FC2ブログ

10/5 黒河内岳・白河内岳

 2019-10-12
10/5(土) 奈良田湖から白峰南嶺の笹山(黒河内岳)・白河内岳へ
日帰り往復で登りました。

この二座を選んだのは
・ 名前が黒・白で語呂が良い
・ 白河内岳と登山口との標高差がちょうど2,000mできりが良い
・ 人気(ひとけ)がないらしい
という理由からで特に深い意味はありません。

長丁場が予想されるので、前日夜に奈良田湖まで向かい車中泊。
暗いうちから登り始めました。天気は快晴!

▼奈良田湖に架かる吊橋を渡り笹山登山口へ。 しっかりした吊橋なので恐怖はありません
塩見橋

▼ここから笹山への長い登りが始まります。
笹山登山口

登山口から尾根に乗るまで暫くは発電所の巡視路らしい手すりつきのジグザグ道を登ります。そこから笹山山頂までの尾根道は登り一辺倒ですが、たまに緩やかなところもあって、それほど苦痛には感じません。

▼1,344m地点に三角点もどき
1,344地点

▼明るくなってきました
夜明け

▼2,256m地点の手前あたりの登り、今回のルート中では最も急登と感じました
急登

▼2,256m直前のガレからようやく本日初めてとなる眺望。中央の尖峰は北岳
ガレから展望

▼白河内岳も見えました!
白河内岳見えた

▼山頂近くなるとやや荒れてたところも出てきます
やや荒れた道

▼2,560m地点から笹山を望む
笹山見えた

▼笊ヶ岳もきれいですが、別当代山の平坦な尾根(左手前)も良さげ。十枚山、八紘嶺など安倍奥の山々もいくつか見えます
笊など

▼そこからひと登りすれば笹山南峰(2,718m)
笹山南峰

笹山南峰は木々に囲われ見通しはよくありません。

このピークには三等三角点『広河内』がありますが、今回はうっかり素通りしてしまいました。残念。
少なくともぱっと目につく所にはありませんでした。

▼少し下って登ればあっという間に笹山北峰(2,733m)
笹山北峰

笹山北峰は南峰とはガラッと変わって360°の大パノラマ。

▼塩見岳・蝙蝠岳
塩見・蝙蝠(笹山北峰より)

▼白河内流域 紅葉
白河内の紅葉

▼白峰三山へ続く稜線
稜線

この稜線を歩き、本日の最終目標、白河内岳へ向かいます。

▼一旦標高が下がるため、シラビソ、ハイマツなどで鬱蒼としたところも多いが、道は明瞭
鬱蒼としている

▼白河内岳が近づいてきました
白河内岳に近づく

▼山頂手前にゴーロ帯。ケルン、マークはたくさん
白河内岳もうすぐ

▼岩っぽい登りを経て、白河内岳(2,813m)。グラウンドみたいな広い山頂です
白河内岳山頂

この白河内岳、南の笹山、北の大籠岳よりも高いのに地理院地図にも山名の記載がありません。
山頂標識の文字もかすれてきていて不遇のピークです。

45分ほど山頂を歩きまわって景色を堪能しました。
その間他に山行者はなく、山頂を独り占めできました。

▼塩見、中央アルプスの山々
塩見、中央アルプス

▼北アルプスの山々
北アルプス

▼富士山、駿河湾方面
富士
▼荒川岳、南アルプス深南部
笊、悪沢

▼白峰三山、鳳凰三山、ちょこっと八ヶ岳
白峰三山、鳳凰三山

▼白峰三山 拡大
白峰三山アップ

更に稜線を歩きたいと思いましたが、下調べしていなかったので来た道を戻りました。笹山からの下りがえらく長く感じました。登りより長く感じたくらいです。

また往路では誰にも会いませんでしたが、復路では6組ほどの山行者とすれ違いました(それでも少ない)。

▼下山。奈良田湖吊橋から西山ダム
下山、奈良田湖

ひとりで森林限界より上まで登ったのは実は今回が初めてだったので、良い経験になりました。

(錦織)
タグ :

10月 月例会報告

 2019-10-10
10月 月例会報告

 10月9日(水)に開催された月例会の報告をアップします。

■活動報告
9月
14   立岩クライミングトレ
14-16 赤石沢捜索
15   瑞牆山
     千頭星山
16   立岩クライミングトレ
18   市岳連 ジオグラフィカ講習会
22   伊豆岩場開拓
23   金時山
24   金時山
25   宝剣岳・木曽駒岳
26   錫杖岳
29   小同心クラック
30   雄山

10月
5    黒河内岳・白河内岳
    大峰山脈不動七滝
6    三機関合同救助訓練
6    大台ケ原山
     御嶽山
     雨飾山
9     聖平
8-12  赤石岳~荒川岳

■活動予定
10月
19-20 会山行 小川山キャンプ
     (ジムトレーニング  場所 ブルーキャニオン 富士市青葉町124-1
                  日時 10/10.11.15.17.18 19:00-21:00
                  希望者は事務局まで連絡してください。)
26   沼津アルプス
27   みどりの道パトロール

■市岳連関係

10/7常任理事会報告
 赤石沢捜索報告  7名
 竜爪山ジオグラフィカ講習会 17名
 救助訓練(白沢)約30名
 忘年会(11/15)クーポール18:30~
 みどりの道報告書提出期限11/20
 カレンダー販売 7部
 ハイキングスクール黒岳(熱海) 次回は天子ヶ岳~長者ヶ岳
 10月~11月 遭難対策 竜爪山登山道調査

■次回月例会

 11/13(水)19:00-
 北部生涯学習センター
 第3集会室
 






   

タグ :

9月 月例会報告

 2019-09-21
9月 月例会報告
 9月11日(水)に開催された月例会の報告をアップします。
(アップが遅くなりお詫びいたします。)


■活動報告
8月
9 山伏
10−14 朝日連峰 八久和川中俣沢
10−12 聖岳〜上河内岳〜茶臼岳
11 竜爪山
11−12 白駒池〜高見石
11−14 二軒小屋〜小西俣〜塩見岳
12−13 大無間山
13 御嶽山
16−18 奥穂高岳
17 高尾山
17−18 有明山(曲沢・白水沢)
19 高尾山
23−24 農鳥岳〜塩見岳〜蝙蝠〜黒河内
24−25 富士山
25 常念岳〜蝶ヶ岳〜三俣
25 谷川連峰万太郎谷支流オタキノ沢
25−26 聖平小屋
26 四阿山
27 城山
27 御嶽山王滝川鈴が沢東股

9月
31−1 北岳バットレス(−2 小太郎山)
1 竜爪山〜真富士山
2 金峰山
7 笊ヶ岳
7−8 茶臼岳
10−11 雲ノ平〜三俣蓮華〜黒部五郎岳
10 毛無山〜十二ヶ岳
28−31 常念岳・蝶ヶ岳
31 赤岳

■活動予定
9月
14〜16 聖平
15 甘利山〜千頭星山
18 ジオグラフィカ講習会

10月
5 三機間合同救助訓練懇親会
6 三機間合同救助訓練(渡公民館 7:30〜)
19−20 会山行 小川山キャンプ
    19日 クライミング体験
    20日 クライミング&ハイキング
27 みどりの道パトロール
   平野〜真富士山、俵峰〜真富士山、扇の要〜山伏

■市岳連関係ー
赤石沢 遭難者捜索報告
70周年記念海外登山 6000m未踏峰及びトレッキング

10/6 三機間合同救助訓練
10/27 みどりの道パトロール
10月〜11月 遭難対策 竜爪山登山道調査

月例会会場が、
駿河生涯学習センター「来・て・こ」
  → 北部生涯学習センター に変わります。

次回 10月9日 19:00〜
北部生涯学習センター
第3集会室

【アクセス方法】
◆バス
(JR静岡駅北口) 
 ●9番のりば・安倍線「昭府二丁目」下車、徒歩2分
 ●9番のりば・美和大谷線「新伝馬」下車、徒歩10分
タグ :

8月 月例会報告

 2019-08-11
8月 月例会報告
 8月7日(水)に開催された月例会の報告をアップします。

■活動報告
7月
12 伊吹山
15 大山・弥山、甲斐駒ケ岳
16 南アルプス山開き
21 茶臼岳・上河内岳
24 甲武信岳釜ノ沢東俣(沢登り)
27−8/4 北海道ボルダリング(ニセコアンヌプリ、羊蹄山、樽前山、夕張岳)
28−31 常念岳・蝶ヶ岳
31 赤岳

8月
2−4 朝日岳・白馬岳
3−4 鳳凰三山

■活動予定
8月
10−12 聖岳・上河内岳・茶臼岳
11−12 白駒池〜ニュウ

■市岳連関係ー
7/22 常任理事会
(報告)
 16日 山開き市岳連20名、井川関係者100名参加
 28日 ハイキングスクール 熱海市玄岳 参加者21名
    次回白糸の滝〜天子ヶ岳・長者ヶ岳(募集中)
 70周年記念海外登山 6000m未踏峰または7000m峰及びトレッキング

(予定) 
 8月20日 竜爪山遭難対策会議
 市岳連カレンダー 1,200円
 記念誌への寄稿協力


南アルプス登山道情報
・茶臼小屋へのルート
  ウソッコ沢吊橋流失箇所→仮橋復旧修復済み
・聖平小屋へのルート
  出会所小屋跡手前登山道崩壊箇所→高巻きルート開設(CT+10〜15分)


月例会会場が、
駿河生涯学習センター「来・て・こ」
  → 北部生涯学習センター に変わります。

次回 9月11日 19:00〜
北部生涯学習センター
第3集会室

【アクセス方法】
◆バス
(JR静岡駅北口) 
 ●9番のりば・安倍線「昭府二丁目」下車、徒歩2分
 ●9番のりば・美和大谷線「新伝馬」下車、徒歩10分

地図(北部生涯学習センター)
タグ :

会山行 急遽の転進先に鳳凰三山

 2019-08-11
8月3日〜4日、当初の計画は南アルプスの聖岳往復の予定でしたが、
2日夜の集合時間に間に合わない参加者のため、急遽鳳凰三山に変更。

3日早朝静岡を出発、中部横断道が整備されて、時短効果は絶大!
あっという間に夜叉神峠駐車場に。

宿泊地は鳳凰三山縦走路で南アルプス天然水が魅力の南御室小屋のテント場を利用。
天候に恵まれ、新人2名が初めての自炊、テント泊を経験しました。


▼新人Mちゃんが登山届をポストに投函
夜叉神登山口

▼夜叉神小屋からすぐの笹原に、、、
はな

▼シャクナゲも、、
しゃくなげ


▼テント設営時にテントポールが折れるハプニングが。
さっそく補修用パーツとテーピングテープでS先輩が補修、事なきを得ました。
初日の夕飯はすき焼き。上質のお肉と生卵でいただきました。
すき焼き

▼翌朝、日の出前に出発、薬師岳山頂にて白根三山をバックに
集合写真

▼広がる雲海
雲海

▼快適な縦走路
縦走路

▼観音岳からの地蔵岳と甲斐駒ヶ岳
甲斐駒

▼帰りに辻山に寄り道。歩いてきた縦走路と白峰三山、南アルプス深南部までのパノラマ
辻山

初めてのテント泊では、ペグが刺さりにくかったり、ポールが折れたり。
食事では炊き込みご飯が焦げてしまったうえ量が多すぎたようで、、、。

また、借りた夏用寝袋が寒くて、たびたび目を覚ましてしまったりと、新人さんには刺激が多かったようです。

しかし、天候に恵まれ、パノラマが見られたこと、下界が猛暑の中、渡る風がとっても涼しかったことがとても印象に残ってまた登りたいと言ってくれました。

下山後、帰りの車中で男性2人が気分が悪くなりました。最初は車酔いかと思ったのですがどうも軽い熱中症が発症したようでした。経口補水飲料を摂取して回復したので良かったのですが、下山後とはいえ、気温差が疲れた身体にこたえたようです。体調管理には注意しましょう。 by H
タグ :

竜爪山 ・ キツネノカミソリ

 2019-08-11
☆8月11日、ボルダー友人から誘われて竜爪山に今見頃を迎えている「キツネノカミソリ」見に行きました。友人は毎年見に来ているそうで、私はキツネノカミソリの群落を見るのは初めてです。

▼今回はキツネノカミソリ目的の為、最短コースの穂積神社から歩きます。
20190811-0.jpg

▼穂積神社には午前6時半に着きました。待ち合わせの時間がまだあるので、テーブルとチェアーを出してコーヒーを挽いてまったりします。
20190811-1.jpg

▼のんびりと支度をして歩きます。キツネノカミソリ目当ての登山者が多かったです。
20190811-3.jpg

▼コンテジで慌てて撮ったのでピンボケですが、カモシカ。
20190811-4.jpg

▼登山道脇に咲く、チャボ・ホトトギス。
20190811-6.jpg

▼終わりかけの、イワタバコ。
20190811-5.jpg

▼8月上旬の竜爪山は暑くて敬遠してしまいますが、今の時期にか出会えないお花に満足です!
20190811-13.jpg

▼峠のキツネノカミソリ。群落は私の想像をはるかに超えていました。
20190811-12.jpg


20190811-7.jpg


20190811-8.jpg


20190811-9.jpg

▼光量を変えてみたら鮮やかなキツネノカミソリの写真撮れました。
20190811-10.jpg

▼今日のベストショットです♪
20190811-11.jpg

☆ 竜爪山は、遭難者の捜索や登山道整備などで登った山ですが、夏の時期は暑くて汗が吹き出しますが、キツネノカミソリなどお花の山だったんですね。

 静岡踏岳会会員の皆さん、お盆休みに入り今が見ごろのキツネノカミソリを見に是非竜爪山登ってください。峠から薬師岳は直ぐで、お花を見ながら充実した山歩き出来ます。 お勧めですね♫

(isobe)
タグ :

美瑛 ・ パッチワークの路

 2019-08-03
☆8月1日、北海道に来たら必ず訪れる美瑛・富良野。
 
 美瑛の丘に初めて来たのが私が26歳の時。当時は美瑛はまだ有名ではなくて、バイクツーリングで知り合った仲間内では穴場として知られていました。今は観光客が年間170万人が訪れる大人気エリアです。

▼ケンとメリーの木。 旭岳は雲で見えません。
20190801-2.jpg

▼セブンスターの木。十勝岳連峰も雲でNGでした。
20190801-3.jpg

▼今回はテント泊でしたので車中泊しませんでしたが、美瑛に来たら車中泊する「北西の丘展望公園」 旭岳と麦畑がお気に入りですが。
20190801-7.jpg

▼親子の木。
20190801-6.jpg

▼新栄の丘展望公園から赤い屋根の家。
20190801-8.jpg

▼新栄の丘展望公園のひまわり。
20190801-9.jpg

▼クリスマスツリーの木。
20190801-10.jpg

▼クリスマスツリーの木は、電線が入らないように写真を撮らなければならなかったのですが、電信柱の位置を変えてあり電線がなくなりすっきりしていました。写真スポットにもベンチが設置されていました。
20190801-11.jpg

▼中富良野、彩香の里(佐々木ファーム)のラベンダー。
20190801-1.jpg

☆8月1日は山は雲で覆われて望めませんでした。美瑛の丘と十勝岳連峰の写真は撮れませんでしたが、日本離れした風景はいつ来てもいいね♪♯♭

(isobe)
タグ :

夕張岳

 2019-07-31
☆7月31日、夕張岳登りました。夕張岳は2015年7月21日に登って以来四年振り二度目です。
 ´◆静岡踏岳会ブログへ2015年7月21日夕張岳

▼夕張岳山頂!
20190731-17.jpg

▼30日は登山口の駐車場にテント泊。夜明けとともに歩き出します。今日の天気予報も曇りで山は強風の予報です。冷水コースから登ります。
20190731-0.jpg

▼天気がいまいちですが、地元の小学生の書いた絵に励まされます。
20190731-2.jpg

▼望岳台、芦別岳が遠くに望めますがガスで展望はありません。
20190731-4.jpg

▼シナノキンバイソウ
20190731-5.jpg

▼花びらに見えるのがガクで、その中のおしべのように見えるのが花びらです。
20190731-8.jpg

▼沢が有るところはお花畑になっています。アヤメ。
20190731-9.jpg

▼イブキトラノオ
20190731-7.jpg

▼シロウマアサツキ
20190731-11.jpg

▼鮮やかな紫の花アズマギク、コンテジでは色が出ていませんね。
20190731-12.jpg

▼エゾウサギギク
20190731-13.jpg

▼ヨツバシオガマ
20190731-14.jpg

▼ユウバリヒゴタイ
ユウバリヒゴタイ

▼分かっていましたが、終わっていたユウバリソウ。
20190731-15.jpg

▼夕張岳神社と山頂。
20190731-16.jpg

▼二度目の夕張岳山頂。
20190731-18.jpg

☆今日の天気も曇りですが、下界は晴れても山はガスがかかり強風でした。こんな天候に恵まれない北海道も珍しいですが、濡れたお花たちは可憐で綺麗でした。
 同行した仲間がお花に詳しくて大変勉強になりました。 夕張岳は礼文島と同じくらいお花の種類が豊富で季節を変えて登りたい山ですね。

(isobe)
タグ :

樽前山

 2019-07-30
☆30日、樽前山登りました。予定では樽前山から風不死岳回る予定です。
 風不死岳は北尾根コースで今年4月22日に登りました。

▼休日になると午前6時には満車になる7合目登山口。私達が到着したのは6時前で一番乗りでした。樽前山、風不死岳には雲が掛かっていて、雲の流れが速く強風が予想されました。支度をして歩き出します。
20190730-1.jpg

▼支笏湖を眺めながら登りますが、雲の流れが速く見えたり見えなかったり。
20190730-2.jpg

▼分岐に来ましたが、予想通り強風です。
20190730-3.jpg

▼あっけなく、汗もかかないうちに東山に着きました。山頂からは支笏湖、札幌近郊の山、羊蹄山など広がるそうですがガスと強風で視界はありません。残念!
20190730-4.jpg

▼強風と厚い雲で風不死岳へは中止。斜面にはイワブクロが多く咲いています。
20190730-7.jpg

▼イワブクロの別名「タルマイソウ」 時期的には終わりかけていました。
20190730-5.jpg

▼昨日の羊蹄山に咲いていた、イワギキョウも所々咲いていました。
20190730-8.jpg

▼消化不良で下りてきました。支笏湖畔から恵庭岳。
20190730-9.jpg

▼登った樽前山(左)と風不死岳。
20190730-10.jpg

▼時間が空いてしまったので、明日登る予定のエリアへ移動。1977年の映画「幸福の黄色いハンカチ」の舞台へ。
20190730-12.jpg

▼武田鉄矢が乗っていた、初代マツダのファミリア。当時は国鉄でカートレイン、モトトレインがあって、東京から北海道まで車とバイクを運んでくれていました。今の人は知らないでしょうね。
20190730-13.jpg

▼幸福を希うやかた(展示室になっています)
20190730-14.jpg

▼島勇作と妻光枝が再会を果たした感動のラストシーンがよみがえりました!当時中学生でしたが、映画を観て北海道に憧れていましたね。懐かしい!当時は自転車で北海道を回る計画など立てていた自分を思い出しました。
20190730-16.jpg

▼世界の誇る味覚の「夕張メロン」 とても美味しかったです!
20190730-11.jpg

☆明日登る予定の夕張岳。明日も山は風速13m以上の強風が予想されています。夕張岳は私は以前登っていますが、夕張岳固有種などは終わってお花も期待できませんが、無理せずに行動したいと思います。

(isobe)
タグ :

後方羊蹄山 ・ 比羅夫ルート

 2019-07-29
29日、後方羊蹄山登りました。羊蹄山は、2012年7月5日に真狩ルートで登っているので比羅夫ルートは初めてです。

▼28日、ニセコアンヌプリを登った後、車で約20分の羊蹄山登山口がある半月湖野営場でテント泊。
 29日、天気が心配でしたが、夜明けとともに登ります。
20190729-1.jpg

▼夜は星空が綺麗に見えていました。朝も下界は青空が見えますが、羊蹄山は5合目付近からガスの中。昨日登ったニセコアンヌプリ。
20190729-2.jpg

▼お花は標高1700m付近からお出迎えでした。 
20190729-5.jpg

▼イワギキョウ
20190729-9.jpg

▼イワブクロ
20190729-7.jpg

▼チシマフウロ
20190729-3_20190729144712b6f.jpg

▼ウメバチソウ
20190729-6.jpg

▼クルマユリ
20190729-8.jpg

▼エゾゼンテイカ
20190729-11.jpg

▼9合目。風が強くなってきました。
20190729-4.jpg

▼北山に来たら、猛烈な風で体が吹き飛ばされます。標高は1843m、外輪山は更に爆風です。同行者の希望で残念ですが山頂は諦めて下山することに。
20190729-10.jpg

▼ジオグラフィカ
2019072910070100.jpg

▼今回は山頂まで行けなかったので、2012年7月5日の羊蹄山山頂アップします。
20190729-12.jpg

▼2012年7月5日、比羅夫ルートから登ってきたマレーシアの「ホワイトベア」
20190729-13.jpg

☆羊蹄山は地元富士山同様眺める山ですが、羊蹄山は独立峰で天気が変わりやすく、6合目と外輪山は別の天気でした。体力も必要なので、天候が安定したときに登りたいですね。

(isobe)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫