㌔、静岡市葵区ですが、のどかな雰囲気がいいね♪
20170122-3.jpg

▼「はしずめはし」下流に大岩がありました。
20170122-4.jpg

▼「二王山」登山口からのアプローチで大岩に取り付けます。
 あとで集落の一番奥の一軒家の I崎のおばあちゃんに聞いたところ、
 「むだ石」と集落では言うそうです。 浅間神社の鳥居で奉納される予定が無駄になったことから付けられました。
20170122-7.jpg

▼この後上流にもボルダーがありましたが、 圧倒的なハイボルダーが多く点在していました。
20170122-9.jpg

▼地図を確認すると近くに神社があります。神社のアプローチは今一分からなかったので
 一軒家の御夫婦が外に居ましたので教えてもらいました。
 81歳のおばあちゃんと切干大根。神社には御夫婦の家の茶畑を通って行きます。
20170122-10.jpg

▼I崎さんの茶畑が神社への道になっています。サルよけの大音量のラジオは効果があるのかな?
20170122-15.jpg

▼今日はボルダリング予定でしたが、ボルダー探しから奥仙俣の集落の散策になりました。
20170122-13.jpg

▼山神社。集落は過疎化が進み今では7世帯、11人しかいないそうです。
 おばあちゃんは何とかして人が集まるようにならないか悩んでいました。切実な問題です。
20170122-14.jpg

▼畑仕事を手伝いに来ていたおばあちゃんの息子さん情報で、
 さらに上流にボルダーがあるとの事でしたが、まさかの圧倒的なハイボルダーにビックリしました。
20170122-16.jpg

▼私レベルでは到底登れないボルダーが点在しています。
 公開プロジェクトなので段クラスの強いボルダラーの方が来て登って欲しいです。
20170122-17.jpg

▼時間切れで今日のボルダー探しは終わりですが、上流にはまだまだボルダーがありそうです。
20170122-19.jpg

▼玉川ボルダーエリアの楽しみの「口坂本温泉」 ギリギリ営業時間に間に合いました。
 とにかくエリアから直ぐ近くにありありがたいです。今日も温まって帰りました。
20170122-24.jpg

▼歩いたトラックです。
Screenshot_2017-01-22-15-38-43.jpg

☆玉川ボルダー・奥仙地区エリア。魅力的なボルダーが点在していて驚きました。

 静岡市岳連の来年度の新規事業 「ボルダリング・静岡」の開催エリアに出来たらいいですね。
 ・クライミングスクールが終了した後の、10月から11月を予定しています
 ・静岡市のボルダリングエリアの紹介も兼ねています

  過疎化が進む集落に目を向けてもらうにもいいかもしれません。

(isobe)
 
タグ :

奥静岡 玉川ボルダー

 2017-01-15
☆15日、ボルダー友人が今年になって開拓整備している、安倍川支流の玉川へ行って来ました。
 北海道 旭岳で右手が軽い凍傷になり、皮が剥けてきて登るには厳しいですが、
 新しいエリアに期待して来ました。

▼玉川は夏になると綺麗な清流で川遊びで有名ですね。
20170115-1.jpg

▼玉川油野ボルダー。
 今日は温暖な静岡でも気温が低くとても取り付く気になりません。
20170115-2.jpg

▼公開プロジェクトがあるボルダーを案内してもらいました。
 吊橋を渡って行きます。奥静岡には普通に吊橋があります。
20170115-3.jpg

▼ここのエリアも未トライのボルダーが点在しています。
20170115-4.jpg

▼公開プロジェクトボルダー。
20170115-8.jpg

▼強烈な前傾壁。今風で段クラス。
20170115-5.jpg

▼岩はしっかりしています。
20170115-6.jpg

▼美しい清流がなんともいえません。
20170115-7.jpg

▼権七峠へ向かう林道にあるボルダー。
20170115-9.jpg

▼整備後でまだ土埃があります。日差しがなく寒過ぎて今日はパスします。
20170115-10.jpg

▼今風の前傾ボルダー。
20170115-13.jpg

▼未整備ですが、ホールドはガバで豪快に登れそうです。
 川上から吹き抜ける風で体は冷え切ってしまい心も折れました。
20170115-11.jpg

▼エリアのすぐ近くに口坂本温泉があります。
 市営で300円は安いです。一日まったり温泉に浸かるのもいいですね♪
20170115-15.jpg

☆計画では14、15日で私が企画した甲斐駒黒戸尾根でしたが、14日が地区のどんど焼で中止になりました。
 大寒波だったので逆に中止でよかったかも知れません。

 暖かな静岡も今日は寒すぎました。
 玉川ボルダーエリアですが、清らかな渓流と口坂本温泉とボルダリングセットで楽しめます。

 指が完治したら訪れたいですね。

(isobe)
 
タグ :

南部ボルダー ・ 下のエリア

 2016-12-26
☆25日、山梨県南部町十枚山登山口手前の南部ボルダーに行って来ました。
 前回は十枚山登山口まで行ってしまいアプローチ敗退でしたが、
 今日は南部ボルダーを開拓している友人と一緒です。

▼南部ボルダー・課題名「nanbu」は先日の雨で取り付けずNG。
201612125-1.jpg

▼水量が多くて目的の左岸エリアのボルダーは徒渉しないと渡れません。
 それと害獣を捕獲駆除するハンターの方達とバッティングしてしまい退散することにしました。

 南部ボルダー・下のエリアに移動。
20161225-2.jpg

▼下のエリアも対岸の左岸へは増水し水量が多くて次回に持ち越しです。
20161225-3.jpg

▼スラブボルダーと小粒ですが、ワンポイントボルダー。(クリーニング整備後)
20161225-5.jpg

▼四国ボルダリングツアーから帰って来たばかりの友人登ります。
 高知県の大堂海岸ボルダーをメインに和歌山県の「田杭漁港付近のボルダー」など遠征して来ました。
20161225-6.jpg

▼レフト、センター、ライトと登りました。アップにいいですね!
20161225-8.jpg

▼小粒なボルダー。
20161225-9.jpg

▼ヒールフックのワンポイント課題です。
20161225-10.jpg

▼グレードはともかく、登れると純粋にうれしいですね。
20161225-11.jpg

▼本日のメイン課題になったボルダーの「Nukui ボルダー」
20161225-12.jpg

▼レフト側課題 「Nukui-up 4級」
20161225-13.jpg

▼細かいホールドを繋いでいく快適な課題です。
20161225-14.jpg

▼メイン課題「Nukui 1級」
20161225-15.jpg

▼ブラッシングしましたがホールドはツルツルです。
 堪えてガバを取りに行きますが、両手マッチしてからが核心でした。
20161225-16.jpg

▼左足が抜けて落ちかけましたが、今年最後のボルダリングなので気合いで登りました。
 宿題にならなくてよかったです。
20161225-17.jpg

▼南部ボルダー位置。ジオグラフィカ。

Screenshot_2016-12-25-12-58-36.jpg

▼近況ですが、一眼レフカメラ購入しました。
 12月29日大洗港~フェリーで苫小牧へ。大晦日は日本最北端の宗谷岬で年越しイベント参加。
 元旦から4日まで大好きな美瑛で丘の写真を撮る計画です。 6日の夜に富士宮に帰って来ます。

 冬の北海道、車中泊ですが、アウトランダ―PHEVは100VAC電源があるので
 電気毛布、セラミックヒーター使えます。夜はマイコンテーブルクッカーで現地調達の食材で鍋料理、楽しみです。
 つぼ足ですが山も登る予定ですが天候しだいです。
20161225-18.jpg

☆2016年は屋久島で初日の出、GWと夏に北海道。
 北海道に魅了されて冬も行きます。今年も充実した一年でした。
 山旅に行かせてくれる家族に感謝します。ありがとう!

(isobe)
タグ :

南部ボルダー トポ

 2016-12-23
▼南部ボルダーがある十枚山です。


▼南部ボルダートポ (ボルダー友人のU氏作成、公開OKです)


☆自宅から近い、友人が開拓している南部ボルダー。
  静岡近郊のボルダーエリアはもちろんですが、
  大阪や和歌山県のエリアも開拓しています。

(isobe)

タグ :

身延ボルダー ・ 新しい課題

 2016-11-26
☆26日、時間が空いた午後から身延ボルダー行って来ました。
 個人的な山行は、1ヶ月振りです。

▼開放的な身延ボルダーと初雪の篠井山。 この雰囲気が身延ボルダーの魅力です♪
20161126-1.jpg

▼先に来ていた友人は、風林火山の左カンテにトライ中でした。
20161126-3.jpg

▼推定段クラスの新課題。SDからホールドを繋いで甘いリップへ。厳しい課題。
20161126-2.jpg

▼高さはありませんが、SDで。やさしいですがお勧め課題。
20161126-4.jpg

▼供え餅ボルダー。 ライト側登りました。
20161126-9.jpg

▼供え餅ボルダー、課題名「牡丹ぼたん」 見た目そのままでツルツルです。
 立ち込みが核心で、スラブ好きにはたまらない好課題。1級。
20161126-8.jpg

▼このボルダーも小粒ですが、カンテラインと正面課題登りました。
20161126-10.jpg

▼メインボルダーも動いていました。メイン課題は何とかリピートできました。
 腕の力は使わないスラブ系は経験で登れますが、ブランクがあると厳しです。クライミングは甘くないね!
20161126-11.jpg

▼最後に登ったボルダー。右カンテあり課題、カンテなしセンター直上課題。
 難しいと思いきや、アッサリ登れて拍子抜けでした。
20161126-12.jpg

☆身延ボルダー・甲斐大島エリア。
 何度も訪れていますが、今日登ったボルダーは面白かったです。
 大雨のたびにボルダーが動くのでリピートで登るにも新鮮でいいね♪♭

(isobe)
タグ :

ふれあいスポーツDAY ・ 北部体育館

 2016-11-12
☆12日、北部体育館の無料イベント、クライミング体験のイベントのお手伝いに参加しました。
 静岡踏岳会からはU野先生、I部2名参加しました。

▼昨年から実施している北部体育館の無料イベント。
furespo20161112.jpg

▼午前の部(9時~12時)は来場者が少なくてのんびりしました。
20161112-1.jpg

▼午後の部(13時~15時)になると、来場者が多くなり、シェルパクラブのTさんなど帰った後で
 市岳連会長のM永さん、U野先生と私3名では手が回らないほどの盛況ぶりです。
20161112-3.jpg

▼小学生の家族が多く来てくれました。
 ハーネスとヘルメットの装着とビレイ、指導とフル回転です。
20161112-4.jpg

▼初めてのクライミングでトップアウトする小学低学年生。スニーカーですがしっかりつま先でホールドに立っていました。
 オリンピックの競技に決まって注目度は高いですね。
20161112-5.jpg

☆私は仕事が夜勤明けでの参加でしたが、眠気も吹き飛ばす忙しさでした。
 登山に興味がある若い親子が多く来てくれて、有意義な一日でした。

(isobe)
 
タグ :

続・安倍川流域のとあるボルダー

 2016-10-24
☆静岡県警山岳救助隊、静岡市消防山岳警備隊、静岡市山岳連盟との合同山岳救助訓練の「前夜懇親会」
 が22日の午後6時から行われますが、
 懇親会の前に、ボルダー友人が開拓中の安倍川流域のとあるボルダーにF田さんと行って来ました。

▼ボルダーAのライト側新課題 「ストリート」
20161022-22.jpg

▼F田さん、初ボルダリングトライです。
20161022-1.jpg

▼スラブ課題は足で登ります。友人のアドヴァイスで足裏感覚を確認します。
20161022-2.jpg

▼腕はあまり使わなくても、足で登れることを覚えましたね。ナイスです!!
20161022-3.jpg

▼クライムダウンは足の感覚を覚えるにはいいトレーニングです。
20161022-33.jpg

▼最近整備した、ボルダーBの裏面前傾壁
20161022-7.jpg

▼課題名:カガリ(篝:鉄製の籠) 
20161022-8.jpg

▼まだまだ整備後で土埃が酷かったですが、友人はSDから数回のトライで登りました。
20161022-9.jpg

▼F田さんもトライ。SDは厳しいので スタンディング-ポジションで。
20161022-10.jpg

▼なにはともあれトップアウトすると気持ちがいいね♪ 
 ボルダリングの楽しみを感じてもらえてよかったです。また行きましょう。
20161022-12.jpg

▼22日夜から懇親会。
 静岡踏岳会からは、U野先生、伊豆から来てくれた新会員のK原さん、F田さん、I部参加しました。
20161022-66.jpg

☆懇親会は、U野先生の差し入れの「静岡おでん」は美味しかった!ごちそうさまでした!!
 県警と消防の山岳救助隊が用意してくれた料理にお酒は最高でした、
 踏岳会会員のみなさん、来年は是非懇親会参加しましょう。

 23日の三機関合同訓練に続きます。  (isobe)
タグ :

安倍川流域のとあるボルダー

 2016-10-10
☆連休は、北関東の山に登りに行く予定でしたが雨予報でまた中止です。
  10日、ボルダー友人が最近見つけた、安倍川流域のとあるボルダーに行って来ました。

▼とあるボルダーエリアのメインボルダー、「ボルダー B」 高さが5mはあり圧倒されます。
 富士川ボルダーの蓬莱橋・松野側のメインウォールより高い。
20161010-1.jpg

▼今の時期は滲み出しが酷く、苔を落とさないと滲み出しは止まりそうも有りません。
 林の中ですので、シーズンは11月下旬~3月ですね。
20161010-2.jpg

▼「ボルダー C」 ボルダーA、ボルダーBと比べると手頃ですがトライしてみないとわかりません。
 クリーニング、整備後でウェット、、次回持ち越しです。
20161010-3.jpg

▼「ボルダー D」 時間がなくて未整備。 被っていて今風のボルダーです。
 レフト側カンテは難しそうで上級課題になります。
20161010-4.jpg

▼「ボルダー E」 クリーニング前、
20161010-6.jpg

▼「ボルダー E」 クリーニング後。両サイドのカンテラインとカンテなしのセンターライン。
20161010-8.jpg

▼ボルダーには苔の中にサワガニが多くいました。
20161010-7.jpg

▼「ボルダー A」 スラブボルダーですが高さがあります。
 クリーニング整備して今日は「ボルダー A」にトライしました。
20161010-9.jpg

▼スラブボルダーですが、意外と立っています。
 ガバスタンスからカチホールドで繋いでいく好課題。 「アップストリート」
20161010-10.jpg

▼整備後のトライは土などで埃っぽく緊張しますが気持ちがいい。
20161010-11.jpg

▼「ボルダー A」のメイン課題、「メインストリート」
20161010-14.jpg

▼カチホールドが続きますが、高さがありメンタル的に辛いですが好課題です。
20161010-15.jpg

▼個人的な近況ですが、8日でまた年をとりました。一年は早いです。
 家族からの誕生日プレゼントです。(ありがとう!)
 最強の車中泊の車「トミカNo.70 三菱 アウトランダーPHEV」 冬の北海道を車中泊で巡りたい。
 アークテリクス マカ2、貴重品を失くさないように常に首からぶら下げます。
20161011-2.jpg

☆友人が最近見つけて整備中なので、、当面整備等が終了するまで、シークレット扱いです。(仮称扱い)
 車からのアプローチは5分かかりません、ボルダーも直ぐ近くにあり恵まれています。
 早く公開して、静岡踏岳会メンバーに紹介したいです。

(isobe)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫