FC2ブログ

2月 月例会報告

 2019-02-14
2月13日(水)に開催された月例会報告をアップします。

[活動報告]
1/12 雪上訓練(蓼科山⇢乗鞍に変更)
1/17−19 バックカントリースキー(旭岳)
1/20 クライミング(城ヶ崎)
1/27 アイスクライミング体験会(八ヶ岳角木場)
   みどりの道パトロール(山伏)
2/9-12 バックカントリースキー(八甲田山)
2/10 雪山登山(赤岳)

[山行計画]
2/23−24 バックカントリースキー(赤倉前山)
2/24 クライミング(鷲頭山)
3/9−10 バックカントリースキー(五竜村尾根)

■市岳連関連事項
・3/8 静岡市体育協会表彰式・祝賀会(センチュリー)
   優秀指導者賞(I部さん)
・4/13 総会 16:15〜 (クーポール)
   懇親会 18:00〜(¥4,500)
・70周年記念事業
   海外遠征アンケートに協力要請
・テルサクライミングウォールについて
   国際大会対応化にむけて、FRPボードを全面改修
   4/6−7 オープニングイベント(有名クライマーによるデモ)を計画中
・みどりの道パトロールについて
   要望をまとめて市岳連理事会に上程する
・2019年度の当会の活動計画(山行計画)に会員の希望を盛り込むため、各自計画をまとめて総会に準備

※ 登山届受付当番(踏岳会内の登山届提出先)
 2月〜3月 F澤さん
  次回当番となるF澤さんのメアドが変更される予定です。事務局からの連絡をお待ち下さい。

次回月例会は、3月13日(水)19:00~きてこ303活動室で行います。
タグ :

上高地冬季ハイク

 2019-02-09
2月2日
プライベートで雪山初体験の方と上高地をハイキングしてきました。

釜トンネル、上高地トンネルとも照明がついていてヘッドランプを用意したのに無駄でした。
大正池の手前までは道路が除雪されていてスノーシューは大正池から付けましたが、トレースを行くのはつまらないので、あえてさらさらの新雪を楽しみました。
北海道旭岳よりも雪が乾燥していてサラサラだったような気がしました。

紅いケショウヤナギを見られたこと、ふかふかの新雪を踏めたこと、透明な梓川の流れ、
日頃のストレスも吹っ飛んで行く冷たい空気に触れたこと。
最後まで奥穂高は雲に隠れて顔を見せてはくれませんでしたが、同行者は大変喜んでくれました。

▼大正池から
P2020004.jpg

▼焼岳
P2020016.jpg

▼田代池
P2020021.jpg

▼梓川と明神岳
P2020028.jpg

▼河童橋
P2020035.jpg

上高地ではタクシーはやっぱりアルプス交通に限ります!(by H)
タグ :

八ヶ岳角木場 氷柱アイスクライミング

 2019-02-09
1月28日

この日は地元の登山道パトロールの開催日でしたが、
会員間で調整して静岡山岳会と静岡踏岳会合同でアイスクライミング体験会も実施しました。
(パトロールしていただいた皆さんありがとうございました)

前夜、八ヶ岳山荘の2階で仮眠して、朝一番にでかけます。

昨晩雪が少し舞ったものの、例年と比べ雪は本当に少なく
沢に降りて渡渉ポイントを探しているうちに、先頭が雪の下の氷を踏み抜いて沢にドボン。
大事には至らず、なんとか迂回して深い青色に輝く氷柱群のある角木場に到着。

角木場には朝一番にN竹さんが場所取りに向かってくれて、感謝感謝。
無線機で下からN竹さんに位置を伝えながらトップロープセットして、ロープダウン。

初心者体験会を兼ねているので、
アイゼンの出っ歯の蹴り方、アイスバイルの振り方、腰を入れてからの立ち方などひととおり講習して交代で体験。
腕のパンプを訴える者が出てきたのでレストのとり方も伝えます。

ランチのあとには、アイススクリューの打ち方も講習しました。

ちなみにランチは、
温かいカレーうどんと牛の鉄板焼き肉をみんなで分けてたべました。

N竹さん、いつもありがとう!

▼他のグループも取り付いて賑わう角木場
51139320_1807796819325853_759889240623415296_n.jpg

▼本日はじめてのAさん。しっかり腰が入って氷に立っています。
50959524_1807796832659185_6922239228080291840_n.jpg

▼焼き肉には鉄板が一番。チョリソーは辛くて身体が温まります!
51180432_1807796865992515_938192892361441280_n.jpg

▼寒すぎて、鍋がなかなか温まらなくて困りました。ガスカートリッジの選択ミスか?
51402290_1807796892659179_6011084211409125376_n.jpg

▼静岡山岳会の面々とN竹さん、いつもありがとう!
51930005_621349204953412_3549999931404058624_n.jpg

満足するまで遊んで撤収。次回が楽しみです。(事務局)
タグ :

みどりの道パトロール 山伏

 2019-01-27
☆27日、みどりの道パトロール行われました。
 参加者は担当のY本さん、踏岳会の大御所K山さんとM浦さん。東部組のA見さんとI部。友人と参加のF澤さん計7名。

 私I部は別に静岡市岳連の役員として、山伏の西日影沢コースの通行止めの表示板設置を任されていて、「大谷崩登山口」「新窪乗越」「山伏山頂」三か所設置しました。

▼雪の無い登山道を歩きます。南岸低気圧が通過しないため雨が降りません。今の時期としては異例ですね。
20190127-1.jpg

▼一登りで新窪乗越に到着。雲一つない快晴で安倍東山稜の展望がいいね♪
20190127-2.jpg

▼静岡市山岳連盟から依頼された表示板の設置も完了。残すは山伏山頂から西日影沢に下る場所の設置です。この積雪なら何とか山伏まで往復出来そうです。
20190127-3.jpg

▼休憩後出発します。K山さんがいませんが、下部の登山道整備をお任せしましたが、私のボルダー友人と大谷崩上部ボルダーでまったりしていたそうです。
20190127-4.jpg

▼新窪乗越から山伏への稜線でお約束の動物に会いました。
20190127-6.jpg

▼こちらの様子を伺ってから移動するので写真を撮ることができますね。
20190127-5.jpg

▼今日二回目のニホンカモシカ。
20190127-7.jpg

▼二頭のカモシカに会えるとはいいね♪ 
20190127-8.jpg

▼山伏山頂。
20190127-9.jpg

▼三個目の表示板を設置して私の任務は完了しました。皆さん協力ありがとうございました!
20190127-10.jpg

▼静岡県側から見る富士山も全く雪がありません。
20190127-11.jpg

▼地元富士宮から毎日見ている富士山ですが、山に登ってみる富士山はいいね。最近は山に行けないので、近場の富士山に今季購入したスノーシューで双子山など行きたいのですが、いつになったら本来の雪富士が見られるのでしょう。
20190127-12.jpg

▼南アルプスの展望が素晴らしい!
20190127-13.jpg

▼大展望を楽しむ登山者達。
20190127-15.jpg

▼山伏山頂で記念写真。 皆さんお疲れさまでした。冬のみどりの道パトロールで山伏に来たのは数年振りでした。
20190127-14.jpg

☆みどりの道パトロール、カモシカに出会えて大谷崩れから山伏往復はいいトレーニングになりました。

(isobe)
タグ :

蓼科山 ・ 七合目登山口ルート

 2019-01-22
☆1月20日、別名「諏訪富士」と呼ばれる蓼科山登りました。今回のメンバーは地元富士宮の山仲間。気心が知れているので気兼ねなく計画できるのはいいですね。

▼女神湖の白樺高原国際スキー場ゴンドラを利用して登りますが、低気圧が通過する影響で朝から雪です。スキー場で様子を見ますが、強風でゴンドラが揺れるのを見て中止にするか、他に転進するか悩みましたが行けるところまで行って見ることにしました。ゴンドラで頂上駅へ。
20190120-1.jpg

▼七合目登山口で登山届のポストがあります。
20190120-2.jpg

▼七合目登山口、蓼科神社の鳥居。降雪でトレースはありません。登山者も私たち三人だけです。
20190120-3.jpg

▼樹林帯では風がなく穏やかで歩きやすかった。雪は例年に比べると少ないですね。
20190120-4.jpg

▼蓼科山荘から蓼科山が見えるのですが強風と雪で見えません。八ヶ岳ブルーの青い空が魅力的なコースですが残念です。
20190120-5.jpg

▼冬季閉鎖の蓼科山荘。悪天候なのでこの先休憩は出来ません。風を避けて休憩します。
20190120-6.jpg

▼例年より少ない雪ですが、山荘から山頂までは雪でズルズルと滑りながらのラッセルです。結局山頂までアイゼンは着けませんでした。
20190120-7.jpg


20190120-8.jpg

▼山頂が近くなってきましたが、強風で視界が悪い。目印のポールを頼りに進みます。踏み抜きも多くなり歩きずらい。
20190120-9.jpg

▼霧氷が綺麗です。
20190120-10.jpg

▼蓼科山頂。強風で体が飛ばされそうになります。山頂ヒュッテの軒下に逃げ込みました。
20190120-12.jpg

▼せっかくなので、猛烈な風ですが三角点を目指しました。標高2530.3m蓼科山。
20190120-15.jpg

▼スキー教室で賑わう白樺高原国際スキー場。下りて来た頃には青空も見えてきました。
20190120-17.jpg

☆10数年振りの蓼科山。天気が良ければお気楽コースなのですが、今回は悪天候で敗退しそうでしたが、登れてよかったです。山のピークを踏むのが、昨年8月の北海道大雪山・愛別岳以来の5ヶ月振りでした。山はいいね♪

 次回はいつ山に行けるかな。

(isobe)

 
タグ :

1月 月例会報告

 2019-01-09
1月 月例会報告
1月9日(水)に開催された月例会報告をアップします。

[活動報告]
12/15-16 夜叉神峠〜辻(撮影)
12/19 高野山
12/24 鷲頭山(クライミング)
12/29-1/4 北海道
12/30 無岳山
1/2 木曽駒・富士山(吉田ルート)
1/2−4 燕岳
1/6 鷲頭山(クライミング)

[山行計画]
1/12 ピッケルトレーニング(蓼科山で検討中)
1/13 石巻山
1/16−20 旭岳(BC)
1/ −  (BC)
1/27 アイスクライミング体験会
   みどりの道パトロール(山伏)
2月 雪山レーニング(富士山で検討中)
2/16-17 西穂高岳

■西穂高岳への山行に向けて、2日に分けてアイゼン・ピッケル講習会を予定しています。講習会場は積雪の状況等を考慮して蓼科山、富士山で検討しておりますが、決定次第お知らせしていきます。

■踏岳会東部支部の設立について
 昨日(1/8)東部支部における月例会開催や会員募集などの今後の活動の素案についてKさんから報告がありました。
 会長からはこれらを概ね了承し、東部支部企画の会山行については、総会で承認を得ていく方針が示されました。

■登山計画がGoogleカレンダーにアップされていない件や、閲覧権限について会員から指摘があり、改善要望が出されました。

※ 登山届受付当番(踏岳会内の登山届提出先)
 2月〜3月 F澤さん
  次回当番となるF澤さんのメアドが変更される予定です。事務局からの連絡をお待ち下さい。

[市岳連関係連絡]
1/27 みどりの道パトロール(山伏)への積極的な参加をお願いしています。

次回月例会は、2月13日(水)19:00~きてこ303活動室で行います。
お間違えのないように!
タグ :

美瑛 ・ 富良野

 2019-01-03
☆1月3日、美瑛町の「道の駅びえい丘のくら」で車中泊。
  昨日は知床ウトロから美瑛町まで大移動して疲れて爆睡しました。朝方はさすがに内陸は寒かった。初めて車内が凍りました。 美瑛に来たら、美瑛の丘から見る十勝岳連峰と大雪山・旭岳の展望が楽しみでしたが、雪で見られませんでした。

▼毎年何回か訪れている「パッチワークの丘」季節を変えてきているので、いつ来ても新鮮です。大好きです! 「親子の木」
20190103-1.jpg

▼セブンスターの木
20190103-2.jpg

▼「マイルドセブンの丘」 年々並んだ唐松の防風林の木が減ってきて、昨年8月に見たときより更になくなっていました。除雪も行われていなく、紹介している看板も撤去されてなくなっていました。残念!
20190103-4.jpg

▼ケンとメリーの木。大雪山・旭岳の展望がいいお気に入りの場所ですが、旭岳は見えません。
20190103-5.jpg

▼新栄の丘展望公園。赤い家と十勝岳連峰の定番の場所ですが、今日は雪で展望がありません。
20190103-6.jpg

▼クリスマスは過ぎましたが、「クリスマスツリーの木」 2016-2017年の時も来ているので、今回はフォトイラスト風で撮影してみました。
20190103-7.jpg

▼富良野に来たら、富良野オムカレーの人気店「山香食堂」 地元民の飲食店でラーメンから定食類となんでも揃っています。
20190103-9.jpg

▼冬なので、ホワイトソースの「ゼブラ」食べに来ましたが、仕入れのハウスさんが、ホワイトカレーのルーの提供を止めたため、昨年8月からメニューから外したとの事。仕入れのルーを「山香食堂」でアレンジして提供してたと知りました。「山香富良野オムカレー」は富良野オムカレーのスタンダード、いつ食べても美味しいです!
20190103-10.jpg

▼JR富良野駅。北の国から資料館も2016年8月に閉館。昭和世代として「富良野」は思い入れがあります。
20190103-11.jpg

☆北海道旅・冬 山は登りませんでしたが、冬の北海道は魅力的で期待通りでした。 
 今回の北海道旅で一区切り。 毎年何回も来ているので、そろそろ屋久島にまた行きたくなった北海道旅でした。

(isobe)



タグ :

フレペの滝

 2019-01-02
☆2日、 知床自然センターからフレペの滝スノーシューハイキング。
 
 フレペの滝は、2017年5月に歩きました。 ◆2017年5月静岡踏岳会ブログへ羅臼ボルダーとフレペの滝
 
▼雪で真っ白な知床連山とフレペの滝。
20190102-24.jpg

▼昨日は道の駅うとろ・シリエトクで車中泊。雪が降りましたが、最低気温はマイナス5℃で北海道に入って一番暖かでした。車で直ぐに知床自然センター着きます。知床自然センターから歩きます。
20190102-1.jpg

▼昨日と夜半の雪でトレースは消えていました。スノーシューで気持ちよく歩きます。
20190102-3.jpg

▼歩いてすぐに視界が広がります。天気も回復してきました。
20190102-4.jpg

▼お約束のエゾシカ。遠くからこちらを見ています。
20190102-6.jpg

▼雪で覆われた平原でエサを探して食べていました。
20190102-9.jpg

▼エゾシカはオスは大型で大きいですね。個人的には、屋久島のヤクシカが小型で小さくて好きです。
20190102-11.jpg

▼フレペの滝遊歩道はエゾシカが多く見られて、知床連山が素晴らしいコースです。雲で知床連山は見えません。
20190102-13.jpg

▼展望台がある東屋が見えてきました。遊歩道は小動物の足跡があります。
20190102-12.jpg

▼展望台に着くと羅臼岳に掛っていた雲が取れてきました。
20190102-15.jpg


20190102-17.jpg

▼私が初めて登った山。 北海道の思い出いっぱいの山。
20190102-16.jpg

▼宇登呂灯台とフレペの滝。
20190102-20.jpg

▼切り立った断崖から水が滴り落ちるさまを「乙女の涙」と昔は呼んでいました。
20190102-19.jpg


20190102-21.jpg


20190102-22.jpg

▼世界自然遺産の知床、素晴らしい絶景をありがとう。
20190102-5.jpg

▼これから流氷が海一面に埋め尽くします。国の天然記念物オジロワシやオオワシガ見られるのですが、今日はダメでした残念。
20190102-25.jpg

☆知床のフレペの滝。私が帰るときには、ガイドツアーや大勢の人が来ました。冬は静かですが人気ですね。

 今回の北海道旅の計画は全て終了しました。今日の午後に移動して、明日と4日はフリーです。
 大好きな美瑛・富良野に行きます。

(isobe)
 
タグ :

摩周湖外輪山ピーク

 2019-01-01
☆静岡踏岳会の会員の皆様、新年あけましておめでとうございます。
 昨日は「冬のタウシュベツ橋梁」で目的を果たして、今日は新年の初日の出「納沙布岬」です。
 その後は移動して摩周湖スノーシューハイキングです。

 摩周岳は2015年GW登りました。静岡踏岳会ブログへ。カムイヌプリ

▼北緯43度23分、東経145度49紛の本土最東端の納沙布岬。凄い人と車で驚きました。好天率の高い道東では初日の出が見られる確率は高いです。
20190101-10.jpg

▼日の出時間は、6時38分ですが、実際に日が昇り始めたのは6時43分頃でした。
20190101-3.jpg


20190101-2.jpg

▼2017年の北海道での初日の出は「宗谷岬」でしたが、本土から年越し宗谷岬に参加するホッカイダー達が多いですが、納沙布岬は地元の方がほとんどでした。
20190101-1.jpg

▼オフロードバイクで来ていたホッカイダーと話し込んでしまい、慌てて摩周湖第一展望台に向かいます。今回の計画は毎日の移動距離が長いので、どうしても半日程度のコース選択になりました。
 久しぶりの摩周湖第一展望台から歩きます。初めてスノーシュー履きました。
20190101-4.jpg

▼2015年に歩いているので、新鮮味はありませんが、摩周湖綺麗ですね。遠く斜里岳が見えました。
20190101-5.jpg

▼雄阿寒岳、雌阿寒岳の展望もいいです。
20190101-6.jpg

▼あっけなく、683mの摩周湖外輪山ピークに着きました。
20190101-9.jpg

▼外輪山ピークから、摩周岳。歩き出しがお昼頃と遅すぎて摩周岳は断念。
20190101-7.jpg

▼初めてのスノーシューでしたが、自分流ではないですが、新雪など深い雪にいいかな。物足りなくて消化不良ですが戻ります。
20190101-8.jpg

☆今回の北海道旅。心から楽しめるか心配でしたが、気持ちのモチベーションは大丈夫でした。しかし、計画が移動&半日行動では物足りなかったかな。
 明日からも緩い計画なので、冬の北海道のんびりと旅します。

(isobe)


タグ :

ニペソツ山とタウシュベツ橋梁 ・ 冬

 2018-12-31
☆31日、旧国鉄士幌線のアーチ橋見に行きました。

 東大雪に残るめがね橋達を訪れる時は、是非「ひがし大雪自然ガイドセンター」に行きめがね橋達の歴史、地域の歴史を学んでから訪れることをお勧めします。

 予定では糠平湖が凍結していて、五の沢駐車場から湖上をスノーシューハイキングの計画でしたが、完全凍結していなくて断念。通常の林道から歩いて行きました。

 ・2018年4月タウシュベツ川橋梁へ ◆ニペソツ山とタウシュベツ川橋梁
 
 ▼タウシュベツ川橋梁は、GW・7月・10月以来で冬は初めてです。
20181231-16.jpg

▼昨日30日は、苫小牧港から士幌町の「道の駅 ピア21しほろ」で車中泊。最低気温はマイナス11度でした。
 今年最後の日の出。
20181231-1.jpg

▼事前に東大雪自然センターから調べましたが、今年は完全氷結が遅れてワカサギ釣りもまだ解禁になっていません。
 五の沢駐車場から確認しましたがやはりだめ。タウシュベツ川橋梁展望台からのタウシュベツ川橋梁。
20181231-3.jpg

▼車を林道入口に置いて歩きます。約40分で到着しました。雪は意外と少なくて歩きやすかったです。
20181231-6.jpg


20181231-1111.jpg


20181231-1112.jpg

▼ニペソツ山。雪山で勇壮的で素晴らしい!
20181231-4.jpg

▼東大雪の山の中でも代表的ですね。
20181231-5.jpg

▼対岸からこちらに歩いてくる動物が見えました。
20181231-7.jpg


▼お約束の動物でした。夏は人慣れしていて、エサが欲しくて近づいてきますが、冬を超えるのに体はふっくりとしていて近づいてきませんでした。今日は誰とも会わなかったので嬉しかったよ。
20181231-8.jpg

▼ニペソツ山とタウシュベツ川橋梁の写真を撮るために対岸に行きますが、氷はまだ不安定で諦めました。林道を大きく回って歩いて行きます。すると、素晴らしい風景が、、、
20181231-9.jpg


20181231-1115.jpg

▼ウペペサンケ山
20181231-10.jpg

▼湖面が出ている、糠平湖
20181231-11.jpg


20181231-1114.jpg

▼目的の風景に出会えて、大満足です!
201811231-14.jpg

☆2018-2019 北海道。今年は長く続いた「アルパインクライミングスクール」はやりませんでした。
 夏からは、静岡踏岳会の行事に参加できなくなり、自身も山に行けなくなりました。 こんな事は今までなかったです。

 今年を振り返ると色々なことが思い出されます。 静岡踏岳会の会員の皆様、良いお年をお迎えください。

(isobe)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫