北岳篠笛コンサートとバットレス中央稜

 2017-09-05
9月2.3日で北岳に行ってきました。
会から5人が北岳に集まり月例山行でしょうか。
篠笛コンサートでは、s山さん、o野くん、みゆちゃん、わたしの4人で笛の音色に聞き惚れました。o野くんはティンホイッスルでの演奏体験にも参加です。楽しい夜でした。

会で森の音楽隊を結成できたら楽しそうですね。

翌日は2人でバットレスです。
寒さに耐えながら、素晴らしい朝日を待ちました。


oくんが中央稜に行きたいとのことなので、遊びに行きます。
4尾根終了点より3回の懸垂で取り付きに。
ここからoくんの気合いのはいったナイスクライミングでした。


常に快晴で快適クライミングを楽しみ山頂にでたところで、間ノ岳より縦走してきたAさんとAちゃんに会いました。
みんなで景色に感動です。

山は素晴らしいと何度でも感じます。
s山さん、oくん、aさん、みゆちゃん、お疲れ様でした!
notake
タグ :

広河原〜北岳〜塩見岳〜赤石岳〜聖岳〜畑薙トレラン

 2017-08-31
8月26日からま28日で南アルプス縦走トレランへいってきました。
広河原から北岳に登る途中は雨。稜線は霧に強風です。しかし、間ノ岳より三峰岳に向かう途中で晴れてきました。

あとは素晴らしい景色に青空です。

スカイラインを走ると塩見岳ですが、これがまだ雄大です。

山頂から振り返るとまた素晴らしいです。

時間がおしていますが、最後のダッシュで三伏峠へ向かいます。
暗くなる前にツェルトを貼り終え食事にかかれました。
翌日は朝日を目指して出発です。間に合いました。
塩見岳に蝙蝠岳がシルエットで綺麗です。
またスカイラインを走り荒川岳へ。景色を堪能してから赤石岳へ向かいます。暑くて登りはバテます。

赤石岳でお昼寝してから百聞洞へ。
カレーで燃料補給でした。
ちょいバテ気味ですが、まず兎岳を目指します。山頂をこえて、聖兎のコルに。この先が必死の登りでした。
山頂に来たころには霧に包まれました。
すぐに聖平に向かいます。
聖平のテン場も賑わっています。
ベンチで1人で乾杯とストレッチをしてゆっくりしました。
最終日は上河内岳から茶臼から畑薙ダムに。
ブロッケンを見れました。

振り返ると聖岳も素晴らしい。

畑薙ダムより、ロードの走りです。半分くらいは歩きですが。
井川駅まで到着したころには昼過ぎでした。
しかし、電車が可愛いです。
次回はカヤックをもってハイキング、カヤック、電車の旅をしたいと思います。
天候に恵まれて雄大な南アルプスを満喫できた3日間でした。
notake
タグ :

錫杖岳前衛壁

 2017-08-06
8月5.6日で錫杖岳前衛壁に行ってきました。
日曜は雨の為に撤退でしたので、土曜のみの登攀でした。
1ルンゼです。


取り付きまでとても暑かったのですがらだんだん日が陰り涼しくなりました。


森が一面に広がり綺麗です。
登り終えると、楽しい宴会の時間です。


焚き火でバーベキューをメンバーに振る舞いました。
夜から土砂降りでしたので朝イチで下山し熊牧場によって念願の熊さんを見てきました。
のんびりな山行でした。
(notake)
タグ :

神威岬

 2017-07-29
☆7月29日(土)、神恵内から積丹半島のボルダー偵察しました。

▼シャコタンブルーの神威岬。


▼雲が取れて来ました。


▼神威岬からの絶景です!


▼シャコタンブルー。
積丹岬が見えます。


☆積丹半島でボルダリングはNGでしたが、
シャコタンブルーの絶景最高でした。

2017年夏北海道山旅part2終わり。

(isobe)
タグ :

赤石沢 80周年記念山行

 2017-07-27
7月21日から7月23日で赤石沢に行ってきました。
会の80周年記念山行です。
林道の通行にあたり、森会長、杉山さん、お世話になりました。ありがとうございました。
朝イチで入渓して、淵を泳ぎ、イワナと遊びながら遡行します。

泳ぎからのパワー系ムーブでサクッと。綺麗な淵でした。

門の滝は大迫力。高巻きからの左草付き壁を登ります。

あまり先に行っても沢を楽しめないので、早くも遊びにはいります。oくん、ナイスサイズ。サンショウウオとも遊びます。

テン場のあたりをつけていた場所は最高でした。多分、赤石沢の中でベストポジションです。
これからは、さらに遊びです。
酔っ払いつつ、ご飯作りつつ。串も削り出して、各々の塩焼きを作ります。
星も見えて夜はふけます、、、

翌日は早起きです。赤石小屋まで目指します。
赤石がとーっても綺麗です。苔とのコントラストも素敵でした。

赤石沢の中で大きく綺麗だった淵です。

手づかみで捕まえたヤマトイワナです。かなりな猛者でしょうか。素晴らしい。もちろん、川に返します。
高巻きやイワナ遊びを繰り返し百聞洞には昼過ぎに到着です。
しかし、土砂降り。
話し合いの結果、翌日に雨が上がると信じて、この日はここまでにしました。
早すぎですが、小屋にはビールがたんまりあるので、問題なしです。
結局、宴会は夜遅くまで、、、
翌日は星も見えています。
赤石岳への登りは周りの景色に感動します。

写真をとりつつ、赤石岳避難小屋へ。
噂のご主人と写真を撮っていただきました。

ご主人、カッコイイ!
このころには霧と風に稜線は包まれます。
赤石岳山頂。

後は下るのみですが、お花がすごく可愛いすぎて、写真とったり、香りをかいだりです。oくんはとっても草花に詳しいので、教えてもらって楽しい時間です。
樹林帯に入ってからはプチトレラン。
椹島でフィニッシュ。
昼前に到着し、登山者指導をしていたuさんとおしゃべりして、記念山行の終了です。
景色に渓相に、水も少なく天候も上手くかいくぐれて最高の山にメンバーでした。
お疲れ様でした。
ありがとうございました。
次の記念山行は11月ですね。
よろしくお願いします。
notake
タグ :

赤石沢 80周年記念山行

 2017-07-27
7月21日から7月23日で赤石沢に行ってきました。
会の80周年記念山行です。
林道の通行にあたり、森会長、杉山さん、お世話になりました。ありがとうございました。
朝イチで入渓して、淵を泳ぎ、イワナと遊びながら遡行します。

泳ぎからのパワー系ムーブでサクッと。綺麗な淵でした。

門の滝は大迫力。高巻きからの左草付き壁を登ります。

あまり先に行っても沢を楽しめないので、早くも遊びにはいります。oくん、ナイスサイズ。サンショウウオとも遊びます。

テン場のあたりをつけていた場所は最高でした。多分、赤石沢の中でベストポジションです。
これからは、さらに遊びです。
酔っ払いつつ、ご飯作りつつ。串も削り出して、各々の塩焼きを作ります。
星も見えて夜はふけます、、、

翌日は早起きです。赤石小屋まで目指します。
赤石がとーっても綺麗です。苔とのコントラストも素敵でした。

赤石沢の中で大きく綺麗だった淵です。

手づかみで捕まえたヤマトイワナです。かなりな猛者でしょうか。素晴らしい。もちろん、川に返します。
高巻きやイワナ遊びを繰り返し百聞洞には昼過ぎに到着です。
しかし、土砂降り。
話し合いの結果、翌日に雨が上がると信じて、この日はここまでにしました。
早すぎですが、小屋にはビールがたんまりあるので、問題なしです。
結局、宴会は夜遅くまで、、、
翌日は星も見えています。
赤石岳への登りは周りの景色に感動します。

写真をとりつつ、赤石岳避難小屋へ。
噂のご主人と写真を撮っていただきました。
タグ :

南アルプス山開き

 2017-07-17
☆7月16日、11時から、畑薙第1ダムサイトで、恒例の南アルプス夏山開山式典が開かれました。
 静岡市山岳連盟より16名が参加しました。(静岡踏岳会からはU野先生、I部の2名)

▼井川小学校児童によるアルペンホルンの吹奏から式典始まりました。
20170716-3.jpg

▼私は初めての参加でしたが、アルペンホルンはよかったね♪♭
20170716-1.jpg

▼今年の夏山シーズンの無事故とこれまでの遭難者を供養する神事が行われました。
20170716-5.jpg

▼静岡市岳連代表してM月市岳連副会長。市岳連は早く新会長を決めて組織の立て直しをします。
20170716-6.jpg

▼式典最後も井川小学校の児童のアルペンホルンの吹奏でした。
20170716-7.jpg

☆16日は、式典の後ボルダー友人に大井川ボルダーを案内してもらう予定でしたが、
 式典後は井川で宴会でした。井川山岳会、静岡県警山岳救助隊、静岡市岳連とお昼から飲み始めて
 夜の23時前まで飲み続けました、、

 夏山シーズンに入りました。事故や怪我のないように夏山楽しみましょう。

(報告者 isobe)
タグ :

十勝岳連峰

 2017-05-04
☆5/4(木)北海道に来たら必ず訪れる美瑛に来ました。

▼望岳台から十勝岳と美瑛岳。望岳橋ボルダーは雪でNG。


▼新栄の丘から、赤い屋根の家とオプタテシケ山。


▼富良野に来たら、富良野オムカレー。
山香食堂は年に三回来ています。
富良野産を使っているので、季節で食材か変わります。いいね🎵


▼ファーム冨田。早咲きの「濃紫早咲ラベンダー」と十勝岳。


☆北海道山とボルダリング2017GW終わりました。
山とボルダリングより、タウシュベツ橋梁、知床五湖が良かったです。
こんなに天気に恵まれたGWは初めてでした。

(isobe)
タグ :

知床五湖と知床連山

 2017-05-03
☆5/3(水)知床五湖、世界自然遺産を歩きました。「春期制度改定実験ツアー」があって、参加することで地上遊歩道大ループ(5湖~1湖)全て回れます。

▼地上遊歩道はレクチャーを受講して認定証を受け取り立ち入ることが出来ます。
3湖から見る知床連山。湖面に映る山々。


▼2湖から。羅臼岳は私が初めて山登りした山です。29年前と2011年9月に登りました。


▼今年も登れなかった知床岳。(左)


▼無積雪時期はハイマツ藪こぎが山頂まで続きます。


☆残雪残る知床連山と知床五湖。
植生保護期なので制約がありますが、参加して正解でした。

北海道は計画を切り上げて富士宮に帰ります。
最終日の明日5/4(木)は美瑛・富良野です。

(isobe)
タグ :

美瑛 ・ 冬のパッチワークの丘

 2017-01-17
☆今回の山旅の目的、冬の美瑛パッチワークの丘。
 若い時に美瑛の丘に魅了されて、近年は毎年訪れています。
 雪の丘陵も素晴らしかったです。

2015年7月 踏岳会ブログ ・美瑛 パッチワークの丘

▼2日、美瑛の丘「クロスカントリーとスノーシューコース巡り」 私はつぼ足で歩きました。
 晴れていれば、大雪山連峰が全て見渡せるのですが、、残念!
20170105-2.jpg

▼2日、セブンスターの木。
20170105-3.jpg

▼2日、ケンとメリーの木。
20170105-4.jpg

▼2日、美瑛の青い池。晴れていれば十勝岳・美瑛岳見えますが見えませんでした。
20170105-5.jpg

▼2日、望岳台。明日の3日から通行止めになるので車で来ましたが、夜半の降雪などで雪が凄かった。
 お気に入りの場所ですが、2日の予報も雪なので雪の十勝岳は残念ですが見えません。
 車が深い雪でスタッグ寸前で冷や汗ものでした、、、
20170105-6.jpg

▼2日、美瑛神社で初詣。今年も山の事故がないようにお願いしました。
20170105-7.jpg

▼夏は別に何とも思わないクリスマスツリーの木ですが、 雪の時期は幻想的でした。
20170105-8.jpg

▼3日、ライトアップされた青い池。
20170105-9.jpg

▼17時から21時までライトアップしていますが、 昼間と違って多くの観光客で賑わっていました。
 寒いのにビックリです。
20170105-10.jpg

▼人工的なので感動はしませんでしたが雪が降っていて別の青い池の表情がよかったかな。
20170105-11.jpg

▼4日、クリスマスツリーの木。時刻は14時30分。多くの観光客が写真を撮っていました。
20170105-17.jpg


20170105-14.jpg

▼翌5日は晴れましたが、マナー違反の観光客が立入禁止を無視して丘に入ったため、
 人の歩いた踏み跡のトレースで写真撮影が台無しでした。
 後日、立入禁止のロープが張られたそうです。
20170105-15.jpg

▼4日、日が沈むマイルドセブンの丘。
20170105-18.jpg

▼「小動物の足跡と日が沈む丘の風景」
20170105-19.jpg

▼5日、北海道最終日にして初めて晴れましたが、今日は苫小牧港まで移動です。
 ケンとメリーの木。3日に登った旭岳は雲で見えませんでした。残念です(涙!)
20170105-20.jpg

▼5日、セブンスターの木。「雪の丘と青い空」 
20170105-24.jpg

▼5日は快晴無風の天気ですが、放射冷却で冷え込みました。
 昨日の夕陽も素晴らしかったですが、青空が似合います。「マイルドセブンの丘」
20170105-21.jpg


20170105-23.jpg

☆冬の美瑛の丘。期待通り素晴らしかったです!
 北海道には毎年来ていますが、初めての冬の北海道での年越しと初日の出。
 大好きな美瑛で初詣と大満足の山旅でした。

(isobe)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫